USBの端子の形状を全て解説。これを読めば全て区別できる

種類が多すぎて分かりにくいUSBの端子の形状について、写真付きで全種類解説します。

広告

この記事について

コンピューター関係の代表的な仕様・規格の1つである「USB」は、検索すればたくさんの解説記事がヒットします。その一方で内容が不正確だったり、作成日時が古く度重なる仕様改定に追いついていないものも少なくなく、インターネットで正しい情報を得るのは容易ではありません。

そのUSBについて、毎回1つのテーマに沿って解説するシリーズが「今さら聞けないUSB」です。

今さら聞けないUSB
「今さら聞けないUSB」の記事一覧です。

ちょうど今はUSB 3.2やUSB PD、Thunderbolt 3といった仕様・規格が一段落し、USB4やThunderbolt 4といった次世代仕様に対応した製品が登場するまでのインターバルとなっています。そのため、今のうちにUSB系の仕様をおさらいしておくことにより、今後新しく仕様が増えた際もスムーズに理解することができるのではないか、という算段です。

ということで、初回の今回は「USBの端子の形状」について解説します。

「プラグ」と「レセプタクル」

USBの端子には「プラグ (Plug) 」と「レセプタクル (Receptacle) 」という用語があり、それぞれ凸凹の凸なのか、凹なのか、ということを示しています。

凸凹のうち、凸が「プラグ」で、凹が「レセプタクル」です。このプラグとレセプタクルは端子の種類に依らない共通の用語なので、しっかりと覚えておいてください。

Standard-A

まず最初は、誰もが知っている「Standard-A」です。USBと言われたらこの形状を思い浮かべる人も多いでしょう。

Standard-Aは、USB 2.0でもUSB 3.1でも端子の形状・サイズが同じです。そのため、USB 2.0とUSB 3.1のプラグ・レセプタクルは相互に刺すことが出来ます。

  USB 2.0 Std-A
レセプタクル
USB 3.1 Std-A
レセプタクル
USB 2.0 Std-A プラグ 刺さる 刺さる
USB 3.1 Std-A プラグ 刺さる 刺さる
 
広告

Standard-B

次は「Standard-B」です。プリンターや外付けHDDといった周辺機器で見かけることの多い形状です。

Standard-BはUSB 2.0 → USB 3.1で物理的にサイズが拡張されています。そのため、USB 3.1 プラグはUSB 2.0 レセプタクルに刺さりません。

  USB 2.0 Std-B
レセプタクル
USB 3.1 Std-B
レセプタクル
USB 2.0 Std-B プラグ 刺さる 刺さる
USB 3.1 Std-B プラグ 刺さらない 刺さる

Type-C

次はいよいよ「Type-C」です。2015年に12インチMacBookが発売されて以降、急速に普及している最も新しいUSB端子の形状です。Nintendo Switchにも使われています。

写真の通り、Type-Cはリバーシブルとなっています。USBメモリを刺そうとして何度もひっくり返した経験が誰しも1度はあるかと思いますが、Type-Cであればそのような悩みとは無縁です。

また、Type-CはUSB 2.0もFull-Featuredも端子の形状が同じです。そのため、USB 2.0・Full-Featuredのプラグ・レセプタクル同士を相互に差し込むことができます。

  USB 2.0 Type-C
レセプタクル
USB Full-Featured Type-C
レセプタクル
USB 2.0 Type-C プラグ 刺さる 刺さる
USB Full-Featured Type-C プラグ 刺さる 刺さる

※「Full-Featured」とは、ピンが全て結線されているUSB Type-Cのことです。一般的にはUSB 3.xもしくはUSB4のUSB Type-Cという認識でOKです。

Micro-B

次は「Micro-B」です。ちょっと前のスマートフォンやモバイルバッテリー、ワイヤレスイヤホンなどの小型機器で見かけることの多い形状です。

Standard-Bと同じく、Micro-BもUSB 2.0 → USB 3.1で物理的にサイズが拡張されています。そのため、USB 3.1 プラグはUSB 2.0 レセプタクルに刺さりません。

