AUKEY USB PD対応2ポートACアダプタ PA-Y10 レビュー

この記事をシェアする

AUKEYブランドのUSB PD対応2ポートACアダプタ(型番:PA-Y10)を購入しましたので、レビューを行います。

対象の製品

クイックレビュー

外装の表記と、実際に送信されるSource_Capabilitiesメッセージの内容が一致していません。また、ACアダプタであるにも関わらず何故かDual-Role Dataのビットが1に設定されています。

現実的に何か問題が起きる可能性は低いと思いますが、一応オススメはしません。

使用機材

  • メディアロジック USB Power Delivery アナライザ DTW2U3 「PDワットみるC」 (製品ページ / Amazon)
  • Apple USB-C充電ケーブル (型番:MLL82AM/A)
広告

開封・製品画像

  • 56.5W Turbo Charger
  • Model/型番: PA-Y10
  • In/入力: 100-240V ~1.5A 50/60Hz
  • USB-C Out/出力: (PDO) 5V==3A / 9V==3A / 12V==3A / 15V==3A / 20V==2.3A
  • (PPS) 3V-16V==3A
  • USB-A Out/出力: 5V==2.1A
  • AQH49
  • PSEマーク: あり (ひし形 / テュフ・ラインランド / SQグローバル株式会社)
広告

USB PD (Fixed Supply)

AUKEY PA-Y10は機器を接続すると以下の内容のSource_Capabilitiesメッセージを機器に対して送信していました。

20VのPDOが外装の表記と一致しない

AUKEY PA-Y10の外装では20Vの出力は最大2.3Aとなっていますが、実際に送信している20VのFixed Supply PDOでは最大2.25Aとなっています。

最大出力が0.05A(1W)違っているだけなので、実使用において何か支障が出る可能性はほぼゼロでしょう。かといって、この数値の不一致を安易にOKと言ってしまうのもそれはそれでどうかと思います。

なぜかというと、USB PDの信号(PDO)で通知される電圧・電流は0.05V(50mV)・0.01A(10mA)刻みで設定される数値だからです。「指定された値になっていない」という意味では、5Aズレていようが、0.5Aズレていようが、0.05Aズレていようが同種のミスなわけです。

なので、外装の表記と実際のUSB PDの信号が一致しないというのは安易に許容すべきではないと私は思います。

Dual-Role Dataの値が1になっている

AUKEY PA-Y10の送信しているSource_CapabilitiesメッセージではDual-Role Dataの値が1となっています。

例えば、Data Role Swapを必要とするUSB PD対応ハブやドッキングステーションなどでは、接続先の機器(ノートPCなど)に対してData Role Swapに対応していることを示すためにDual-Role Dataの値が1と設定されている必要があります。

それに対して、単にUSB PDで電力を供給するだけであればPPSを含めてData Role Swapは不必要であるため、通常、ACアダプタではDual-Role Dataの値は0と設定されています。

本当にAUKEY PA-Y10がData Role Swapに対応しているのであれば1と設定されているべきですが、単純なACアダプタであるPA-Y10がData Role Swapに対応しているとは考えにくいため、Dual-Role Dataのビットは0と設定されているのがベストだと考えられます。

広告

Vbus

AUKEY PA-Y10はUSB Type-Cの規格通り、Sinkが接続されるまでVbusに電圧を印加しません。

広告

Configuration Channel

AUKEY PA-Y10のConfiguration ChannelはUSB Type-Cの規格通り、それぞれが別個のRp抵抗でプルアップされています。

所感

「外装の印刷とSource_Capabilitiesメッセージが一致していない」「Dual-Rola Dataの値が1になっている」ということで、ちょいちょい気になる点のあるACアダプタです。まぁ多分問題は起きないとは思いますが、ちょっと人には勧められないですね。

45W以上を出力できるマトモなUSB PD対応ACアダプタをお手頃価格で入手できるようになるのはもう少し先になりそうです。