【規格不適合】iVAPO 15W USB Type-C充電器 レビュー

この記事をシェアする

iVAPOブランドの15W USB Type-C充電器(型番:K7)を購入しましたので、レビューを行います。

対象の製品

クイックレビュー

下記の2点についてUSB Type-Cの規格に適合していないACアダプタです。

デバイスによってはこのACアダプタを接続した際に「USB-Cヘッドホンが接続された」と認識するため、思わぬ事態を引き起こす恐れがあります。

テスト項目

  • Vbus Hot: Yes
  • Bridged CCs: Yes
  • 過電流保護: No
  • Apple 12W: No

テストに使用した機器

  • メディアロジック USB Power Delivery アナライザ DTW2U3 『PDワットみるC』 (製品ページ)
  • 横河メータ&インスツルメンツ ディジタルマルチメータ 732-03 (製品ページ)
  • Apple USB-C充電ケーブル (型番:MLL82AM/A)
  • Google USB Type-C to Type-C ケーブル (型番:不明 | 製造番号:不明 | 22.5W充電器の付属品)
  • その他、電子負荷やType-Cブレークアウトボードなど
広告

開封・製品画像

  • MODEL: K7
  • INPUT: 100-240V~50-60Hz 0.5A
  • Output: 5.0A=3.0A
  • S/N: R3744SNOR11SE6
  • PSE: なし
広告

Vbus Hot

USB Type-Cレセプタクルを搭載するSource機器は、Sinkの接続を検出してからVbusに電圧を印加するように規格で定められていますが、iVAPO K7はSinkの接続を検出していない状態でもVbusに電圧を印加しており、これはUSB Type-Cの規格に適合しない挙動です。

このような設計不良品は、誤った使い方をした場合に接続した機器を破損させる恐れがあります。

広告

Bridged CCs

USB Type-Cレセプタクルを搭載するSource機器のCC1・CC2はそれぞれをRpでプルアップするように定められていますが、iVAPO K7のCC1・CC2は短絡されて1つのRpでプルアップされており、これはUSB Type-Cの規格に適合しない設計です。

このような設計不良品は、E-Markedケーブルを使用した場合に正しくSinkのアタッチ・デタッチを検出することができません。(Vbus Hotなのでお構いなしにVbusに電圧を印加しますが)

広告

その他

過電流保護

iVAPO K7には過負荷がかかった際に出力をシャットダウンするような回路は実装されていません。

また、負荷を掛けた場合では3Aを少しでもオーバーすると途端に電圧が3V台に降下するため、AC/DC部がかなりギリギリで設計されているものと予想されます。

Apple 12W

iVAPO K7はApple独自の12W給電をサポートしていません。

余談

製品デザインが酷似しているため、以下のレビューで取り扱ったUGREENブランドのUSB PD充電器と同じODM元と思われます。

所感

非常にお粗末な製品で、お金を払って燃えないゴミを買っているようなものです。

※当ブログのUSB Type-C関連記事がお役に立ちましたら、hanpenblog[a]gmail.com宛に100円ぐらいAmazonギフト券を送って下さるとやる気とType-C製品の購入資金に繋がります。