DeskMini X300 + Ryzen 7 PRO 4750Gで組んだ感想

DeskMini X300 + Ryzen 7 PRO 4750Gで組みました。

DeskMini A300の分も含めると非常に多くのサイトでレビューが公開されているので今さら私が書くまでもない気もしますが、自分用の備忘録も兼ねて、DeskMini X300 + Ryzen 7 PRO 4750Gの組み合わせで組んで使った感想を書きたいと思います。

広告

今回組んだ構成

パーツのジャンル選んだパーツ購入価格 (10%税込)
M/B・ケース・電源ASRock DeskMini X300¥21,868
CPU (APU)AMD Ryzen 7 PRO 4750G¥43,978
CPUクーラーNoctua NH-L9a-AM4¥5,810
RAMG.Skill F4-3200C22D-32GRS¥12,520
ストレージWestern Digital SN750 1TB WDS100T3XHC¥16,200
Wi-Fi・BluetoothIntel AX200.NGWG.DTK¥3,011
防塵フィルターSilverStone SST-FF143B¥1,078
合計¥103,099

今回新しく用意したのはこれらです。これに加えて2.5インチの2TB HDDを倉庫用に突っ込みました。

アクシデント1: SSDとCPUクーラーが接触

DeskMini A300/X300で組む場合、M.2 SSDのヒートシンク選びは気をつけたほうが良いです。CPUクーラーによってはヒートシンク同士が接触します

今回メインドライブとして使用したWestern Digital SN750には「ヒートシンクなし」と「ヒートシンクあり」のモデルの2種類が用意されており、私は「ヒートシンクあり」の方を選びました。しかし、これが失敗でした。

写真の通り、CPUクーラーのヒートシンクとSSDのヒートシンクが接触しています。運良くギリギリで装着できましたが、使用するヒートシンクや他のパーツの工作精度次第では装着できないという場合もありえるのではないかと思われます。

DeskMiniシリーズではCPUクーラーにNoctua NH-L9を使用する人も多いと思いますが、AMD版のNoctua NH-L9a-AM4はヒートシンクがM.2スロットギリギリまで迫るため、SSD用ヒートシンクは横幅のないものを選ぶことを推奨します。

アクシデント2: シャットダウン状態で異音がする

DeskMiniシリーズは「ACアダプターからコイル鳴きが」とか「CPUクーラーから異音が」など、全体的にコイル鳴き報告が多いようですが、私のDeskMini X300もそうでした。

私の個体で起きたのは「電源オフ状態だとフロントUSBポート周辺からピーというかジーというような音がする」というものでした。

ここ5〜10年ぐらいで発売されたPCは高速スタートアップのために (?) 、シャットダウンしても完全に電源が落ちず、微妙に電気が流れっぱなしになるようになっています。私のDeskMiniではこれが悪さをしていたらしく、電源オフ状態 (シャットダウン状態) だと「ピー」というような音が鳴る現象が発生しました。

微弱な電流が流れっぱなしになることが原因だと推測し、シャットダウン時に完全に電源を落とすようにしたところ、症状は改善しました。UEFIで「Advanced」→「ACPI Configuration」→「Deep Sleep」をEnabledに変更すると、シャットダウン時に完全に電源が落ちるようになります。

アクシデント3: スリープに対応していない

DeskMini X300はスリープに対応していません。正直、スリープに対応していないというのは完全に盲点で、実際に使い始めてから初めて気づきました。

ちなみにASRockの製品ページを読むと、しれっと書いてあったりします。

DeskMiniX300シリーズはS3機能をサポートしていません。

https://www.asrock.com/nettop/AMD/DeskMini%20X300%20Series/index.jp.asp#Specification

同じAMD DeskMiniでもA300のほうはスリープ機能 (電源S3ステート) をサポートしているようなので、X300もUEFIアップデートでサポートするようにならないかなぁと淡い期待をしています。 (アップデートでどうにかできるものなのか知らんけど)

 
広告

8コア16スレッドを全力でブン回すと熱い

いくつかのアクシデントを乗り越え、実際にDeskMini X300 + Ryzen 7 PRO 4750Gをしばらく使った正直な感想は「この大きさに8コアのデスクトップ向けCPU (APU) は無理がある」です。

DeskMini X300 + Ryzen 7 PRO 4750Gを全力でブン回した場合、冷却が追いつかないためCPU温度が95℃近くまで上昇し、最終的にクロックが落ちます。

当然、CPUに全力で負荷を掛ければCPUファンも全力で回り、Noctua NH-L9であってもそれなりに音がします。耳障りな異音はせず風切り音だけなのはさすがNoctuaといったところですが、そうは言っても普通にうるさいです。

DeskMini X300を使った全体的な感想

長所

  • ATX電源ほどの大きさにデスクトップ向けCPU (APU) を搭載できる
  • 安い

短所

  • Ryzen 7 PRO 4750Gを全力で回した場合、95℃ぐらいまで温度が上昇して最終的にクロックが落ちる
  • Noctua NH-L9を使えば無負荷時はほぼ無音だが、負荷が掛かるとそれ相応に騒音がする
  • HDDを搭載すると振動がケースに伝わってうるさい
  • 電源ボタンを押したりUSBメモリを挿抜すると、小型・軽量すぎてDeskMini本体が動いてしまう
  • I/Oが弱い (USB 3.1 5Gbps止まり、背面のUSBポートが少ない)
  • スリープできない
  • 電源オフ時のコイル鳴き

NUC含めて小型PCは今回のDeskMini X300が初めてだったのですが、「なるほど小型PCを組むとこういう感じなのねー」という勉強になりました。全力でブン回すとそれなりにCPUファンの音がすること、HDDの振動が響くこと、電源ボタンを押したりUSBを挿抜すると小型・軽量すぎてDeskMini本体が動いてしまうこと、といった事象が不満点で、そもそも小型PCがnot for meだったっぽいです。次からは普通にタワー型で組むことにします。

個人的な話は置いといてDeskMini X300に話を戻すと、DeskMini X300にはRyzen 5 PRO 4650GかRyzen 3 PRO 4350Gのどちらかをオススメします。このサイズに8コアは無理です。瞬間最大風速的に8コアがフル稼働するような使い方ならともかく、5〜10分以上負荷を掛け続けるような使い方をした場合、CPU温度が95℃まで上昇しクロックが落ちます。

X300の前モデルであるDeskMini A300がそれなりに高評価だったのは、良くも悪くもその時点での最高スペックのAPUが4コアなRyzen 5 3400Gだったからでしょう。4750Gも3400Gと同じTDP 65Wとはいえ、コア数が8コアに増えればそれ相応に発熱も増大します。そして、DeskMiniに収まるサイズのCPUクーラーでは8コアを御することはできないため、DeskMiniにRyzen 7 PRO 4750Gを組み合わせるのは現実的ではありません。4コアなRyzen 3 PRO 4350Gか、スペックを上げるとしても6コアなRyzen 5 PRO 4650Gに留めておくことをオススメします。

関連記事

DeskMini X300にIntel Wi-Fi AX200を組み込んでみた (AX200.NGWG.DTK レビュー)
先日、DeskMini X300で一式組みました。最新のRyzen 4000シリーズAPU "Renoir"で組むならWi-Fi / Bluetooth周りも最新のもので組みたいところですが、DeskMini用のASRock純正W

タイトルとURLをコピーしました