Mi ANC & Type-C In-Ear Earphones レビュー

この記事をシェアする

XiaomiブランドのUSB Type-Cイヤホンを買ったので、簡単にレビューしてみます。

開封・製品画像

使った感想など

音質

正直、音質的に褒めるような箇所はないです。普通と言うか、「まぁこんなもんだよね」って感じです。

ボーカルが前に出てくる感じなので、楽器の音を聞きたい人にはあまり向かないです。あと、個人的にはもっと解像度が欲しいと感じました。

装着感

装着感もカナル型としては普通です。インナーイヤー型(イントラコンカ型)に比べたら安定性は高いですが、いわゆるShure掛けタイプよりは明らかに劣ります。

ノイズキャンセリング

Mi ANC & Type-C In-Ear Earphonesはノイズキャンセリング搭載のイヤホンとしては安価な部類ですが、多少なりともノイズをキャンセルしてくれます。少なくとも飾りではないです。

最後にノイズキャンセリングイヤホンを所有していたのが4~5年前なので記憶がおぼろげですが、少なくともその4~5年前のSonyのノイズキャンセリングイヤホンと同程度の消音機能はあるように感じました。電車等で使うと明らかに騒音が減ります。

互換性

皆さん気になるのが「自分のスマホでは使えるんだろうか?」という部分だと思いますが、恐らく心配は不要です。

私の所有するUSB Type-Cスマホ (Nexus 5X、Nextbit Robin、HTC 10、Xperia XZ1 Compact)で試したところ、Nextbit Robin以外の3機種では問題なく動作しました。

Nextbit Robinのみ動作しませんでしたが、これはRobinがUSB Type-CのDual-Role Powerに対応していないことが原因です。RobinのUSB Type-Cポートは受電専用で、給電が出来ないため、イヤホンが機能しなかった、ということです。

私が知る限りDual-Role Powerに対応していないUSB Type-CスマホはNextbit Robinだけなので、Robinユーザー以外の方であれば、ほぼ間違いなくMi ANC & Type-C In-Ear Earphonesを使えると思います。

広告

所感

ちゃんと規格通りデジタル接続なのか、ほぼ全てのスマホで使えたので、とりあえず目的は達成できました。

USB Type-CなMMCXケーブルが出てくるまでの持ち運びイヤホンとして使おうと思います。

Mi ANC & Type-C In-Ear Earphonesは以下の通販サイトで販売されています。