多機能USB電力メーター AVHzY CT-2 (Kotomi Premium) を使ってみた

USB PDの通信をキャプチャしたり各種急速充電をトリガーできるAVHzY CT-2 (Kotomi Premium) を購入したので、機能や使い勝手などを簡単にレビューしてみます。

これは何?

流れている電気の電圧・電流を測定したり、トータルの電力量を積算できる、USB接続の電力メーターです。安いものは1,000円程度からありますが、このAVHzY CT-2の販売価格は7,777円 (2019年1月25日時点) となっており、USB電力メーターの中では高価な部類に入ります。

こういったUSB電力メーターは複数の中国メーカーから色々出ており、それぞれ機能も値段も異なるので、物色してみると結構おもしろいです。

余談ですが、この手のUSB電力メーターは英語ではUSB Power Meter、略してUPMと呼ばれてるみたいです。

開封

対応している機能

AVHzY CT-2の機能を羅列すると、以下の通りです。

  • 電圧・電流・電力を測定
  • ACアダプタの対応している急速充電規格を検出
  • 急速充電をトリガー (強制有効化)
  • eMarkerの読み取り
  • ACアダプタのPDOを表示
  • LightningケーブルのMFiテスト
  • ケーブルの抵抗値を計測
  • PCに接続して電圧・電流を測定・記録
  • PCに接続してUSB PDのパケットをキャプチャ・記録

対応している急速充電規格を検出

急速充電トリガー機能

eMarker読み取り機能

PDO表示機能

PCに接続して電圧・電流を記録、電力量を積算

PCに接続してUSB PDのパケットをキャプチャ・記録

欠点

「USB PDのパケットをキャプチャできる」「ACアダプタの対応している急速充電規格を検出できる」といった利点 (Pros) は紹介したので、次は欠点 (Cons) について説明したいと思います。

USB PDパケットキャプチャと電圧・電流の測定を両立できない

AVHzY CT-2ですが、USB PDパケットキャプチャと電圧・電流の測定を両立できません。正確に言うと、一応できなくはないもののかなり微妙、という感じです。

まず、パケットキャプチャモードに入るとCT-2本体のディスプレイは「PD Listen」という表示で固定されるため、本体で電圧・電流を確認することはできません。

PC側のソフトで電圧・電流を確認することはできますが、あくまで「リアルタイムの電圧・電流だけ」と考えたほうが良いです。PDパケットキャプチャ中に電圧・電流も一応記録してくれますが、1秒刻みのザックリ記録なのでほとんど役に立ちません。

PDのパケットが流れた時しか記録してくれない

CT-2のUSB PDパケットキャプチャ機能ですが、「スタートを押してからストップを押すまでずっと記録し続ける」という方式ではなく、「PDのパケットが流れてきた時だけ記録する」という方式です。

PDのパケットをキャプチャするだけならこれでも良いんですが、PDのパケットが流れていないと電圧・電流の測定まで止まってしまうので、なんとも使いにくいです。 (上に載せたグラフ参照)

PDパケットキャプチャにケーブルが3本必要

構造上どうしようもないですが、USB PDのパケットキャプチャにはケーブルが3本必要です。 (Source ~ CT-2、CT-2 ~ Sink、CT-2 ~ PC)

USB PDのネゴシエーションを見るだけだったらそこまで問題でもないですが、Alternate Modeの通信を見ようとする場合にUSB 3.1のケーブルを2本用意しなければならないのが難点です。

上の写真ではどちらも結構長い (2m) のケーブルを使っていますが、あまり長いケーブルを使うと抵抗だったりレイテンシの影響でUSB PDのネゴシエーションがうまくいかないことがあるので、長くても1m x 2本、できれば50cm以下 x 2本でキャプチャすることをオススメします。

他のUSB電力計との違い

Kotomiシリーズ

Kotomi Premium

上の写真はAVHzY CT-2のプレートを外した時のものですが、基板に思いっきり「Kotomi Premium」と印刷されています。

これからも分かる通り、AVHzY CT-2 = Kotomi Premiumです。他には「POWER-Z KT001」や「100MHz UT100」といった名前でも販売されています。

その他のUSB電力計

USB電力計はいくつも種類があり、私が知っているだけでも以下のような製品があります。

  • AVHzY CT-2 (Kotomi Premium)
  • POWER-Z KM001C
  • POWER-Z KM001 PRO
  • POWER-Z KM001
  • POWER-Z KT001 (Kotomi Premium)
  • POWER-Z FL001C
  • POWER-Z FL001 SUPER
  • POWER-Z FL001
  • Kotomi Premium
  • Kotomi Pro
  • Kotomi+
  • Kotomi
  • YZXStudioシリーズ
  • WEB- U3SE
  • WEB- U2

この通り種類は多いのですが、私が知る限り、PCに接続してUSB PDのパケットをキャプチャ・記録できるのは「Kotomi Premium」「POWER-Z KM001C」「POWER-Z KM001 PRO」の3つだけです。

Kotomi Premiumは本体・PC側アプリケーションの両方を日本語表示にできるのでかなり取っつきやすいですが、POWER-Z KM001C・KM001は日本語はおろか英語表示があるのかも怪しかったり、PC側アプリケーションがpan.baiduで配布されていてダウンロードするのにアカウント作成が必要だったりと、細かいところで面倒くさそうな雰囲気を感じるので、人柱精神あふれる方以外はKotomi Premiumが安パイだと思います。

AVHzY CT-2のマニュアルやPCアプリケーションは以下のページで配布されています。
https://forum.avhzy.com/forum.php?mod=viewthread&tid=1

総評

私はMedia LogicのDTW2U3 (PDワットみるC)という設計・検証用のちゃんとしたUSB PDアナライザーも持っているので、それと比べてしまうと機能的にも使いやすさ的にもAVHzY CT-2は劣ります。 (PDワットみるCは1ms刻みで記録できるのに対してAVHzY CT-2は1s刻みなところとか、CT-2はCCの電圧が測れないところとか)

その一方で、AVHzY CT-2でも一通りUSB PDのパケットキャプチャはできるので、「USB PDのネゴシエーションってこういう風に行われるのか~」と楽しむ分には十分です。USB PDキャプチャ以外にも色々機能があり、ガジェット的にもなかなかおもしろいです。

USB PDのネゴシエーションやスマホの急速充電に興味のある人は、1台持っていると何かと便利に使える製品だと思います。