この記事をシェアする

2015年 今年のベストバイガジェット

この記事をシェアする

はんぺん的2015年ベストバイガジェットを紹介します! (GeekDays様の【今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2015】という企画に参加させていただいきました。)

今年は何を買ったっけ?

2015年は私がブログを本格的にやり始めたこともあってか、2014年と比べるとガジェットを多く買ったように思います。

何を買ったかというと…

nexus7-2012

Nexus 7 [2012]

iphone6plus

iPhone 6 Plus

moto-x-style

Moto X Pure Edition

oneplus2

OnePlus 2

nexus5x

Nexus 5X

5台でした。大して買ってないし、2012年の端末まで紛れてるという。

実質的には2015年後半に購入したMoto X Pure EditionとOnePlus 2、Nexus 5Xの3択ですが、どうか最後までお付き合いくださいませ!

2015年のベストバイ

ということで、はんぺん的2015年ベストバイガジェットを発表します!

2015年ベストバイガジェットは…………

moto-x-style

Moto X Pure Editionです!

と言うかMoto X Pure EditionよりMoto X Styleの方がオススメです。(小声)
Moto X Pure Editionにau系のSIM刺しても安定して通信できなかったので、Moto X Pure Editionを日本で使う意味はまったくありません。(さらに小声)

広告

何が良いの?

OnePlus 2、Nexus 5X、Moto X Pure Editionのスペックを比較してみると、以下のようになります。

機種名 Nexus 5X OnePlus 2 (A2003) Moto X Pure Edition
画面サイズ 5.2 インチ 5.5インチ 5.7インチ
解像度 1920×1080 IPS-LCD 1920×1080 IPS-LCD 2560×1440 IPS-LCD
端末サイズ 147 x 73 x 7.9 mm 152 x 75 x 9.9 mm 154 x 76 x 11.1 mm
重量 136g 175g 179g
CPU Snapdragon 808 Snapdragon 810 Snapdragon 808
RAM 2GB 3GB / 4GB 3GB
ROM 16 / 32GB eMMC v5.0 16GB / 64GB eMMC v5.0 16 / 32GB
MicroSD ○ (SDXC)
W-CDMA 1/2/4/5/6/8/9/19 1/2/5/8 推定Band 1/2/4/5/8
LTE 1/2/3/4/5/7/8/9/17/18/19/
20/26/28/38/40/41
1/3/5/7/8/20/38/40/41 1/2/3/4/5/7/8/
12/13/17/25/26/41
前面カメラ 5MP 5MP 5MP (フラッシュ)
背面カメラ 12.3MP 13MP 21MP
バッテリー 2700mAh 3300mAh 3000mAh
USB USB Type-C USB Type-C MicroUSB
指紋認証
急速充電 ○(5V/3A) ○(QC2.0)
その他 NFCなし デュアルスピーカー

もちろんMoto X Pure Editionのスペックも悪くありませんが、Snapdragon 810を搭載したOnePlus 2の方が頭1つ分飛び出ているように思えます。しかしながら、3台を実際に使ってみて1番良いと思った端末はMoto X Pure Editonでした。

なぜMoto X Pure Editionが2015年ベストバイガジェットなのかと言うと、「3台の中で1番使いやすい」という一言に尽きます。

どこが使いやすいと感じたのか、解説してみます。

ハードウェア

Moto X Pure Editionの背面には”くぼみ”があるのですが、そのくぼみが人差し指を置くのに絶妙な位置にあるんですね。

moto-x-pure-dimple

(OnePlus 2で撮影)

この部分に人差し指を置くと、ちょうど親指がホームボタンやバックボタンを押しやすい位置に来て、大きさの割に安定して操作することができます。このくぼみに人差し指を置いた時の安定の良さ、重量バランス、背面のラウンド形状という3つの要素が組み合わさって、5.7インチという画面の大きさの割に操作性が高いと感じました。

ソフトウェア

Moto X Pure Editionに搭載されている公式ROMは、機能てんこ盛りとは言えません。しかしながら、端末を振るとカメラが起動したりLEDライトが点灯するモーションジェスチャー機能や、端末に手をかざすと通知が表示されるアンビエントディスプレイ機能などの独自機能が搭載されていて、それらは使い勝手も良く、気に入って使っています。

moto-x-pure-quick-capture

OnePlus 2では一部完璧ではない日本語化もMoto X Pure Editionでは完璧にされていて、操作に不自由するようなことはないです。

その他、お気に入りポイント

細々したところではスピーカーとUSBポートが挙げられます。

まずスピーカーですが、Moto X Pure Editionのステレオスピーカーはかなり良い出来で、予想を上回る音を鳴らしてくれると思います。画面を横にするタイプの用途、そう例えばス○フェスとかデレ○テなどで効果絶大です。もちろんYouTubeで動画を見る時などでもかなり効果アリなので、ゲームをやらない方にも是非1度このデュアルスピーカーを体験してもらいたいですね。スピーカーがMoto Xの中で1番気に入っている部分です。

そしてUSBポートですが、正直USB Type-Cはまだ時期尚早だと思います。普通に充電に困ります。現状ではMicroUSB+Quick Charge 2.0のMoto X Pure Editionの方が利便性は高いです。

moto-x-pure-bottom

Moto X PureとOnePlus 2 (Nexus 5Xで撮影)

まとめ

上に書いたように「ここが気に入ってる!」という部分も多いのですが、それ以上に「ここが微妙!」という部分がほとんど見当たらないというのが1番オススメできる要素だと思います。

OnePlus 2、Nexus 5X、Moto X Pure Editionはどれも日本円で60,000円前後で買える端末ですが、
OnePlus 2 → 物理ボタン操作だと使いにくい
Nexus 5X → 素のAndroidも悪くないけど、痒いところに手が届かない感じ
Moto X Pure → 使いやすく、それなりの高級感があって、竹という変わり種まで有り
ということで、はんぺん的2015年ベストバイガジェットはMoto X Pure Editionです!

最後に一言。
Moto X Pure EditionにauのSIMを刺しても繋がらないので、皆さんは技適を通ってるMoto X Styleを買いましょう。海外端末は法律を守って楽しくほどほどに。

広告

おわりに

まずは、面白そうな企画をしてくださったGeekDays様にお礼申し上げます。

そしてベストバイガジェット企画に参加している他のブロガー様。皆様の記事を読むのを楽しみにしています。

明日、ベストバイガジェットを発表してくれるのはReaMEIZU様です。お楽しみに!