PowerIQ 2.0はiPhone・iPadの充電が遅い?

「ほぼ全ての標準的なUSB機器にフルスピード充電」と謳われているPowerIQ 2.0ですが、LightningなiPhone・iPadは最高速度で充電されないっぽいです。

この話を進めるには、まず「iPhone・iPadを最高速度で充電できる規格は何なのか」ということを理解する必要があります。

USB PD対応のiPhone・iPadではUSB PDが最も高速な充電方式となりますが、PowerIQ 2.0はUSB Standard-AでありUSB PD非対応のため、Apple 2.4Aが最も速度の出る充電方式となります。

↑の写真はPowerIQ ACアダプタ (PowerPort I PD [A2056511]) でiPad Air 2を充電した際の写真です。iPadからApple 2.4A対応と認識され、5V/2.4Aが供給されています。

それに対して、PowerIQ 2.0 ACアダプタ (PowerPort Atom III (Two Ports) [A2322121]) で充電した際の写真が↑です。5V/2.0A程度での充電となっています。

ケーブルはどちらもApple純正品で、バッテリー残量も同程度です。そのため、通常であればPowerIQ 2.0でも2.4Aで充電されるはずですが、なぜかPowerIQ 2.0の方だけ電流値が小さいという結果でした。

言うまでもありませんが、A2322121のPowerIQ 2.0ポートはD+/D-には2.7Vが印加されています。そのため、理論上はデバイスからApple 2.4A対応として認識されるはずです。

調べてみたところ、別のPowerIQ 2.0搭載ACアダプタである「PowerPort II PD」も、iPhone Xが5V/1.2A程度で充電されたという報告が見つかりました。もちろんiPhone XもApple 2.4Aに対応しているため、本来であれば5V/2.4Aで充電されるはずです。

他にも、Amazonのレビューでも似たような報告がされていました (レビュー1レビュー2レビュー3) 。そのため、私の手元にあるPowerPort Atom III (Two Ports) 固有の症状というわけではなく、PowerIQ 2.0全般に共通した症状? 仕様? のようです。


以上説明したように、Ankerが「フルスピード充電」を謳っているPowerIQ 2.0は、LightningなiPhone・iPadを最高速度で充電できないっぽいのでご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました