この記事をシェアする

海外版ZenFoneの地域モデルを確認する方法

この記事をシェアする

自分の手元にある海外版ZenFoneの地域モデルを確認する方法を紹介します。

はじめに

ZenFoneシリーズは投入地域ごとにLTEの対応バンドなどが異なっていますが、意外とそのことを知らずに並行輸入版を購入している方も多いのではないでしょうか。

例えばZenFone 3 Max (ZC520TL)では、投入地域ごとに対応しているLTEバンドは以下のように分けられています。
https://www.asus.com/Phone/ZenFone-3-Max-ZC520TL/Tech-Specs/

投入地域別に対応しているバンドが異なっているのは良いのですが、問題はその型番です。ZenFoneシリーズは投入地域にかかわらず同一の型番を採用しており、例えばZenFone 3 Max (ZC520TL)であれば、WW版であろうがJP/TW版であろうが同じZC520TLという型番になっています。

このことの何が問題かというと、「TW版を買ったつもりが実はWW版が送られてきていたのに、型番が同じなためにそのことに気づかない」という事態が発生しかねないという点です。そのため、海外版のZenFoneを購入した際はどのモデルなのかチェックするのがほぼ必須と言えるのですが、その方法を載せているサイトが見当たらなかったので調べてみました。

ビルド番号から調べる

設定アプリ→端末情報→ソフトウェア情報→ビルド番号
で調べられます。

zenfone-3-max-zc520tl-buildnumber

赤枠で囲った2文字で判別できます。

欠点としては「ファームウェアが書き換えられるとビルド番号の表記も変わってしまう」という点が挙げられます。GearBestで販売されているZenFone 3は例に漏れず開封・FW書き換え済みのようなので注意が必要です。(箱にはCNと書いてあるのにCPU-ZのスクショではWWとなっている)

広告

パッケージから調べる

ZenFoneのパッケージにはIMEI等が記載されているシールが貼り付けられていますが、このシールからも判別することができます。

zenfone-3-max-zc520tl-package

左下の赤枠で囲った2文字で判別することができます。

この方法であれば記載されているIMEIでパッケージと端末を結びつけることができるため、たとえFWが書き換えられていたとしても端末の仕様を確実に確認することができます。(通常、IMEIは不変なため)

WWと記載されている例
TWと記載されている例
JPと記載されている例
JPと記載されている例
CNと記載されている例

広告

所感

ZenFoneを輸入して痛い目を見たことがあるので、個人的には2度と海外版のZenFoneは買わないつもりです。