iPad Pro 11 (2018) 付属のACアダプタとケーブルの仕様を調べてみた

iPad Pro 11 (2018) 付属のACアダプタとケーブルの仕様を確認してみました。多分iPad Pro (2020) の付属品も同じ仕様のはずです。

広告

ケーブル

ケーブル内臓のeMarkerが送信するSOP’のDiscover Indentifyコマンドによると、このケーブルはUSB 2.0で5A対応のようです。

iPad Pro 2018の発表と同時に「USB-C充電ケーブル(1m)MUF72FE/A」が製品ラインナップに追加されたので、おそらくそれと同一品と思われます。

ACアダプタ

USB PD

ACアダプタの型番は「A1720」で、出力は「5V/3A」「9V/2A」と記載されています。

USB PDのリビジョンは2.0で、Source_Capabilitiesメッセージの内容は、外装の印刷と同じ「5V/3A」「9V/2A」のFixed Supply PDOでした。

この出力はUSB PDのパワールール通りであり、iPad Proはもちろんのこと、Apple以外のUSB Type-C製品とも高い互換性が期待できます。

USB PD以外の充電規格

このACアダプタが対応しているのはUSB BC 1.2 DCPのみで、Apple 2.4AなどのApple独自プロトコルには対応していません。

色々充電してみた

iPad Pro 11

iPad Pro 11 (2018) を接続したところ、9V/2AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、約18Wが供給されていました。

iPad Air 2

USB PD非対応のiPad Air 2を接続したところ、約14Wが供給されていました。

Apple 18W ACアダプタ (A1720) はApple 2.4A等には非対応であるため、iPad Air 2からはただのUSB BC 1.2 DCP対応ACアダプタとして見えるはずですが、なぜか3A近くまで引いていました。理由は不明です。

ThinkPad Yoga 370

ThinkPad Yoga 370を接続したところ、9V/2AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、約18Wが供給されていました。

Nintendo Switch

Nintendo Switch (2019) を接続したところ、9V/2AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、約12Wが供給されていました。

Pixel 3

Pixel 3を接続したところ、9V/2AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、約16Wが供給されていました。

OnePlus 7T

OnePlus 7Tを接続したところ、5V/3AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、約15Wが供給されていました。

細かい話

上の画像は、iPad Pro 11 (2018) を付属のACアダプタとケーブルで充電した際のUSB PDのメッセージのログです。

まず気になったのが、5VのRequestメッセージのCapability Mismatchのビットが1になっている点です。Capability MismatchはSinkの電力要求をSourceが満たせない場合に1とセットされるため、「付属のACアダプタなのに出力が足りないのか?」と思ったのですが、どうもちょっと違うようです。

いろいろ試してみたのですが、iPad Pro 11は18W未満でネゴシエーションする場合にもれなくCapability Mismatchのビットを1にセットしていました。MacBookシリーズも、付属ACアダプタ未満 (MBP 13″であれば60W未満、MBP 15″であれば86W未満) の電力でネゴシエーションを行う場合にはもれなくCapability Mismatchのビットを1にするようなので、「供給されている電力が付属ACアダプタ未満」ということを示しているだけのようです。なのでCapability Mismatchが1になっているからといって、あまり気にする必要はなさそうです。

次に気になったのが、Apple Alternate Modeです。上記のログの通り、VID 05ACのAlternate Modeに入っていました。05ACは10進数にすると1452であり、1452はAppleのUSB Vendor IDであるため、これはApple独自定義のAlternate Modeです。

Apple純正のUSB Type-C ACアダプタで充電しているMacBookシリーズはシステム情報にACアダプタのシリアルナンバーが表示されますが、あれはシリアルナンバーがApple Alt ModeでMacBookへ伝えられることによって実現しています。そのため、恐らくiPad Pro 11でもMacBookシリーズのようにシリアルナンバー等のやり取りが行われているものと思われます。

タイトルとURLをコピーしました