  USB 2.0 Micro-B
レセプタクル
USB 3.1 Micro-B
レセプタクル
USB 2.0 Micro-B プラグ 刺さる 刺さる
USB 3.1 Micro-B プラグ 刺さらない 刺さる
 
広告

Mini-B

次は「Mini-B」です。近頃はあまり見かけませんが、Micro-Bでは強度が不足する箇所などで採用されていることがあります (最近はType-Cが採用される場合がほとんどですが) 。

有名な製品だとPSPに採用されていました。

Standard-BやMicro-BはUSB 3.1の端子が存在していますが、Mini-Bに関してはUSB 2.0のみとなります。USB 3.x Mini-Bは存在しません。

普及しなかったMini-A/Micro-A/Micro-AB

最後に紹介するのが「Mini-A」「Micro-A」「Micro-AB」です。

これは覚えなくてOKです。「ふーん、こういうのもあったんだ」ぐらいに思ってください。

簡単に言うと、役割的にはどれもStandard-AのMini/Micro版となります。小型のデバイスに搭載されることを想定していたようですが、全くと言っていいほど普及しませんでした。私も実物は見たことがありません。

Type-Cが順調に普及しているため、これらはこのまま普及しないで消えていくと思われます。 (USB Type-Cの仕様書にも登場しない)

USB端子にまつわる豆知識

ということで、USBの全形状について解説しました。

最後に、USB端子に関する豆知識を紹介したいと思います。

Lightningは?

iPhone・iPadに採用されているLightningですが、これはUSBの端子ではありません。もちろんPCに接続してデータ転送を行うので間違いなく「USBの通信」は行っていますが、「USBの仕様で定められている端子の形状ではない」という意味でUSB端子ではありません。あくまでApple独自の端子です。

内部が青色になっている端子は?

内部が青色になっている端子がありますが、これは「USB 3.x対応」であることを表しています。

ただし、USBの仕様で必須とされているわけではないため、青色でなくてもUSB 3.x対応の場合もあります。 (例えばApple製品はUSB 3.x対応でも白い)

Type-AとかType-Bって?

Standard-AのことをType-A、Standard-BのことをType-Bと表記する場合がありますが、あれらは正確な表現ではありません。

USB Type-Cの仕様では、Type-Aとは「USB “A”の総称 (A general reference to all versions of USB “A” plugs and receptacles.) 」と規定されています。つまり、Type-AはStandard-AだけでなくMicro-ABなども含みます。

また、Type-Bについても同じく「USB “B”の総称 (A general reference to all versions of USB “B” plugs and receptacles.) 」と規定されているため、こちらもStandard-BだけでなくMini-BやMicro-Bも含みます。

Micro-ABが普及しなかったり、Mini-B/Micro-BがそれぞれMini-USB/Micro-USBといった呼び方で定着しているため、現実的には消去法でType-A = Standard-A、Type-B = Standard-Bと絞り込むことができます。しかし、より正確を期すのであればStandard-A、Standard-Bという表記が適切です。

Legacyケーブル

USBの仕様には「Legacyケーブル」とか「Legacyアダプタ」といった単語が登場します。

「Legacy」というのは「Type-Cではない端子・コネクタ」のことを指していて、具体的にはStandard-A/B、Micro-A/B/AB、Mini-Bが当てはまります。つまり、Type-C以外のUSB端子すべてです。

Type-Cはもはや別物と言っても良いぐらい従来のUSB端子から大きく変わっているため、Type-Cとそれ以外で分けて話をする場合があります。一般的にはあまり使われませんが、専門性の高い文章では使われることがあるので覚えておくと何かの機会に役立つかもしれません。

参考文献 / References

この記事は以下の仕様を元に作成しました。

  • USB 3.2 Specification, Revision 1.0
  • USB Type-C Cable and Connector Specification, Release 2.0
  • USB 3.1 Legacy Cable and Connector Specification, Revision 1.0
タイトルとURLをコピーしました