Nexus 7 [2012]にAndroid 7.0/7.1 Nougat AOSPを焼いてみた

この記事をシェアする

Nexus 7 [2012]に非公式のAndroid 7.0/7.1 Nougat AOSPのROMを焼いてみました。

20161104ビルド版

使用したROMなど

■ROM
Unlegacy-Androidという、公式アップデートが終了したNexus端末への非公式アップデートを提供しているグループが管理するビルドサーバーから拾ってきました。
http://jenkins.unlegacy-android.cf/job/android/345/

■Gapps
Open Gapps ARM 7.1を利用しました。
http://opengapps.org/

起動してみた

機能的にはほぼ問題なく、7.0/7.1で追加された機能は基本的に動作します。ただし安定性についてはまだまだ開発中といったところで、頻繁にアプリがフリーズしたり強制終了したりします。

screenshot_20161027-163316

7.1から追加された再起動オプションです。

screenshot_20161027-165628

Split Viewも動作しました。

screenshot_20161111-180636

20160923版では通知を下ろした際に背景が透過されませんでしたが、そのバグも修正されていました。

screenshot_20161111-180655

安定性についてはまだまだといった印象です。

screenshot_20161111-180703

感想

20160923版と比べると安定度は向上しているものの、まだまだMarshmallowには及びません。

20160923版と同様に「遊びで焼いてみる分には良いが、未だに現役で使っているのであればMarshmallowベースのROMのままにしておいたほうが良い」という感想です。

20160923ビルド版

使用したROMなど

■ROM
[ROM][7.0.0_r6][NRD90U][F2FS/EXT4]Android 7 AOSP on Grouper

■Gapps
上記のxdaのページにリンクが貼ってあったGappsを利用しました。

起動してみた

機能自体は公式にアップデートされているNexus 9とほぼ同じであるため、そこら辺は省いてバグっぽいところのみ紹介します。

screenshot_20160929-222316

Bluetoothが全く使えません。

screenshot_20160929-231708

通知をおろした場合、背景が透過されずに真っ暗になります。

screenshot_20160929-231739

感想

動作的にはMarshmallowと同程度で、最後の公式ROMであるLollipopよりかは遥かに軽いです。

しかしながらまだまだバグが散見され、手放しでオススメできる状況ではありません。遊びで焼いてみる分には良いと思いますが、動画専用機といった用途で未だに現役である場合は、まだMarshmallowベースのROMのままにしておいたほうが良いでしょう。