ConexantのドライバをアンインストールしてWindows標準ドライバを使う方法

イヤホン出力の音があまりにも悪かったり、Zoomなどの通話アプリでマイクが使えないなど、トラブルの原因になりやすいConexantのドライバをアンインストールして、代わりにWindows標準のドライバを使用する方法を紹介します。

広告

はじめに

PC関係のチップベンダーというとRealtekが有名ですが、Realtek以外にも「Conexant」というベンダーのチップをオーディオ周りに採用しているPCが結構あります。自分が知っているものだとThinkPadやLG gramなどがConexantのチップを採用しているようです。

で、このConexantですが、イヤホン出力の音が悪かったり、Zoomなどの通話アプリでマイクが正しく動作しなかったりと、トラブルの原因となる場合が少なくありません。オマケにこのConexantのドライバはただアンインストールするだけではWindowsアップデート経由で復活してしまうため、Windows標準ドライバを使用するようにするにはちょっとしたコツが必要となります。

今回はそんなConexantのドライバをアンインストールしてWindows標準ドライバを使うようにする方法を解説します。

やりかた

作業の流れ

  1. Conexantのドライバをアンインストール
  2. Windows標準のドライバがとりあえず適用される
  3. その後、Windowsアップデート経由でConexantのドライバが再び適用される
  4. ドライバをロールバックする (Windows標準ドライバに戻る)
  5. ロールバック後はWindows UpdateをかけてもConexantのドライバが適用されない
  6. ずっとWindows標準ドライバのままでハッピー

詳しい手順

まず、「デバイスマネージャー」を開きます。 (タスクバー左下のWindowsボタンを右クリック -> デバイスマネージャー)

「サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー」の「Conexant Smart Audio HD」を右クリック -> 「デバイスのアンインストール」

「このデバイスのドライバー ソフトウェアを削除します」にチェックを入れ、「アンインストール」

アンインストール中

「Conexant SmartAudio HD」が消えていたらOK (機種によってはConexant SmartAudio HDが消えるのではなく、High Definitiaon Audioに変わる場合もあり)

再起動を促されるので再起動します

再起動後、すぐにデバイスマネージャーを開くと「High Definition Audio デバイス」となっています

再起動後5〜10分ほど放置すると、Windows Update経由でConexantのドライバが適用され、また「Conexant SmartAudio HD」に戻ります

「Conexant SmartAudio HD」を右クリック -> 「プロパティ」

「ドライバー」タブに移動 -> 「ドライバーを元に戻す」

ドライバのロールバックが成功すると、また「High Definition Audio デバイス」に戻ります

これで作業は完了です。端末の再起動やWindowsアップデートを行っても「High Definitaion Audio」のまま「Conexant SmartAudio HD」に戻ることはないはずです。

Windowsの大型アップデートを適用するとConexantのドライバが適用されてしまう場合がありますが、その際はまたこの作業を行ってください。

タイトルとURLをコピーしました