この記事をシェアする

グローバル版のXperiaでエリアメールを受信する (KitKat)

この記事をシェアする

国際版のXperiaでもエリアメールを受信できるようにしてみました。

はじめに

Lollipop版はこちらからどうぞ。

先日ネットでこんなものを発見しまして。
IIJmioのSIMで緊急地震速報は受信できる?

スマホの他にガラケーも持ち歩いてるのでわざわざスマホまで緊急地震速報に対応させる気はなかったのですが、どうもこれを読むとIIJmioのSIMを入れてあるウチのXperia Z1 Compactでも緊急地震速報とかのエリアメールを受信するようにできそうなのでやってみました。

流れとしては、
エリアメールのapkを他端末のftfから引っこ抜く

エリアメールのapkをdeodex化

インストール

という感じです。

この作業はXperia Z1 Compact (D5503) 14.4.A.0.108で行いました。root化必須です。

エリアメールのapkを手に入れる

※ftfからエリアメールのapkを引っこ抜いたりdeodex化するのがめんどくさい方は、動作保証はありませんがこちらをどうぞ。
AreaMail_04.00.00001.apk

ftfを入手

まず、XperiFirmで自作するなりネットから拾ってくるなりしてftfを入手します。使用するftfは「なるべくインストール先のグローバル版に近いdocomo版」を使うのが良いと思います。たとえばXperia Z1CにインストールするならZ1f/A2のftfを、という感じです。

7-zipなどでftfを解体

ftfの正体はただのzipファイルなので拡張子を変えれば普通に解凍できます。

Flashtoolを使って、system.sinを変換

areamail-kk-flashtool1

Tools → SIN Editor

areamail-kk-flashtool2

ftfを解凍して出てきたsystem.sinを選択 → Extract data

変換して出てきたsystem.ext4の場所を覚えておきます。

7-zipを使ってsystem.ext4からapkファイルを抽出

areamail-kk-7zip1

system.ext4をExtract

Extractしたsystem.ext4/priv-app以下にareamail.apkとareamail.odexが存在していれば、ftfからapkを引っこ抜く作業は完了です。

areamail-kk-7zip2

広告

apkのDeodex化

Deodex化にはKamome tool v7 For KK 4.4を使います。

Kamome toolをダウンロードした後、解凍してできたフォルダの中の/system/priv-app/にAreaMail.apkとAreaMail.odexをコピーします。

コピーしたらdeodex_bat.batを起動して、[3] Deodex fikes → [5] Zipalign apk の順で実行していきます。

終わったらログファイルチェックをして、エラーがなければ/system/priv-appにAreaMail.apkがあるはずです。

以上でDeodex化は完了です。

広告

apkをインストール

Deodex化したAreaMail.apkを端末本体の/system/priv-app/にコピーし、再起動します。ちなみに、普通にインストールしようとすると失敗します。

areamail-kk-ss1

/system/priv-app/にコピー後、再起動でこんな感じにアプリ一覧にも表示されるようになります。

areamail-kk-ss2

ちなみにこのエリアメールアプリ、インストールが成功していてもドロワーには表示されません。ネットで開封直後のdocomo版Z1のドロワーのスクリーンショットを見る限り、どうやらエリアメールアプリはドロワーに表示されない仕様のようです。

ドロワーに表示されないんじゃ、せっかくエリアメールを受信できても確認できませんね。そこでこちらのアプリ。

この災害用キットをインストールして、起動するとこんな感じです。

areamail-kk-ss3

一番下の緊急速報「エリアメール」をタップすると……

areamail-kk-ss4

エリアメールアプリが立ち上がり、受信ボックスが表示されます✌(‘ω’✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌’ω’)✌

広告

所感

とりあえずエリアメールを受信させるべく作業しましたが、冒頭でも書いたように、本当に受信できるかは不明です。緊急地震速報なんて流れてこないに越したことはないので、受信テストをできる日がこないことを祈ります。