USB-IF認証済み Anker PowerPort I PD レビュー

この記事をシェアする

AnkerブランドのUSB PD 30W対応ACアダプタ「PowerPort I PD」(型番:A2056511)を購入しましたので、レビューを行います。

対象の製品

クイックレビュー

問題なく使用できると考えられるUSB-IF認証済みACアダプタです。

既存のPowerPort+ 5 USB-C [A2053511] (レビュー記事)とスペック的には同じであり、大きさや重量もほぼ同じであるため、どちらかを買うのであれば少し安いこのPowerPort I PD [A2056511]の方をオススメします。

使用機器

  • メディアロジック USB Power Delivery アナライザ DTW2U3 「PDワットみるC」 (製品ページ / Amazon)
  • 横河計測 ディジタルマルチメータ 732-03 (製品ページ / Amazon)
  • Apple USB-C充電ケーブル (型番:MLL82AM/A)
  • その他、電子負荷やType-Cブレークアウトボードなど
広告

開封・製品写真

  • PowerPort I PD with 1 PD and 4 PIQ
  • USB-C PD USB 急速充電器
  • Model/品番: A2056
  • Input/入力: 100-240V-1.7A
  • PD Output/PD 出力: 5V==3A / 9V==3A / 15V==2A / 20V==1.5A
  • PowerIQ Output/PowerIQ 出力: 5V==6A (2.4A Max Per Port)
  • Anker Technology Co., Limited
  • Made in China
  • PSEマーク: あり (TÜV SÜD PSB Pte Ltd / ひし形 / アンカー・ジャパン株式会社)
  • SN: AFYC4P0751280933
広告

A2053511 V2との比較

広告

USB-IF認証済み

Anker A2056511は特に「USB-IF認証済み」などとは謳われていませんが、実際はUSB-IFのテストをパスしているようです。

USB-IFが公開している認証済みACアダプタのリストを確認したところ、「Anker Innovations Limited」の「A2056」という製品が記載されていました。

型番以外の製品名や出力といった要素も製品外装の印刷と一致するため、今回レビューを行っているA2056511とリストのA2056は同一の製品だと考えられます。

広告

USB PD

Anker A2056511のUSB Type-Cは最大30WのUSB PDに対応しています。

実際のUSB PDのパケットを確認したところ、製品外装に印刷されている「5V/3A」「9V/3A」「15V/2A」「20V/1.5A」と同じ出力(PDO)を含むSource_Capabilitiesメッセージを送信していました。

その他に気になる点もなかったため、USB PDの通信に関して特に問題はないと考えられます。

iPad Por 10.5を接続した場合

Anker A2056511のUSB Type-CポートににApple純正ケーブルを使ってiPad Pro 10.5を接続したところ、15V/2AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、最大約30Wで高速充電が行われていました。

USB BC DCP

Anker A2056511のUSB Type-CポートはUSB BC DCPに対応しているため、旧型のiPhone/iPadやAndroid端末でも問題なく充電できると考えられます。

Apple 2.4A

Anker A2056511のUSB Type-CポートはApple独自の2.4A(12W)給電に対応していません。

その他

Vbus

Anker A2056511のUSB Type-CポートはUSB Type-C/USB PDの規格で定められているCold Socketに対応しており、機器が接続されるまでVbusに電圧を印加しません。

Configuration Channel

Anker A2056511のUSB Type-Cポートは規格通りCC1とCC2がそれぞれ別個のRpでプルアップされています。

所感

スペック的には以前からあるA2053511 V2とまったく同じで、なぜ新モデルを出したのか謎です。

その辺の事情はともかく、USB-IF認証済みっぽいですし、何よりこのスペックで3500円という値段は割安なのでオススメできると思います。(ちなみにアメリカだと約55ドルします)