USB-IF認証済み? Inateck USB PD対応45W ACアダプタ レビュー

この記事をシェアする

InateckブランドのUSB PD対応45W ACアダプタ(型番:UC1002)を購入したので、レビューを行います。

対象の製品

クイックレビュー

パッと見はマトモっぽいものの、細かいところで怪しい挙動をしているACアダプタです。それらの挙動が原因で機器の破損等を招く可能性は低いと思いますが、若干の不安は残ります。

「今すぐUSB PDで45Wを出力できるACアダプタが必要なんだ!」みたいな人であれば止めはしませんが、そうでない人以外はわざわざ買うような製品ではないと思います。

テスト項目

  • USB PD: Yes (45W) [Good?]
  • Split PDO: Yes? [Bad]
  • USB BD DCP: Yes [Good]
  • Apple 12W: Yes
  • Quick Charge: No
  • 過電流防止: Yes [Good]
  • Vbus Hot: No [Good]
  • Bridged CCs: No [Good]

使用機器

  • メディアロジック USB Power Delivery アナライザ DTW2U3 『PDワットみるC』 (製品ページ / Amazon)
  • 横河計測 ディジタルマルチメータ 732-03 (製品ページ / Amazon)
  • Apple USB-C充電ケーブル (型番:MLL82AM/A)
  • Apple USB-C – Lightningケーブル (型番:MK0X2AM/A)
  • Google USB Type-C to Type-C ケーブル (型番:不明 | 製造番号:不明 | 22.5W ACアダプタの付属品)
  • その他、電子負荷やType-Cブレークアウトボードなど
広告

開封・製品画像

  • SWITCHING ADAPTER
  • UCC1002/ASSA73g-05091520300
  • MODEL: ASSA73a-05091520300
  • INPUT: 100-240V~50/60Hz 1.2A
  • OUTPUT: 5.0V==3.0A or 9.0V==3.0A or 15.0V==3.0A or 20.0V==2.25A
  • PSEマーク: あり (ひし形 / JET / Inateck株式会社)
  • AQUIL STAR PRECISION INDUSTRIAL (SHENZHEN) CO., LTD.
広告

USB-IF認証について

製品外装には色々型番ぽい記号が書かれていてどれが型番なのか分かりにくいですが、「ASSA73a-05091520300」でUSB-IF認証済みACアダプタのリストを検索すると1件ヒットしました。(Test IDは1000087)

45Wという出力やAquil Star Precision Industrial (Shenzhen) Co., Ltd.という製造元が一致していることから、今回レビューを行っているInateck UCC1002とリストに載っているASSA73a-05091520300は同一製品であると考えられます。

販売に当たって「USB-IF認証済み」などとは謳われていませんが、Inateck UCC1002はUSB-IF認証済みACアダプタと見なして良さそうです。

広告

USB PD

Inateck UCC1002はUSB PDに対応しており、機器を接続すると「5V/3A」「9V/3A」「15V/3A」「20V/2.25A」という4つのFixed Supply PDOを持つSource_Capabilitiesメッセージを送信します。

このSource_Capabilitiesメッセージは外装の表記と一致しており、その点においては特に問題はありません。しかしながらこれとは別に、1点少し気になる挙動を確認しました。

それは、USB PDのネゴシエーション後にDicover Identify/SVIDsの送受信を行っていたという点です。

Discover Identify/SVIDsというのは、簡単に言うとAlternate Modeに入る前に行われる「あなたは何者ですか?」「私はこういう者です」「あなたは何に対応しているんですか?」「私はXXに対応しています」という確認の信号です。そのため、それらがやり取りされていたからと言っていきなり何か悪影響を及ぼすようなことはありません。

しかしながら、「機器にUSB PDで給電する」という目的に対して必要なやり取りかというと、それはそれでノーです。

Discover Identify/SVIDsの後にAlternate Modeに入ったような形跡もなかったのでなかなか悪いとも断言できませんが、多少の気持ち悪さが残ります。

(とあるベンダ製コントローラICのファームウェアアップデート用の機能という説もありますが、もしそうだとしたらサードパーティ製ACアダプタでファームウェアアップデートなんてものが行われるとは思えないので、あまり良い挙動ではないと思います)

広告

Split PDO

Inateck UCC1002はSplit PDOの可能性があります。

「可能性がある」とは何とも曖昧な表現ですが、その理由はiPad Pro 10.5を接続した時にだけ確認したからです。

Inateck UCC1002は機器が接続されると「5V/3A」「9V/3A」「15V/3A」「20V/2.25A」という4つのFixed Supply PDOを持つSource_Capabilitiesメッセージを送信します。これはiPad Pro 10.5を接続した場合に限らず、すべての機器で行われます。

普通はその後にネゴシエーションが行われて終わりなのですが、このInateck UCC1002の場合、iPad Pro 10.5を接続した場合でだけネゴシエーション後に「5V/3A」「15V/3A」という2つのFixed Supply PDOを持つSource_Capabilitiesメッセージを送信していることを確認しました。

この挙動の問題点は「送信されているPDOが少ない」という点です。正常な動作であれば5V・9V・15V・20Vという4つのPDOが機器に対して送信されるはずですが、もしこのSplit PDOな挙動が起きた場合、機器に送信されるPDOは5Vと15Vの2つのみとなります。世界中のあらゆるUSB PD製品と接続テストをしたわけではないので起こるか起こらないかは未知数ですが、例えば20Vを必要とするノートPCに接続した際にこの挙動が起きた場合、正常に給電できないことが予想されます。

ちなみに、iPad Pro 10.5は15Vでの給電に対応しているため、表面上は全く問題なく高速充電されているように見えます。

USB BC DCP

Inateck UCC1002はUSB BC DCPに対応しています。

Apple 12W

Inateck UCC1002はApple独自の12W(2.4A)給電に対応しています。

過電流防止機構

Inateck UCC1002は過電流を防止する機構を備えており、5V時では約17Wで出力がシャットダウンされました。

Vbus

Inateck UCC1002はUSB Type-Cの規格通り、機器が接続されるまでVbusに電圧を印加しません。

Configuration Channel

Inateck UCC1002のCC1・CC2はUSB Type-Cの規格通り、それぞれが別個のRpでプルアップされています。

所感

USB Type-Cオタクの間では「USB-IF認証済みであっても鵜呑みにするのは早計」というのがもっぱらの共通認識でしたが、図らずもそれをなぞるようなテスト結果となってしまいました。

食品業界におけるモンドセレクションのように、「USB-IF Certifiedは金で買える有名無実な謳い文句」なんて状態にならないことを願います。

※当ブログのUSB Type-C関連記事がお役に立ちましたら、hanpenblog[a]gmail.com宛に100円ぐらいAmazonギフト券を送って下さるとやる気とUSB Type-C製品の購入資金に繋がります。