au版Galaxy S9をdocomo化してみた

au版Galaxy S9 (SCV38) にdocomo版Galaxy S9 (SC-02K) のソフトウェアを焼いてdocomo化してみました。

docomo化の手順

SC-02Kのソフトウェアをダウンロードする場合

SCV38のソフトウェアをダウンロードする場合

Galaxy S8のdocomo化と同じ手順なので、詳しくは説明しません。SamFirmでソフトウェアをダウンロードして、Odinで焼くだけです。

Download Modeの起動方法は、電源オフの状態で、音量↓ボタンとBixbyボタンを押しながら電源ボタン押下です。 “adb reboot download” でもOK。

ちなみに、音量↑ボタンとBixbyボタンを押しながら電源ボタンを押すとRecovery Modeで起動します。

docomo化した結果

docomo化した結果ですが、普通にどの機能も問題なく動作しました。スマートフォンとしての基本的な諸々の動作はもちろん、ワンセグ・フルセグも問題なく、KNOXカウントが上がるようなこともありませんでした。もちろんアップデートも降ってきます。おサイフケータイは元々使っていないので不明です。

で、肝心の対応バンドです。

どうもGalaxy S8とは違い、au版の個体にdocomo版のソフトウェアを焼いても対応バンドまではdocomo化しないようです。1時間ぐらい電車で移動している時にService Modeを眺めていたのですが、掴んでいたのはBand 1、Band 3、Band 1+42+42 (CA_1A-42C) の3種類だけでした。 (B28も掴めるはずですが、私は確認できませんでした)

docomo化する意味ないですね。

オマケ

Galaxy S9でのService Mode等の開き方は、Galaxyのダイアラーで

  • *#0011# / 接続中のバンドを表示
  • *#2683662# / MAIN MENU (日本版はMENU NOT EXIST)
  • *#12580*369# / ソフトウェアのハードウェアのバージョンを表示

Band Selectionアプリを起動する方法は、

  • Shortcut Master (Lite)をインストール
  • Shortcut Master (Lite)を起動
  • 右上の3点メニュー
  • App Explorer
  • 「Hidden Network Setting」
  • MainActivity
  • Launch