初心者向け(?)カスタムROM解説講座

この記事をシェアする

カスタムROMというものに興味を持ち始めた初心者向けに、カスタムROMに関する基礎的な部分を解説します。

はじめに

  • このページに載っている情報が全て正しいとは思わないでください。書いている私も初級者です。
  • このページに載っている情報を参考にしたからといって、私は責任取れません。すべて自己責任です。
  • わからない事があったら、まずはこのサイトを頼ってください。

そもそも”ROM”とは何か

ROMとはRead Only Memoryの略で、世間一般では以下のような物を指す言葉のようです。

ROMとは、半導体などを用いた記憶素子および記憶装置の一つで、製造時などに一度だけデータを書き込むことができ、利用時には記録されたデータの読み出しのみが可能なもの。

コンピュータなどの電子機器を制御するBIOSやファームウェアなどを記録するために機器の本体に内蔵されていることが多く、利用者が直に目にする機会はあまりない。

(IT用語辞典)

ということで、本来であればROMとは「機器の動作に必要なソフトウェアが書き込まれているメモリ」を指す言葉ですが、それが転じてAndroid界隈では『機器の動作に必要なソフトウェアそのもの』、つまりAndroidというソフトウェアそのものを指しています

『メーカー公式ROM → メーカー公式Android』や『カスタムROM → カスタムAndroid』なんて言い換えるとイメージしやすいかもしれません。

カスタムROMとは

ざっくり言うなれば『メーカー非公式のAndroid』です。

カスタムROMによってそれぞれですが、root化する前提で設計されていたり、パフォーマンスが改善されていたり、機能が追加されている点がメリットです。

その反面、メーカー非公式なわけですから、動作が不安定だったり、正しく動かない機能があったり、何があっても自己責任である点がデメリットです。

広告

root化との違い

よくある例が『root化とカスタムROMを混同している』というパターンですが、この2つは別物です。

root化は『ROMはそのままで管理者権限を得る』という行為ですが、カスタムROMのインストールは『ROMそのものを入れ替える』という行為であるため、基本的には別の行為です。

ただし、概してカスタムROMはroot化をする前提で設計されているため、全く関係がないとも言い切れません。

広告

知っておくべき領域・パーティション

bootloader (aboot)

端末に電源を入れた際に1番最初に起動する領域で、吹っ飛ばすと端末が高級文鎮と化します。ふざけてbootloaderを吹っ飛ばすのはやめましょう。

起動時のsystemの改変チェックやカーネルの署名チェックを行っており、Android端末のセキュリティ上で重要な役割を担っています。

recovery

リカバリーモード用のデータが保存されている領域です。

メーカー公式のリカバリーでは端末の初期化とメーカー公式ROMのインストールぐらいしかできませんが、それとは別にカスタムリカバリーというものも存在しており、Android端末ををアレコレするのに便利な機能が色々追加されています。

system

Windowsで言うところのCドライブに当たります。ですので、systemをフォーマットするとAndroidが起動しなくなります。

『カスタムROMのインストール=systemの入れ替え』と考えておけば良いでしょう。

data (userdata)

ユーザーの設定やアプリのデータ、保存した画像データや音楽データが保存されているパーティションです。

dataをフォーマットしてもAndroidは起動しますが、全てのデータが消されて出荷状態に戻ります。

cache

一時ファイルが保存されている領域なので、基本的にフォーマットしても何も問題は起きません。(cacheにセーブデータを保存していた某ゲームのような例外はありますが)

sdcard

いわゆる内部ストレージに当たるのがこのsdcardです。そのため、sdcardをフォーマットすると保存していた画像データや音楽データがすべて消えます。

sdcardはdata以下に配置されているため厳密にはdataの一部なのですが、カスタムリカバリーではsdcardのみ別扱いにして、消したり消さなかったり自由にできるようになっています。カスタムROMをインストールするたびに内部ストレージも消していては手間がかかりすぎるからです。

boot

「カーネルとかがある領域っぽい」ぐらいしか理解しておらず、正直よくわかってないです。勉強したら追記しておきます。

vendor

Androidは大部分がオープンソースとなっていますが、100%ではありません。そういった『オープンソースではない、プロプライエタリなblob』が格納されているのがvendorです。

広告

端末にカスタムROMをインストールために必要な3要素

BootloaderをUnlockできる

カスタムROMのインストールというのはsystemやbootの書き換えを行うわけですが、通常の状態ではbootloaderがsystemの書き換えやカーネルの署名をチェックするため、カスタムROMをインストールすることができません。

そのため、カスタムROMを使用するにはそのチェック機構をオフにする必要がありますが、チェック機構をオフにすることを『bootloaderをunlockする』と言います。

カスタムリカバリーが配布されている

カスタムリカバリーがないとカスタムROMのインストールがかなり面倒ですので、カスタムリカバリーはほぼ必須です。

BootloaderをUnlockできる機種であれば大体の機種でカスタムリカバリーが存在していますので、そこまで気にする必要はありません。

カスタムROMが配布されている

カスタムROMがなかったらそもそもインストールできないよね、という話です。

広告

カスタムROMをインストールする手順

端末によってかなり差がありますので、一般的な手順のみを載せています。自分の端末について詳しく知りたい方はこのサイトを参考にしてください。

  1. bootloaderをunlock (初回のみ)
  2. カスタムリカバリーをインストール (基本的に初回のみ)
  3. 内部ストレージもしくはmicroSDにカスタムROMとGappsのzipをコピー
  4. カスタムリカバリーを起動
  5. system, data, cache, Dalvik/ART cacheをwipe
  6. カスタムROM, Gappsをflash
  7. 起動する

用語集

XDA Developers

http://www.xda-developers.com/

カスタムROM界隈による、カスタムROM界隈のためのサイトで、カスタムROMに限らずAndroid全般に関する様々な情報を入手することができます。特に掲示板の方は世界中からカスタムROM開発者・使用者が集まって情報を交換しており、『困ったらとりあえずここを探せ』的なサイトと言えるでしょう。

4PDA

http://4pda.ru/

ロシア版XDAと言えるサイトです。ロシア語です。

基本的に訪れる必要はありませんが、『xdaだと全く盛り上がってないのに4pdaにはめっちゃ情報がある』みたいなパターンが稀によくあるので、中華端末などを買った場合にはお世話になるかもしれません。

Factory Image

メーカーが用意している、自社の端末を正規のソフトウェア(メーカー純正Android/非カスタムROM)に戻すためのファイルのことです。

狭義では『GoogleがNexus/Pixelシリーズ向けに配布されているイメージファイル群』のみを指し、広義では『メーカーが用意しているファイル全般(XperiaのftfやHTCのRUU、OnePlus/Xiaomi/ASUSあたりが配布しているflashable.zipなど)』を指します。

Flash

fastbootやカスタムリカバリーからイメージファイルやzipをインストールすることです。カスタムROMを “焼く” という表現の語源とされていたりいなかったり。

Wipe

dataをフォーマットすることです。

Factory Reset

data以下をwipeすることを指します。Android端末ではdata以下を削除することによって工場出荷状態に戻るため、Factory Resetと呼ばれています。

Dirty Flash

Factory Resetを行わない(=dataを維持したまま)カスタムROMのインストールです。ROMのアップデートなど、基本的に同一のROMを書き換える場合にのみ使います。

BL

Bootloader LockまたはBootloader Lockedの略です。

BLU

BootLoader UnlockまたはBootLoader Unlockedの略です。

なぜBootloader Locked → BLという例に倣ってBootloader Unlocked → BUという表記にならないのか、カスタムROM界隈7不思議のうちの1つです。(大嘘)