【設計不良品】RAVPower 36W 2ポートUSB PD対応ACアダプタ レビュー

この記事をシェアする

RAVPowerブランドのUSB PD対応2ポートACアダプタ(型番:RP-PC017)を購入しましたので、レビューを行います。

対象の製品

クイックレビュー

USB PD周りの設計に欠陥のあるACアダプタです。そのため、このACアダプタの購入や使用は推奨しません。

テスト項目

  • USB PD: Yes (30W / 欠陥あり)
  • Vbus Hot: No
  • Bridged CCs: No
  • Apple 12W: No
  • USB BC DCP: No

使用器具

  • メディアロジック USB Power Delivery アナライザ DTW2U3 『PDワットみるC』 (製品ページ / Amazon)
  • 横河メータ&インスツルメンツ ディジタルマルチメータ 732-03 (製品ページ / Amazon)
  • Apple USB-C充電ケーブル (型番:MLL82AM/A)
  • Google USB Type-C to Type-C ケーブル (型番:不明 | 製造番号:不明 | 22.5W ACアダプタの付属品)
  • その他、電子負荷やType-Cブレークアウトボードなど
広告

製品の仕様変更について

RAVPowerブランドのACアダプタ RP-PC017ですが、今までに2回Amazonでの販売ページが変更になっています。

3つのページで販売されていた製品すべてでそれぞれ仕様が異なっていますので、3種を区別するために本レビューでは便宜上RP-PC017 V1/V2/V3と表記します。

なお、Amazonのレビューを読む限りRP-PC017 V1/V2/V3はそれぞれ

  • RP-PC017 V1: 45W出力通知 / PSEマークなし
  • RP-PC017 V2: 45W出力通知 / PSEマークあり
  • RP-PC017 V3: 30W出力通知 / PSEマークあり

という仕様になっているようです。

つまり、V1/V2はどちらも『ACアダプタ全体として36W出力設計であるにも関わらず、実際のUSB PDの通信では最大45Wを通知する』という欠陥を持っているということになります。

当然、設計以上を出力できるわけもなく、45Wを要求する機器を接続すると過負荷になり、ブラウンアウトが発生することがNathan氏の以下の動画で報告されています。(恐らく動画内で使用しているのはV1)

こういった欠陥はただ充電できないだけならまだしも、接続した機器の故障等を引き起こす可能性もゼロではありません。そのため、もし本レビューをご覧の方でV1/V2をお持ちの方がいれば、それは燃えないゴミの日に捨てるか、もしくは返品することをオススメします。

広告

開封・製品画像

  • 36W SUPER-C SERIES DUAL PORTS (TYPE-C/USB) WALL CHARGER / 急速充電器
  • Model/型番: RP-PC017
  • Input/入力: AC 100-240V 50/60Hz 1.2A Max
  • iSmart Outout/出力: DC 5V/2.4A Max
  • Type-C(PD) Output/出力: DC 5V/3A, 9V/2A, 15V/2A, 20V/1.5A Max
  • SN: 0JTE1C9U / 0JTEHRDR
  • PSEマーク: あり (ひし形 / TÜV SÜD PSB / 株式会社ニアバイダイレクトジャパン)
広告

USB PD

RAVPower RP-PC017 V3のUSB Type-Cポートは30WまでのUSB PDに対応していることが謳われています。

そこで、USB PDのパケットをキャプチャできるメディアロジックのUSB Power Deliveryアナライザ DTW2U3 『PDワットみるC』を使用してUSB PDのパケットを確認したところ、

  • 5V/3A
  • 9V/3A
  • 15V/2A
  • 20V/1.5A

という4系統の出力を接続先の機器に対して通知していることを確認しました。

しかしながら製品外装では9Vの出力が最大2Aとなっており、実際のUSB PDのパケットと一致していません。

広告

その他

Vbus

RAVPower RP-PC017 V3のUSB Type-CポートはUSB Type-C/USB PDの規格通り、Sinkが接続されるまでVbusに電圧を印加しません。

CC

RAVPower RP-PC017 V3のUSB Type-CポートはUSB Type-Cの規格通り、それぞれが別個のRpでプルアップされています。

Apple 12W

RAVPower RP-PC017 V3はApple独自の12W給電をサポートしていません。

USB BC DCP

RAVPower RP-PC017 V3はUSB BC DCPをサポートしていません。

USB PD非対応のiPhone/iPadは充電できない

RAVPower RP-PC017のUSB Type-CポートははApple独自給電・USB BC DCPのいずれにも対応していないため、USB PD非対応のiPhone/iPadは充電できません。

所感

2回も仕様変更したのに、未だに素人でも分かるような設計不良があるとかゲームでもしながら設計したんですかね?

※当ブログのUSB Type-C関連記事がお役に立ちましたら、hanpenblog[a]gmail.com宛に100円ぐらいAmazonギフト券を送って下さるとやる気とType-C製品の購入資金に繋がります。

参考

RP-PC017 review – Nathan K.
https://plus.google.com/102612254593917101378/posts/e91WpjRFizs