Ankerのモバイルバッテリーに付属してきた変換アダプターが最悪だった

Ankerのモバイルバッテリーに付属してきた変換アダプターがUSB Type-Cの仕様に全く準拠していない最悪の代物だったので、何が最悪なのか解説します。

広告

問題の変換アダプターが付属してきたモバイルバッテリー

今回取り上げるのは「Anker PowerCore 10000 PD Redux 25W (モデル番号:A1246) 」に付属してきた変換アダプターです。

この変換アダプターの何が問題なのか

今回問題視しているのは、USB Type-Cケーブルと一緒に付属してきたこの変換アダプターです。

この変換アダプターは2つの点で明確にUSB Type-Cの仕様に違反しています。

そもそも禁止されているタイプの変換アダプター

まず1つ目の仕様違反は「USB Type-Cの仕様で禁止されているタイプのアダプターである」という点です。

USB Type-Cレセプタクル (USB Type-Cメス) to USBレガシーのアダプターは仕様で明確に禁止されており、これには今回のAnkerのアダプターも該当します。

USB Type-C receptacle to USB legacy adapters are explicitly not defined or allowed. Such adapters would allow many invalid and potentially unsafe cable connections to be constructed by users.

USB Type-C Cable and Connector Specification, Release 2.1, Section 2.2

USB Type-Cレセプタクル to USBレガシーのアダプターは100%の互換性や安全性を確保できないため、仕様で明確に禁止されています。

とはいえ、現実問題としてUSB Type-Cレセプタクル to USBレガシーのアダプターが大量に出回っているのはご存知の通りです。この手のアダプター自体は残念ながら珍しいものではないのですが、今回のAnkerの変換アダプターが輪にかけて悪いのが、これから説明する2つ目の仕様違反です。

CCが10kオームでプルアップされている

このAnkerの変換アダプターの2つ目の仕様違反は「CCが10kΩでVBUSにプルアップされている」という点です。

テスターで調べてみたところ、CC1とCC2の両方が10kΩでVBUSにプルアップされていました。

この変換アダプターを使用した場合、ケーブルはUSB Standard-A to USB Type-Cケーブル (以下A to Cケーブル) として機能することになります。

そしてUSB Type-Cの仕様では、A to CケーブルはCCを56kΩでVBUSにプルアップするように規定されています。

Source: USB Type-C Cable and Connector Specification, Release 2.1
Source: USB Type-C Cable and Connector Specification, Release 2.1
Source: USB Type-C Cable and Connector Specification, Release 2.1

10kΩはUSB Type-C Current 3A対応の電力供給側の機器が使用すべきプルアップ抵抗の値であり、A to CケーブルのようなDefault USB Powerの場合は56kΩの抵抗を使用しなければなりません。

このような誤った抵抗値でCCがプルアップされているケーブルやアダプターを使用した場合、電力供給側の機器のことを「USB Type-C Current 3A対応である」と給電される側の機器が誤って認識し、過負荷を掛ける恐れがあります。

実際に使ってみた

理論的な話ばかりしていてもピンとこないと思うので、この変換アダプターを使って実際に充電してみます。

※マネしないでください

USB Type-Cの仕様に準拠しているケーブルの場合

まずはUSB Type-Cの仕様に準拠しているケーブルでiPad Pro 11 (2021) を充電してみます。

USB Type-Cの仕様に準拠しているケーブルで充電した場合、iPad Pro 11 (2021) がACアダプターの出力を正しく認識するため、対応している充電規格の範囲内で安全に充電が行われます。

Ankerの変換アダプターを使って充電した場合

続いて、Ankerの変換アダプターとケーブルを使って充電してみます。

USB Type-Cの仕様に準拠しているケーブルで充電した場合は5V⎓1A (5W) で充電されていましたが、Ankerの変換アダプターを使って充電を行った場合は5V⎓3A (15W) で充電されています。これは、Ankerの変換アダプターのCCが10kΩでVBUSにプルアップされているせいで、iPad Pro 11 (2021) がACアダプターのことを「USB Type-C Current 3A対応だ」と誤って認識してしまっているためです。

この写真で使用しているACアダプターは5V⎓3Aを出力できるものなので問題ありませんが、5V⎓3A未満しか出力できないACアダプターやPC等と合わせて使用した場合は電源に過負荷が掛かり、電圧降下や異常過熱、故障などを引き起こす恐れがあります。そのため、このAnkerの変換アダプターは絶対に使用しないでください。

タイトルとURLをコピーしました