【設計不良品】Tronsmart USB PD対応48W ACアダプタ レビュー

この記事をシェアする

TronsmartブランドのUSB PD対応48W ACアダプタ(型番:W2DT)を購入しましたので、レビューを行います。

対象の製品

クイックレビュー

USB PDの信号に問題のあるACアダプタです。必要性がないのにDual-Role Dataのビットが1に設定されています。

また、製品外装のPSEマークの表示が法律で定められている要件を満たしていません。そのため、この製品の日本国内での販売は違法です。

以上の理由により、この製品はオススメしません。

テスト項目

  • USB PD: Yes [Bad?]
  • Split PDO: No [Good]
  • Vbus Hot: No [Good]
  • Bridged CCs: No [Good]

使用機器

  • メディアロジック USB Power Delivery アナライザ DTW2U3 『PDワットみるC』 (製品ページ)
  • Apple USB-C充電ケーブル (型番:MLL82AM/A)
  • Google USB Type-C to Type-C ケーブル (型番:不明 | 製造番号:不明 | 22.5W ACアダプタの付属品)
  • その他、電子負荷やType-Cブレークアウトボードなど
広告

開封・製品画像

  • Model: W2DT
  • Input/入力: AC 100-240V 50-60Hz 1.2A(Max)
  • Output/出力(Quick Charge 3.0): DC 3.6-6.5V/3A, 6.5-9V/2A, 9-12V/1.5A
  • Output/出力(Type-C): DC 5V/3A, 9V/3A, 15V/2A
  • Made in China
  • PSEマーク: あり (ひし形 / テュフ ラインランド / 届出事業者名なし)

電気用品安全法で定められているひし形PSEマークの表示があるものの、届出事業者の名称が載っておらず、法律で定められている要件を満たしていません。そのため、この製品の日本国内での販売は違法です。

広告

USB PD

Tronsmart W2DTが送信しているSource_Capabilitiesメッセージは以下の通りでした。

出力

Tronsmart W2DTの製品外装には5V/3A、9V/3A、15V/2Aの3系統の出力が記載されており、これは上記のFixed Supply PDOと一致しており、問題はありません。

Dual-Role Data

Tronsmart W2DTの送信しているSource_Capabilitiesメッセージは『Dual-Role Data』のビットが1となっています。

ACアダプタから機器に対して給電するということだけが目的であれば、DRDのビットを1と設定する必要はありません。そのため、ただのACアダプタであるTronsmart W2DTのDRDのビットは0に設定されているのが適切です。

DR_Swap

Mi Notebook Air 12.5をTronsmart W2DTに接続したところ、Tronsmart W2DTに対して『DR_Swap』の信号を送信しており、更に悪いことにTronsmart W2DTはそれをAccpetしていました。

このDR_Swap(Data-Role Swap)はデータ通信における役割(DFPとUFP)を入れ替えるために使用される信号であり、通常であればDual-Role Dataの値が0と設定されている機器に対しては送信されることのない信号です。

また、Tronsmart W2DTがDR_SwapをAcceptし、実際にData-Roleが入れ替わっているのも問題です。例えば「USB PDに対応したハブ(ドッキングステーション)」等であればDR_Swap等が行われるのも当然ですが、今回のTronsmart W2DTは単なるACアダプタです。恐らく採用されているUSB PDコントローラがハブなどにも使用できる高機能なものだと推測されますが、開発陣は各種設定項目が何を意味しているのかあまりよく理解しないで設計したようです。

Split PDO

Tronsmart W2DTは最初に5V/3A、9V/3A、15V/2AのFixed Supply PDOを含むSource_Capabilitiesメッセージを送信し、ネゴシエーション後にPDOが追加されているSource_Capabilitesメッセージを送信するような挙動は見られなかったため、Split PDOではない模様です。

広告

その他

Vbus

Tronsmart W2DTはUSB Type-C/USB PDの規格通り、CCでSinkの接続を検出するまでVbusに電圧を印加しません。

Configuration Channel

Tronsmart W2DTのCC1/CC2はUSB Type-Cの規格通り、それぞれが別個のRpでプルアップされています。

広告

所感

規格うんぬん以前に法律無視でモノを売っといて何言ってんだという感じです。寝言は寝てから言ってほしいですね。

※当ブログのUSB Type-C関連記事がお役に立ちましたら、hanpenblog[a]gmail.com宛に100円ぐらいAmazonギフト券を送って下さるとやる気とType-C製品の購入資金に繋がります。