Xperia rayにLegacyXperia CyanogenMod 13.0を焼いてみた

この記事をシェアする

今ではもう骨董品とも言えるXperia rayにLegacyXperia CyanogenMod 13.0を焼いてみました。

下準備

xda

該当のxdaスレッドはこちら。
{All 2011}[DEV][Marshmallow 6.0.1][LegacyXperia] unofficial CyanogenMod 13.0 builds

ROMをダウンロード

ダウンロードはこちらから。
LegacyXperia’s Files : BasketBuild

Gapps

上記のxdaスレでおすすめされているのはこちら。
Google Apps packaged by Mardon
今回はHDPIのmini版を使用しました。

ROM焼き手順

他のROMが焼かれていたので1度Flashtoolで公式ROMを焼いてからCM13を焼きました。手順は以下の通りです。

1. Sony公式ROM 4.1.B.0.587をBASEBAND以外焼く
2. ダウンロードしたCM13.zipに含まれているboot.imgを焼く
3. リカバリーを起動して/system、/data、/cacheの順でフォーマット
4. adb sideloadでCM13.zipとGapps.zipを焼く
5. 起動する

普通であれば、起動すると5分程度で初期設定画面が出てくると思います。

広告

20160417版

Screenshot_20160423-024943

Screenshot_20160423-024949

Screenshot_20160423-025004

Screenshot_20160423-025015

所感

20160327版で発生していた「Google Play開発者サービスが頻繁に動作を停止する」バグは20160417版でキチンと修正されていました。720p動画撮影といった既知のもの以外は特に大きなバグも見当たらず、1つの到達点に達したと言っても良いでしょう。

どれほど動作が良くなるのか検証するために高速なMicroSDを購入してみたくなるほど、Lollipopの時とは比べ物にならないレベルで動作が軽いです。

広告

20160327版

Screenshot_20160416-172027

Screenshot_20160416-171417

所感

起動してみてすごく驚きました。CM12の頃とは比較にならないレベルで動作が軽いです。ゲームは流石に厳しいでしょうが、Twitter程度なら割と出来てしまいそうなぐらいには動作が軽いです。

Google Play開発者サービスが頻繁に動作を停止するというバグが有りますが、開発者のMikeもこのバグは認識していて修正してくれるようなのでさほど問題ではないでしょう。