OnePlus 7TのUSB Type-Cポートの仕様を調べてみた

DisplayPort Alt ModeやUSB PDなど、OnePlus 7TのUSB Type-Cポートの仕様を調べてみました。

※ OnePlus 7T HD1700 (Android 10 / OxygenOS 10.0.9.HD65AA / QKQ1.190716.003)

広告

Warp Charge 30T & Dash Charge

Warp Charge 30TとDash Chargeの互換性や充電時間などは別の記事にまとめてあります。

Warp Charge 30TとDash Chargeの互換性をチェック
OnePlus 7Tは「Warp Charge 30T」というOnePlus独自の急速充電に対応していますが、OnePlus 7までが対応している「Dash Charge」と互換性があるのか気になったので確かめてみました。

Qualcomm Quick Charge

Quick Charge 3.0に対応しているUSB Standard-A ACアダプターでOnePlus 7Tを充電したところ、画面点灯状態で約7.5W (5V/1.5A) 、画面消灯状態で約9W (5V/1.8A) が供給されていました。Qualcomm Quick Chargeには対応していない模様です。

USB Type-C Current

C to Cケーブル

USB PD非対応・USB Type-C Current 3A対応のGoogle ADP-23AWとC to CケーブルOnePlus 7Tを充電したところ、約10W (5V/2.0A) が供給されていました。 (画面オン・オフで変化なし)

A to Cケーブル (56kΩ)

Google ADP-23AWとA to Cケーブル (56kΩ使用品) を使ってOnePlus 7Tを充電したところ、画面点灯状態では約7.5W (5V/1.5A) 、画面消灯状態では約9W (5V/1.8A) が供給されていました。

A to Cケーブル (10kΩ)

Google ADP-23AWとA to Cケーブル (10kΩ使用品) を使ってOnePlus 7Tを充電したところ、約10W (5V/2.0A) が供給されていました。 (画面オン・オフで変化なし)

56kΩケーブルで充電した場合と比較すると、一応CCの電圧を見て挙動を変えるようになっている模様です。

USB PD

Apple A1720

iPad ProやiPhone 11 Proに付属しているUSB PD 18W対応のApple A1720で充電したところ、5V/3AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、画面点灯状態では約10W (5V/2.0A) 、画面消灯状態では約15W (5V/3.0A) が供給されていました。

Anker A2015113

USB PD 60W対応のAnker A2015113で充電したところ、5V/3AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、画面点灯状態では約10W (5V/2.0A) 、画面消灯状態では約15W (5V/3.0A) が供給されていました。

Samsung EP-TA845

USB PD 45W対応のSamsung EP-TA845で充電したところ、5V/3AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、画面点灯状態では約10W (5V/2.0A) 、画面消灯状態では約15W (5V/3.0A) が供給されていました。

Nintendo HAC-002(JPN)

Nintendo Switch付属ACアダプター HAC-002(JPN)で充電したところ、5V/1.5AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、約7.5W (5V/1.5A) が供給されていました。 (画面オン・オフで変化なし)

Anker A2613121

USB PD 60W対応のAnker A2613121で充電したところ、5V/2.4AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、画面点灯状態では約10W (5V/2.0A) 、画面消灯状態では約12W (5V/2.4A) が供給されていました。

OnePlus 7TはUSB PD対応ACアダプターで充電した場合最大5V/3Aで充電されますが、このAnker A2613121はUSB PDの仕様に違反しているため、充電速度が劣ります。

充電中に電流値が安定しない

OnePlus 7TをUSB PDで充電した場合、電流値が安定しない事象が起きることを確認しました。

これはAnker A2712121で充電した時のグラフですが、程度の差はあれ基本的に全てのUSB PD ACアダプターでも同様の事象が発生します。他のスマートフォン・PCでは問題のない複数のACアダプターで同じ事象が起きたため、これはOnePlus 7T側の問題と考えられます。

 
広告

PCのUSBポートに接続した場合

PCのUSB 3.1 Standard-AポートにUSB 2.0/USB 3.1ケーブルを使って接続したところ、どちらの場合も約2.5W (5V/0.5A) が供給されていました。OnePlus 7Tは接続先のポートがUSB 2.0かUSB 3.xかどうか識別せず、一律で2.5Wを消費する仕様の模様です。

DisplayPort Alternate Mode

USB Type-C to DisplayPortケーブルを使用したところ、OnePlus 7T本体に表示されている内容が外部モニターにミラーリングされました。

イヤホンジャック変換アダプター

アナログ型 (AAAM) ・DAC内蔵型どちらの変換アダプターを使用した場合もイヤホンから音楽が再生されました。 (普通の3極イヤホンで確認)

USB Type-C - イヤホン変換アダプターは2種類あるので要注意
USB Type-Cをイヤホンジャックに変換するアダプターは2種類あるので、購入する際は注意しましょう。

電力供給

Source_Capabilitiesメッセージ

OnePlus 7TはSource_Capabilitiesメッセージで5V/1.5AのFixed Supply PDOを通知します。

負荷テスト

OnePlus 7Tに電子負荷を取り付けて電力を出力させてみましたが、約6W (5V/1.2A) で出力がシャットダウンされました。Source_Capabilitiesメッセージでは5V/1.5A出力できると通知しますが、実際には出力できません。

所感

一応USB PDには対応していますが充電時の電流値がなぜか不安定だったりと、やはりOnePlusのスマートフォンはiPad ProやGalaxyなどと比較すると明確に挙動が怪しく、信頼性が低いという印象です。

Apple・Pixel・Galaxyと比べたらOnePlus 7Tは格安スマホみたいなものなのでこれでもギリギリ許せますが、OnePlus 8シリーズ、特にOnePlus 8 Proは格安どころかめちゃくちゃ高いので、実装が信用ならないOnePlusスマートフォンに金を使うぐらいだったらGalaxy S20でも買うかという気分になってきます。

関連記事

Warp Charge 30TとDash Chargeの互換性をチェック
OnePlus 7Tは「Warp Charge 30T」というOnePlus独自の急速充電に対応していますが、OnePlus 7までが対応している「Dash Charge」と互換性があるのか気になったので確かめてみました。
OnePlus 7T レビュー : OnePlus 7から何が進化したのか実機を比較
90Hzディスプレイやトリプルカメラが魅力のOnePlus 7Tと、値下がりしてコスパが魅力のOnePlus 7を、実機を使って比較します。

タイトルとURLをコピーしました