adb/fastbootコマンドを使える環境を構築する

この記事をシェアする

私がいつもやっている、adbコマンド・fastbootコマンドが使える環境を構築する方法を紹介します。

はじめに

Android端末のカスタマイズに興味が出てきた時に、まず引っかかるのが「adb/fastbootコマンドを使えるようにすること」だと思います。ここで躓いてしまい、Android端末のカスタマイズを断念してしまう方も少なくないのではないでしょうか。

過去に私も色々なサイトを参考にして試行錯誤したのですが、その時思ったのが、「Android SDKを~だとか、システム環境変数のpathを~とか言われてもよくわからん!!」ということでした。

今はもっと簡単にadb/fastbootコマンドを使えるようにする方法があるので紹介します。

adb/fastbootコマンドを使える状態とは

Androidカスタムに慣れていないと、「adb/fastbootコマンドを使える」という状態が具体的にどのような状態を指しているのかわからないと思います。

「adb/fastbootコマンドが使える」というのは、以下の2点を満たしている状態のことを指します。
① PCに接続されている端末のことを、adbデバイスまたはfastbootデバイスとして認識している
② PCがadb.exeとfastboot.exeのことを認識している

それでは、もう少し詳しく見ていきましょう。

広告

PCにadb/fastbootデバイスとして認識させる

まず最初に、PCに接続されている端末がadbデバイスまたはfastbootデバイスとして認識されるようにします。と言っても、ドライバをインストールすればそれでOKです。

「機種名 adb driver」等で検索すれば何かしらのサイトがヒットしますので、それで出てきたドライバを当てれば作業は完了です。

注意点としては、「ドライバインストール時には署名チェックを無効化しておく必要がある」という点が挙げられます。インストールするドライバによってはWindowsの署名チェック機構で弾かれる場合がありますので、インストール前に署名チェックをオフにしておいたほうが無難です。

広告

PCにadb.exeとfastboot.exeを認識させる

まずは以下のページにアクセスします。

how-to-adb1-500x412

赤枠で囲った部分から、使っているOSに応じたファイルをダウンロードします。

how-to-adb2-500x409

ダウンロードしたplatform-tools-lastest-XXXXXX.zipを解凍します。

how-to-adb3-500x409

解凍して出てきたplatform-toolsフォルダを開きます。

how-to-adb4-500x409

アドレスバーにcmdと入力し、Enterキーを押します。

how-to-adb5-500x320

このようなコマンドプロンプトが立ち上がれば、作業は完了です。

この黒い画面に使いたいadb/fastbootコマンドをウィンドウに打ち込めば、コマンドが実行されるはずです。

platform-toolsフォルダを保存しておけば、アドレスバーにcmdと打ち込むだけで再びadb/fastbootコマンドを使うことができます。

広告

トラブルシューティング

“Error:no devices/emulators found”と表示される

→PCにスマホがadbデバイスとして認識されていないようです。ケーブルが接続されているか、adbドライバがキチンとインストールされているか確認しましょう。

“Waiting fot any device”と表示されたまま進まない

→PCにスマホがfastbootデバイスとして認識されていないようです。ケーブルが接続されているか、fastbootドライバがキチンとインストールされているか確認しましょう。

広告

所感

Android StudioやらJDKを紹介しているサイトが多いですが、内容が古いので書き直して欲しいですね。

adbやfastbootを使う人の中で、一体どれほどの人がアプリ開発とかにまで手を出すのかって話ですし。