この記事をシェアする

Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HDレビュー

この記事をシェアする

XiaomiブランドのイヤホンMi In-Ear Headphones Pro HDを購入しましたので、レビューを行います。

はじめに

コスパの良いイヤホンとしてガジェット好きには知られているXiaomiのイヤホンですが、2016年の新モデルとしてMi In-Ear Headphones Pro HDというモデルが登場しました。

新しいモデルが出たと知り、軽い気持ちで調べてしまったのが運の尽き。気づいた時には注文が完了していました。

そんなわけでMi In-Ear Headphones Pro HDを購入しましたので、簡単にレビューしてみます。

ややこしいモデル名

今回レビューするMi In-Ear Headphones Pro HDは、2015年に発売されたMi In-Ear Headphones Proという機種の上位モデル(後継モデル?)に当たります。

このMi In-Ear Headphones Pro HDは中国では小米圈铁耳机 Proという名前で販売されており、前モデルであるMi In-Ear Headphones Proと非常に紛らわしいことになっています。(ちなみにMi In-Ear Headphones Proの中国での製品名は小米圈铁耳机)

製品ページは以下のページとなっています。

広告

パッケージ・同梱物

xiaomi-earphone-pro-hd-unbox1

ハイレゾのマークが目立つパッケージ。

xiaomi-earphone-pro-hd-unbox2

実際の設計・製造は1MOREというメーカーが行っているようです。

xiaomi-earphone-pro-hd-unbox3

持ち運び用の小袋が付属しています。

xiaomi-earphone-pro-hd-unbox4

付属のイヤーピースもサイズ豊富。

広告

外観をチェック

xiaomi-earphone-pro-hd-body

本体は金属でできており、とても3000円以下のイヤホンとは思えない仕上がりです。

xiaomi-earphone-pro-hd-button

曲の操作ができるボタンは右耳側のケーブルに配置されています。

xiaomi-earphone-pro-hd-plug

プラグ部は細めの設計となっていて、ケースを付けたスマホでも問題なく使うことができます。

広告

装着感をチェック

フィット感はカナル型のイヤホンとしてはごくごく普通のレベルだと思います。いわゆるShure掛けタイプのイヤホンには負けますが、ちゃんと耳に装着できればそれなりのフィット感と遮音性が得られると思います。

ただ、ボディが金属製なために割と重く、しっかり装着していないと顔を傾けた際にポロポロと耳からこぼれ落ちることが頻発しました。また、操作用のボタンが左右分岐後の右イヤホン側に配置されているため、その重さで左右の装着感が一致しないということもしばしば発生しました。

「Shure掛け以外のカナル型全般があまり耳に合わない」という私個人の事情に依るものかもしれませんが、うまく装着できてもポロポロ落ちたり右だけ装着感が変わるようなことが頻発したため、トータルの装着感としてはイマイチでした。

広告

音質をチェック

音の傾向としては非常に好みでした。個人的にMi In-Ear Headphones Pro HDはアタリの部類に入っています。

低音過多で音のバランスが崩れているイヤホンも少なくないですが、このMi In-Ear Headphones Pro HDではそのようなことはなく、バランス良く再生できている印象です。

かといって低音の量が少ないのかというとそんなこともなく、程よく締まって一段低い低音が非常に印象的でした。バンドミュージックではバスドラやベースが主張しすぎない程度にしっかりと聞こえ、EDMのようなビートが効いた音楽も良いメリハリが出ていました。

中音や高音もなかなか良く音が出ており、ボーカルも埋もれることなくしっかりと聞こえました。キラキラした音もキレイに出ていましたし、BA型特有の刺さる感じもしませんでした。

全体的にバランス良く再生できており、うまく仕上がっているという印象です。とても3000円以下のイヤホンとは思えない仕上がりでした。

所感

音は好みであるものの、装着感が通勤通学ラッシュに耐えられるようなものではなかったため、最終的に自宅用イヤホンとして絶賛稼働中です。

金属ボディのおかげで質感は明らかに価格以上ですし、それに加えて音も良いということで、噂に違わずXiaomiイヤホンのコスパは良いです。仮に国内で正規販売されるようなことがあれば相当な脅威になると思います。

グローバルでの価格は39ドルですが、以下の中華系ECサイトでは25ドル前後で購入可能です。