iPhone SE (2020) でUSB PD充電を試してみた

iPhone SE (2020) でUSB PD充電を試してみました。

※ iPhone SE [2nd gen] (iOS 13.4) & Apple USB-C – Lightningケーブル A1656

広告

iPhoneが対応している充電規格

本題に入る前に、iPhoneで使われている充電規格について軽く説明したいと思います。

2020年5月現在、iPhoneの充電規格は大きく4種類に分けられます。

  • Apple 1.0A (5W)
  • Apple 2.1A (10W)
  • Apple 2.4A (12W)
  • USB PD (18W〜)
Apple 1.0A対応ACアダプター (5W出力)

Apple 1.0Aは、ほとんどのiPhoneに付属してくる5W出力の燃えないゴミ 小さなACアダプターが対応している充電規格です。iPhone SE (2020) に付属してくるACアダプターもこれです。

Apple 2.1A対応ACアダプター (10W出力)
Apple 2.4A対応ACアダプター (12W出力)

Apple 2.1AとApple 2.4Aは、LightningなiPadに付属しているACアダプターが対応している規格です。iPhoneではiPhone 6以降が対応しています。

USB PD対応ACアダプター (18W)

最後のUSB PDは、iPhone 11 ProやUSB-CなiPad Proに付属してくるACアダプターが対応しています。iPhoneではiPhone 8以降が対応しています。

今回はこの4種類の充電規格でiPhonse SE (2020) を充電した時の供給される電力や充電時間を調べてみました。

iPhone SE付属の5W ACアダプター

まずiPhone SEに付属してくる5WのACアダプター (A1385) で充電してみたところ、約5Wが供給され、0% -> 100%になるまで約150分掛かりました。

Apple 2.1A (10W)

古いiPadに付属してきた10W ACアダプター (A1357) で充電したところ、約10Wが供給されており、0% -> 100%になるまで約110分掛かりました。

Apple 2.4A (12W)

Apple 2.4Aに対応しているサードパーティのACアダプターで充電したところ、約12Wが供給されており、0% -> 100%になるまで約100分掛かりました。

 
広告

USB PD (18W)

USB PD 18Wに対応しているApple A1720で充電したところ、約12Wが供給されており、0% -> 100%になるまで約110分掛かりました。

まとめ

結果をまとめます。

充電規格0分10分20分30分40分50分60分70分80分90分100分110分120分130分140分150分
Apple 1.0A (5W)0%9%18%27%36%45%55%64%73%80%87%92%95%97%98%100%
Apple 2.1A (10W)0%17%33%48%62%75%82%89%94%97%99%100%
Apple 2.4A (12W)0%19%38%55%70%79%86%92%95%97%99%100%
USB PD (18W)0%20%39%57%71%80%87%93%96%99%99%100%

まず言えるのは、iPhone SE (2020) 付属の5W ACアダプターはめちゃめちゃ遅いということです。表を見てもらえれば一目瞭然ですが、他の規格よりもかなり充電が遅いです。

そしてもう1つ注目すべきなのが、USB PDで充電しても充電時間は短くならないという点です。iPhone 11などはUSB PDで充電すると20W程度まで出るようなのでUSB PDで充電するメリットがありますが、iPhone SEではUSB PDを使っても12W程度でしか充電されないため、充電時間はApple 2.4Aで充電した場合と誤差程度しか違いません。


そのため、結論として「iPhone SE (2020) の充電はApple 2.1AもしくはApple 2.4Aに対応したACアダプターを使っておけばOK」となります。

「Apple 2.1AもしくはApple 2.4Aに対応したACアダプターって言われても、どれが対応してるのか分からない」という方も少なくないかと思いますが、iPad付属のACアダプターを持っている人はそれを使えばOKです。

iPad付属のACアダプターを持っていない人は、以下のようなACアダプターを使えばApple 2.1Aもしくは2.4Aのいずれかで充電することが可能です。 (↓のACアダプターはApple 2.4Aに対応)

iPhone付属の5W ACアダプターを使い続けてる人も多いですが、最近はワイヤレスイヤホンやポータブルバッテリーなど充電する機器も増えてきているので、ACアダプターに2000円ぐらい投資してみるのはいかがでしょうか。充電はほとんど毎日する作業なので、費用対効果は高いですよ。

タイトルとURLをコピーしました