Windowsが起動しないとき用のファイル救出用USB起動ドライブを作る

この記事をシェアする

何かのアクシデントでWindowsが起動しなくなった時のために、USBからOSを起動してHDD内に保存されているデータを救出するためにUSB起動ドライブを作成しました。

はじめに

突然Windowsが起動しなくなった時、真っ先に思い浮かぶのはデータの救出です。

手っ取り早くデータを吸い出す方法としては「PCを分解してHDDを取り出し、正常に動くPCに接続してデータを吸い出す」といった方法が考えられますが、現実には「PCが他にない」「わざわざ接続するためのパーツを買うのはちょっと…」「そもそも分解ができない」等の理由により難しい場面が多々あります。

そこで次に考えられる方法が、USBメモリやDVD等からOSを起動し、別の外付けHDD等にデータを避難させる方法です。この方法であれば、PCを分解するスキルがなくともなんとかなるのではないかと思います。

最近ではDVDドライブを積んでいない小型PCやタブレット等が普及していますので、DVD等の光学メディアから起動するよりもUSBメモリから起動するほうが汎用性が高いと思い、USBからOSを起動できる「ファイル救出用USB起動ドライブ」を作成しました。

Ubuntuとは

ものすごくざっくり説明します。

世の中にはPC用のOSとしてWindows・Mac・Linuxの3種類があり、その中でUbuntuはLinuxの仲間に分類されます。UbuntuとLinuxの関係は、Windows7→Windows、Ubuntu→Linuxみたいな感じです。(厳密には全然違う)

Windowsに近い操作性を持っているのと日本語化されている点から、緊急時に突然使用したとしても勘でなんとかなる可能性が高いUbuntuを選びました。

広告

USBドライブ作成

USBメモリを入手

まず、8GB以上のUSBメモリを用意します。4GBでもなんとかなると思いますが、8GB以上の方が安心です。ちなみにこのUSBメモリのデータは全て消去されるのでデータのバックアップは必須です。

Ubuntuをダウンロード

Ubuntuのisoイメージをダウンロードします。Ubuntu日本語Remixの配布場所はこちら。

ダウンロードするのはなんでもいいですが、基本的には最新版のx64がオススメです。2015年9月現在の最新バージョンは15.04なのでそれをダウンロードします。

ubuntu-usb-download

UNetbootinのダウンロード

Ubuntuのisoイメージをダウンロードしたら、次は以下のソフトをダウンロードします。isoイメージからUSB起動ドライブを作成するソフトです。

USB起動ドライブの作成

すべてのファイルをダウンロードしたら、Unetbootinを起動します。今回は自前でダウンロードしたisoイメージを使用するので、赤枠の部分を以下の画像のようにします。

ubuntu-usb-unetbootin

右下のOKを押すとUSBメモリへの書き込みが始まりますので、すべての書き込みが終わるまで待ちます。書き込みが終了すると、今すぐPCを再起動するかUNetbootinを終了するか聞いてきますので、今の時点では再起動せずにUNetbootinを終了します。

本来であればこれで作業は終了ですが、最後のもう1つ。

このままの状態でUSBからUbuntuを起動すると日本語ではなく英語の設定で起動してしまうので、言語を日本語に直します。USBメモリをEドライブとすると、E:syslinux.cfgというファイルをメモ帳で開きます。

という記述があるはずのなのでそれを

と変更し、保存します。

これですべての作業が終了です。

広告

実際に使ってみる

BIOSの設定を変更してUSBの起動順位を1位にし、USBから無事起動すると、まず最初にUNetbootinのメニューが表示されます。HDDからのデータ救出が目的の場合は、「Boot without Installing」というメニューを選んでください。(文言はうろ覚え)

メニューを選ぶと、Ubuntuが起動し始めるので2~3分ほど待ちます。

Ubuntuが起動するとこんな感じです。ネットから拾ってきた画像なので英語表記ですが、さっきの作業でちゃんと日本語に設定できていれば日本語で表示されるはずです。

ubuntu-desktop

この状態になればUSBマウスや外付けHDD、PCに内蔵されているHDDなど大体のものが普通に使えると思います。使い方はWindowsにかなり近いので、勘でなんとかなると思います。頑張って必要なデータを吸い出しましょう。

広告

感想

LinuxでもNTFSを取り扱えるものがあったんですね。てっきりLinuxが取り扱えるのはFAT系とext系だけだと思ってました。