Galaxy S20 FEのUSB Type-Cポートの仕様を調べてみた

対応している急速充電規格やDisplayPort Alternate Modeなど、Galaxy S20 FEのUSB Type-Cポートの仕様を調べてみました。

※Galaxy S20 FE SM-G780F/DS (Android 11 / One UI 3.0 / RP1A.200720.012.G780FXXS1BTL2 / セキュリティパッチレベル2021年1月1日)

広告

急速充電

USB Type-C Current 3A

USB DC DCP・USB Type-C Current 3A対応のGoogle ADP-23AWで充電したところ、約13Wが供給されていました。

Samsung AFC

Samsung純正のUSB Standard-A ACアダプターにはQualcomm Quick Charge対応のモデルと非対応のモデルがありますが、Galaxy S20 FEに付属していたのはSamsung Adaptive Fast Chargingのみに対応しているモデルでした。

そのGalaxy S20 FE付属のACアダプターで充電したところ、約15Wが供給されていました。

Qualcomm Quick Charge

Qualcomm Quick Charge 2.0/3.0対応のACアダプターで充電したところ、約15Wが供給されていました。

Quick Charge 3.0は0.2V刻みで電圧を制御できるためQC3.0対応機種は7V程度で充電されるものが多いですが、Galaxy S20 FEでは充電開始直後にVBUSが9Vに昇圧した後は電圧の変動などが見られなかったため、Quick Charge 3.0には非対応と思われます。 (QC2.0のみ対応)

USB PD 18W (PPS非対応)

USB PD 18W対応のApple A1720で充電したところ、約15Wが供給されていました。

USB PD 60W (PPS非対応)

USB PD 60W対応のAnker A2015113で充電したところ、約15Wが供給されていました。

USB PD PPS (Samsung純正)

Super Fast Charging 2.0 (PPS 5A) 対応のSamsung純正ACアダプター EP-TA845で充電したところ、約25Wが供給されていました。

USB PD PPS (サードパーティ)

USB PD PPS 3.25A対応のAnker PowerPort III 65W Pod (A2712121) で充電したところ、約27Wが供給されていました。

充電まとめ

Galaxy S20 FEが対応している充電規格は以下の通りです。

  • USB Type-C Current 3A
  • Samsung Adaptive Fast Charging
  • Qualcomm Quick Charge 2.0 (3.0は非対応)
  • USB PD (最大15W)
  • USB PD PPS (最大25W)

どんなに出力の大きいACアダプターを使ったとしても、USB PD PPSに対応していなければ最大15Wでの充電となります。そのため、通常のUSB PD ACアダプターでは付属のACアダプターと充電時間は変わりません。 (付属のACアダプターで充電しても15Wで充電されるため)

もしGalaxy S20 FE用にACアダプターを購入するのであれば、USB PD PPS対応の以下のACアダプターをオススメします。

Anker PowerPort III 65W Pod レビュー : USB PD充電器に迷ったらこれを買うべし (2020)
PowerIQ 3.0 (Gen2) を搭載しているAnkerのUSB PD 65W充電器「PowerPort III 65W Pod (型番: A2712121) 」を購入したのでレビューします。

イヤホンジャック変換アダプター

Apple A2049

DAC内蔵タイプの変換アダプターであるApple A2049でイヤホンを接続したところ、正常にイヤホンから音声が出力されました。

エレコム AD-C35BK

アナログタイプ (AAAM方式) の変換アダプターであるエレコム AD-C35BKでイヤホンを接続したところ、非対応である旨が表示され、音楽を再生してもGalaxy S20 FE本体のスピーカーから出力されました。

Galaxy S20 FEはDAC内蔵タイプの変換アダプターのみに対応しており、アナログタイプの変換アダプターには非対応です。

USB Type-C - イヤホン変換アダプターは2種類あるので要注意
USB Type-Cをイヤホンジャックに変換するアダプターは2種類あるので、購入する際は注意しましょう。

DisplayPort Alternate Mode

Galaxy S20 FEはDisplayPort Alternate Modeに対応しており、本体に表示されている内容を外部モニターに出力することが可能です。

Galaxy S20 FEは単なるミラーリング機能だけでなく「Samsung DeX」というスマートフォンをPCのように使える機能にも対応しています。

Samsung DeXは外部モニターのアスペクト比に応じた映像出力が可能なため、ミラーリングでは黒帯が発生してしまうYouTubeなどもDeXモードで出力すれば画面いっぱいに出力することができます。

所感

(Samsung AFCやQuick Charge 2.0に対応しているのは厳密にはUSB Type-C仕様違反ですが、それは見て見ぬ振りをするとして、) やはりGalaxyのUSB Type-C周りはAndroidスマートフォンのなかでもトップクラスにマトモだと思います。怪しい挙動が少ないです。

DP Alt ModeやPPSなどは個別に見ればOnePlusやXiaomiのスマートフォンでも対応しているものがありますが、それら全てに対応しているスマートフォンはあまり多くありません。また、機能面だけでなく妙な挙動が少ないなど信頼性も高く、USB Type-C周りでスマートフォンを選ぶならGalaxyのハイエンドは筆頭の選択肢だと思います。 (そんな基準でスマホを選ぶ人が私以外にいるのかは疑問ですが)

タイトルとURLをコピーしました