Redmi K20 Proの充電に関する仕様を調べてみた

Xiaomi Redmi K20 Proを購入したので、充電に関する仕様を調べてみました。

広告

購入したモデル

コードネーム “raphael” のXiaomiスマートフォンは、中国・インドではRedmi K20 Proとして、それ以外の国ではMi 9T Proとして販売されていました。今回私が購入したのは中国版のRedmi K20 Pro (M1903F11A) です。

今回調査を行った際にインストールしていたMIUIのバージョンはMIUI 12.0.4 China Stable 12.0.4.0 QFKCNXMです。

Redmi K20 Proの充電に関する公式スペック

XiaomiのRedmi K20 Pro製品ページを確認すると、27W急速充電 (Mi Charge Turbo 27W) およびQC4+ (Quick Charge 4+) に対応していることが謳われています。

色々なACアダプターで充電してみた

Quick Charge 3.0 (Class A) ACアダプター

Quick Charge 3.0 Class Aに対応しているUSB Standard-A ACアダプターでRedmi K20 Proを充電したところ、約15Wが供給されていました。

Redmi K20 Proの画面上の表示は「Quick charge」でした。

Quick Charge 3.0 (Class B) ACアダプター

Quick Charge 3.0 Class Bに対応しているELECJET X21のUSB Standard-Aポートで充電したところ、約23Wが供給されていました。

Redmi K20 Proの画面上の表示は「MI TURBO CHARGE」だったため、Mi Charge Turbo 27Wが有効になっていたと考えられます。

USB PD (PPS非対応) ACアダプター

PPS非対応のUSB PD 60W ACアダプター Anker A2015113で充電したところ、9V 3AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、約17Wが供給されていました。

Redmi K20 Proの画面上の表示は「Quick charge」でした。

USB PD PPS ACアダプター

PPS対応のUSB PD 65W ACアダプター Anker A2712121で充電したところ、3.3〜11.0V 3.25AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、約27Wが供給されていました。

Redmi K20 Proの画面上の表示は「Quick charge」でした。

iPad Pro 11 (2018)

iPad Pro 11 (2018) で充電したところ、5V 1.5AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、約7.5Wが供給されていました。

Redmi K20 Proの画面上の表示は「Quick charge」でした。

Xiaomi純正ACアダプター

Mi Charge Turbo 50Wに対応しているXiaomi純正ACアダプター Xiaomi AD65Gで充電したところ、PPS 5.0〜11.0V 5.0AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、約27Wが供給されていました。

USB PDのパケットを確認したところ、Redmi K20 ProとACアダプターの間でお互いがXiaomi製品か確認しているような挙動をしていました。

Redmi K20 Proの画面上の表示は「MI TURBO CHARGE」でした。

今回の調査で分かったこと・推測されること

  • Mi Charge Turbo 27W = Quick Charge 3.0 Class B
  • PPSに対応しているACアダプターであれば、QC4+対応デバイスをQC4+で充電可能っぽい
  • USB PDで充電している際もRedmi K20 Proの画面上の表示は「Quick charge」だったため、「Quick charge」表示はQualcomm Quick Chargeで充電していることを示しているわけではない
  • iPad Pro 11 (2018) で充電した際もRedmi K20 Proの画面上の表示は「Quick charge」だったため、とりあえずUSB PDのネゴシエーションが行われていればワット数が低くても「Quick charge」表示になる模様
  • 充電中のRedmi K20 Proの画面に「MI TURBO CHARGE」と表示される条件は、Quick Charge 3.0 Class Bで充電すること、またはACアダプターがXiaomi Alt Modeに対応していること
    • QC3.0 Class Bで充電する場合は必ずしもXiaomi純正品である必要はない
    • Xiaomi Alt ModeはXiaomi純正品またはZMIのACアダプターしか対応してなさそう

Redmi K20 Proを最速で充電したいのであれば、USB PD PPSに対応しているACアダプターを使えばOKです。必ずしもXiaomi純正品は必要ではありません。

Anker PowerPort III 65W Pod レビュー : USB PD充電器に迷ったらこれを買うべし (2020)
PowerIQ 3.0 (Gen2) を搭載しているAnkerのUSB PD 65W充電器「PowerPort III 65W Pod」を購入したのでレビューします。
タイトルとURLをコピーしました