規格的にアウトなUSB Type-C変換アダプタが売られている話

この記事をシェアする

USB-CをUSB-Aに変換するアダプタは規格的にアウトです。

はじめに

USB Type-Cの変換アダプタ、1つぐらい持っている方も多いのではないでしょうか。かくいう私もMicroUSBをUSB-Cに変換するアダプタを緊急用としてカバンに忍ばせてたりします。

そんな感じで新旧デバイスが混在していると変換アダプタのお世話になる方も多いと思うですが、その一方で、USB Type-Cの規格的にアウトな変換アダプタが販売されているのはご存知でしょうか。

例えば、以下のような製品です。

何が『検証済』なのか理解不能ですが、上記のような “USB-Cメス to USB-Aオス” という変換アダプタは規格的にアウトです。

しかしながら、Amazonのレビュー数を見るとどうもそのことを知らない人が少なからずいるようなので、ちょっと掘り下げてみます。

USB Type-Cの規格書では

Section 3.1.4

USB Type-Cの規格では、変換アダプタは以下の2種類が定義されています。

USB Type-C Cable and Connector Specification Revision 1.2, Section 3.1.4

1つ目が『USB 2.0 Micro-Bレセプタクル(メス) to USB 2.0 Type-Cプラグ(オス)』という変換アダプタで、2つ目が『USB 3.1 Gen1 Standard-Aレセプタクル to USB 3.1 Gen1 Type-Cプラグ』という変換アダプタです。

文字で説明されても分かりづらいと思うので具体例を出すと、例えば以下のような製品です。

USB Type-Cの規格で定義されている変換アダプタは、この2種類のみです。これら以外は定義されていません。

Section 2.2

上記に加えて、Section 2.2ではこのような記述が存在しています。

USB Type-C Cable and Connector Specification Revision 1.2, Section 2.2

意訳すれば、『危険な規格違反のケーブルを作れるようになるので、USB-Cメスを搭載した変換アダプタは一切規定されていないし許可もされていない』といった感じでしょうか。

何はともあれ、最初の1文でUSB-Cメスを搭載した変換アダプタは問答無用で規格違反ということが分かります。

まとめ

  • USB Type-Cの規格で定義されている変換アダプタは『MicroUSBメス to USB-Cオス』と『USB-Aメス to USB-Cオス』の2つのみ
  • この2つ以外の変換アダプタが売られていたとしても、”規格通り”ということは絶対にない (そもそも定義されていないため)
  • 特に、USB-Cメスを搭載している変換アダプタは明確に禁止されている
広告

何が危険なのか

USB-Cメスを搭載した変換アダプタが規格で禁止されているのは上で説明した通りですが、『何が危険なのか』という点について具体例を出して説明したいと思います。

Cメス to Aオス変換アダプタ①

Cメス to Aオスの変換アダプタとA to Cケーブルを組み合わせた場合、A to Aという本来では存在し得ないケーブルを作成できてしまいます。

言うまでもありませんが、A to Aケーブルの両端をPCやACアダプタに差し込んだ場合、非常に危険です。

Cメス to Aオス変換アダプタ②

Cメス to Aオスの変換アダプタとC to Cケーブルを使ってスマートフォンなどを充電した場合も何が起こるか予測できず、危険です。

Type-Cを採用しているスマートフォンは最大で5V/3Aを引く可能性があり、そうなるとUSB-AのACアダプタの多くでは出力が足りずに過負荷となります。

100%このような事態になるわけではありませんが、リスクとしてこういった危険性は否定できません。USB-AのACアダプタでUSB-Cのスマホを充電したいのであれば、大人しくA to Cのケーブルを使って充電するようにしましょう。

広告

余談

AUKEY

AUKEYはUSB Type-C規格違反の常連なのでもはや驚きも何もないですが、以下の製品は規格違反なUSB-Cメス to USB-Aオスの変換アダプタが同梱されているので買わないほうがいいです。

サンワサプライ

サンワサプライも規格違反なUSB-Cメス to USB-Aオスの変換アダプタを製品化しています。

『私はUSB Type-Cの規格について何も知らないです』と言っているようなものなので、この製品に限らずサンワサプライのUSB Type-C製品は買わないほうが無難だと思います。

広告

所感

メーカーが規格通りに製品を作ってくれればこんな記事書かずに済むんですけどねぇ……(ため息)

広告

参考

Benson Leung – Google+
https://plus.google.com/+BensonLeung/posts/UFCHbSDRa2o