非rootでGalaxyのMVNOテザリングを有効化する方法まとめ

この記事をシェアする

docomo系MVNOやmopera契約で運用しているdocomo版Galaxyを、非rootでテザリング有効化する方法まとめです。

はじめに

以前からdocomo版Galaxyシリーズではroot化後にXposedもしくはframework-res.apkを編集することによってテザリングを有効化する方法が知られていましたが、ハードルが高く、手間もかかるために一般的とは言いがたい状況でした。

その後AndroPlus様の記事により、非rootでsettings.dbのtether_dun_requiredの値を書き換えられることが広まりましたが、docomo版Galaxyではsettings.dbのtether_dun_requiredでテザリング時のAPN強制変更を設定しているわけではないため、Xperiaと同様のadbコマンドではMVNOでのテザリングを有効化することができません。

しかしながらadbコマンドを利用することによって一部のdocomo版Galaxyは非rootでもテザリングが可能になるようですので、その方法を書いていこうと思います。

下記のadbコマンドを簡単に実行できるようにしたバッチファイルを作成しましたので、面倒な方はそちらを利用してください。

有効化方法(4.1)

Android 4.1のGalaxyでは、/data/data/com.android.providers.settings/databases/settings.dbのsecureテーブル内のtether_dun_apnにテザリング時のAPNを書き込むことによって、テザリング制限を解除(=テザリング有効化)できるようです。tether_dun_apnを書き換えるadbコマンドは以下の通りです。

<APN>の部分の記述方法は、

です。

例えばIIJmioの場合、

となります。

広告

有効化方法(4.2~4.4)

Android 4.2~4.4のGalaxyでは、/data/data/com.android.providers.settings/databases/settings.dbのglobalテーブル内のtether_dun_apnにテザリング時のAPNを書き込むことによって、テザリング制限を解除(=テザリング有効化)できるようです。tether_dun_apnを書き換えるadbコマンドは以下の通りです。

<APN>の部分の記述方法は、

です。

以下に具体例をいくつか挙げておきますので、各自が使用しているMVNOのAPNに改変して使ってください。

mopera U (Xi)

IIJmio

OCN(LTE)

BIGLOBE

広告

Android 5.0以降のGalaxyは…

Android 5.0以降のGalaxyでは、要rootではありますがテザリングを有効化するスクリプトがxdaに公開されています。詳しくは以下の記事をどうぞ。