Amazonで1番安いUSB Type-C接続のHDDケースを買ってみた

2.5インチ用のHDDケースが必要になったので、Amazonで1番安かった中華ブランドのケースを買ってみました。

今回買ったHDDケース

今回買ったのは以下のHDDケースです。

MicroUSB接続なら1000円以下のものも数多くありますが、ラップトップ・タブレット・スマートフォンをUSB Type-Cで統一している私としては今さらMicroUSBの製品を増やすことは到底許容できないので「USB Type-C接続」という条件で探した結果、1番安かったELUTENGとかいう聞いたこともないブランドのものを購入することと相成りました。

開封・製品写真

パッケージには以下のものが入っていました。

  • HDDケース
  • 巾着袋
  • USB 3.1 Standard-A to Type-Cケーブル (約50cm)
  • USB Type-C to Type-Cケーブル (約20cm)
  • ドキュメント類

9.5mm厚までのHDD・SSDに対応しており、ただ嵌め込むだけでネジ止めなどの必要はないため、工具不要で組み立てられます。ただ、HDDを嵌め込む際にそのままでは角度的にSATA端子に負担が掛かるので、先に基板を取り外してHDDと接続してからケースに収納したほうが良いです。 (なので結局プラスドライバーが必要)

使ってみた

電源ランプ (青)

読み書きしていると赤色LEDが点滅する

普通に使えています。中に入れているのがHDDなので何の参考にもなりませんが、問題なく読み書きできているということで一応ベンチマークの結果を載せておきます。

変換チップ・付属のケーブル

ケース本体

このケースを買った1番の理由である「USB Type-C」ですが、一応ちゃんと24ピンすべてあるようです。

USB – SATAの変換チップはVIA Labsの「VL716-Q4」が使われていました。VL716はUSB 3.1 Gen 2 (10Gbps) をサポートしており、USB-IFのコンプライアンステストも通過している結構マトモなチップのようです。 (VIAのプレスリリース)

USB-Aケーブル

同梱されていたUSB 3.1 Standard-A to Type-CケーブルをLimePulseケーブルチェッカーに接続したところ、規格通り必要なピンがすべて結線され、CCは56kΩでプルアップされているという結果が表示されました。

USB-Cケーブル

同梱されていたUSB Type-C to Type-CケーブルをLimePulseケーブルチェッカーに接続したところ、規格で定められている22ピンのうち6ピンが結線されておらず、eMarkerも搭載されていないという結果が表示されました。

所感

値段が値段なので何も期待してはいませんでしたが、案の定付属のC to Cケーブルが規格違反品でした。

その一方で、ケース本体は今のところ正常に動作してくれています。変換チップも結構マトモっぽいものを採用しているようですし、1000円ちょっとという値段を考えれば悪い買い物ではなかったと思います。毎日ゴリゴリ使うのであればもうちょっと信頼できそうな製品を買いたいところですが、「余っているHDDを入れてバックアップ用にする」などの用途であればこれで十分ではないでしょうか。

オマケ

今回、ORICOブランドのHDDケース (Amazon) も買ってみたのですが、ELUTENGのものと印刷されているロゴ以外は全く同じでした。

ただしORICOの方は付属品が少なく、付属してくるのはA to Cケーブルだけでした。 (まぁ規格違反のC to Cケーブルが付属してきたところで何も嬉しくないですが……)