USB-C - イヤホンジャックの変換アダプタは2種類あるので要注意

USB Type-Cを3.5mmステレオミニジャックに変換するアダプタは2種類あるので、購入する際には注意しましょう。

広告

簡単にまとめると

この記事の要点をまとめると、以下の通りです。

  • USB-C – 3.5mmステレオミニジャックの変換アダプタは「アナログ型」と「DAC内蔵型」の2種類がある
  • アナログ型は対応していない機種が多い
  • DAC内蔵型はほぼ全ての機種が対応している
  • Appleの変換アダプタがDAC内蔵型でAndroid端末でも使えるのでオススメ

変換アダプタは2種類ある

USB Type-Cを3.5mmステレオミニジャック(以下イヤホンジャック)に変換するアダプタは、「アナログ型」と「DAC内蔵型」の2種類があります。

アナログ型

ELECOM AD-C35BK

アナログ型の変換アダプタは、USB Type-Cポートからアナログオーディオ信号を取り出し、それをイヤホンジャックに変換します。そのため、USB Type-Cポートからアナログオーディオ信号を出力できる機器でしか使うことができません。

しかしながら、USB Type-Cポートからのアナログオーディオ出力はあくまでオプションであり、必須とは定められていません。つまり、イヤホンジャックのないスマートフォン・タブレットであっても、アナログ出力に対応していない機種もあるということです。

例えばPixel 3やiPad Pro 2018などはアナログ出力に対応していないため、アナログ型の変換アダプタを使うことができません。

DAC内蔵型

Apple A2049 (MU7E2FE/A)

DAC内蔵型の変換アダプタは、USB Type-Cポートからデジタルでオーディオ信号を取り出し、それを変換アダプタ内のDACでアナログ信号に変換し、イヤホンジャックへと出力します。

USB Type-Cを搭載しているようなイマドキのスマホ・タブレット・PCであればほぼ間違いなくデジタル出力に対応しているので、DAC内蔵型は基本的に全ての機器で使うことができると考えてOKです。

オススメはDAC内蔵型、ただし見た目で区別が付かない

アナログ型とDAC内蔵型、個人的にはDAC内蔵型の方をオススメします。なぜなら、アナログ型は使用できる機器に制限があるのに対して、DAC内蔵型は全ての機器で使うことができる (はず) だからです。

そのため「使えないかもしれないアナログ型」よりも、「ほぼ間違いなく使えるDAC内蔵型」の方をオススメします。

現時点 (2019年11月) では、Appleの変換アダプタが

  • DAC内蔵型
  • 安い (税込 1,080円)
  • どこでも買える (通販 or 実店舗)

ということでオススメです。

筆者もこのAppleの変換アダプタを買いましたが、iPad Pro 2018はもちろんのこと、手持ちのAndroid端末でも問題なく動作しました。 (普通の3極プラグのイヤホンで動作することを確認)

USB Type-Cイヤホンという選択肢も

「変換アダプタは見た目的にちょっと……」という人には、USB Type-Cイヤホンという選択肢もあります。

USB Type-Cの仕様書には “The analog audio headset shall not use a USB Type-C plug to replace the 3.5 mm plug” という記述があり、アナログ接続のUSB Type-Cイヤホンが禁止されています。裏を返せば、仕様に沿って設計されているUSB Type-Cイヤホンは必ずDACを内蔵しているということになります。

DACが内蔵されている = 多くの機器で使えるはずですし、見た目的にもスマートなので、1つ持っておくと何かと便利だと思います。

USB Type-Cイヤホン・変換アダプタのリスト

USB Type-Cイヤホン

メーカー/ブランド 製品名/型番 Amazon 公式HP
Sony STH50C Amazon Sony
Belkin G3H0002btBLK Amazon Belkin
Google Pixel USB-C イヤホン Google
Razer Hammerhead USB-C Amazon Razer
Hammerhead USB-C ANC Amazon Razer
Xiaomi ノイズキャンセリングイヤフォン Amazon TJC

変換アダプタ (DAC内蔵型)

メーカー/ブランド 製品名/型番 Amazon 公式HP
Apple A2049 Amazon Apple
Galaxy EE-UC10JUWEGJP Amazon アイ・オー・データ
エレコム AD-C35SDBK Amazon エレコム
Google USB-C – 3.5 mm アダプター Google
iBasso iBasso DC2 Amazon
iBasso DC1 Amazon iBasso

変換アダプタ (アナログ型)

メーカー/ブランド 製品名/型番 Amazon 公式HP
エレコム AD-C35BK Amazon エレコム
AD-C35DSBK Amazon エレコム
EHP-C35BK Amazon エレコム
EHP-C35DS01BK Amazon エレコム

変換アダプタ (2又タイプ)

その他

広告

スマホのアナログ出力対応・非対応のまとめ

当サイトが独自に調べた「スマートフォン・タブレットがUSB Type-Cポートからのアナログ出力に対応しているかどうか」のまとめです。

アナログ出力非対応の機種はアナログ型の変換アダプタが動作しないのでご注意ください。

アナログ出力対応のスマートフォン・タブレット

  • Xperia 5
  • Xperia 1
  • Xperia XZ3
  • Xperia XZ2 Premium
  • Xperia XZ2 Compact
  • Xperia XZ2
  • HUAWEI P20 Pro
  • HUAWEI P20
  • HUAWEI Mate 20 Pro
  • HUAWEI Mate 10 Pro
  • HUAWEI MediaPad M5 Pro
  • HUAWEI MediaPad M5 (参考)
  • TORQUE G04
  • OnePlus 7
  • Mi MIX 2S
  • Black Shark
  • Moto Z

アナログ出力非対応のスマホ・タブレット

  • iPad Pro 12.9 (2018)
  • iPad Pro 11 (2018)
  • Galaxy Note10+ (参考)
  • Galaxy Fold (参考)
  • Pixel 4 XL
  • Pixel 4
  • Pixel 3 XL
  • Pixel 3
  • Pixel 2 XL
  • Pixel 2 (参考)
  • AQUOS ZERO
  • HTC U12+
  • HTC U11
  • HTC U11 life / Android One X2 (参考)
  • Razer Phone (参考)
  • Essential PH-1

所感

恐らく「全ての信号をUSB Type-Cで!」的な思想でUSB Type-Cポートからアナログオーディオ信号を出力できるようにしたのだと思われますが、完全に混乱の原因にしかなっていないです。

わざわざ変換アダプタのDACでD/A変換するなんてバカみたいですが、アナログ出力はこのまま徐々にフェードアウトしていきそうな気がするので、DAC内蔵型の変換アダプタを買うのが最善の選択だと思います。