GPD Pocket充電時のUSB PDの信号を解析してみた

この記事をシェアする

イマイチ挙動が怪しいGPD Pocketの充電時の挙動をUSB PDアナライザを使って解析してみました。

使用機材

USB PDアナライザ DTW2U3 (ワットみるC)

GPD Pocket付属のACアダプタ

GPD Pocket付属のACアダプタは
・5V/3A
・9V/2.67A
・12V/2A

の3系統を出力できるようです。

余談ではありますが、このACアダプタに表示されているPSEマークには届出事業者の名称が欠けているので、このまま日本で売ると違法ですね。

Anker 30W ACアダプタ (A2014112)

USB PDで
・5V/3A
・9V/3A
・15V/2A
・20V/1.5A

の4系統を出力できるACアダプタです。

Google USB 2.0 Type-C to Type-Cケーブル

以下のACアダプタの付属品です。(eMarkerなし)

電源オフ時

GPD Pocketが電源オフの場合には、USB PDによる充電は行われない模様です。

確認してみると、約11W(5V/2.2A)の電力が供給されているものの、ACアダプタ側が送り続けているUSB PDの信号にGPD Pocketは一切応答していませんでした。(=非USB PD充電)

広告

電源オン時

付属ACアダプタ

電源オンの状態で付属のACアダプタを接続した場合、12V/2AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、実際には約18Wの電力が供給されていました。

Anker A2014112

電源オンの状態でAnkerのA2014112を接続した場合、9V/3AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、実際には約18Wの電力が供給されていました。

広告

まとめ

  • 電源オフ時にはUSB PDでの充電はできない
  • 電源オン時にはUSB PDでの充電が行われる
  • USB PD充電時の最大電圧は12V
  • ACアダプタが15Vや20Vの出力に対応していても12V以下の電圧でしか充電されない
広告

所感

電源オフ時にUSB PDでの充電ができないのは残念ですね。電源オフ時にもUSB PDで充電できれば充電時間が短くなって機動力が増しそうなんですが。