OnePlus 7T レビュー : OnePlus 7から何が進化したのか実機を比較

90Hzディスプレイやトリプルカメラが魅力のOnePlus 7Tと、値下がりしてコスパが魅力のOnePlus 7を、実機を使って比較します。

広告

はじめに

この記事は、OnePlus 7からOnePlus 7Tに乗り換えた筆者が「OnePlus 7Tはここが良かった・悪かった!」という感想を書いた記事です。そのため、7と7Tに共通している部分については基本的に触れていませんので、下記のOnePlus 7レビュー記事も併せてご参照ください。

では、レビューに移っていきたいと思います。

スペック

機種名
(型番)
OnePlus 7T
(HD1900)
OnePlus 7
(GM1900)
ディスプレイ 6.55 inch
2400 x 1080 (20:9)
90Hz
6.41 inch
2340 x 1080 (19.5:9)
60Hz
端末サイズ 160.94 x 74.44 x 8.13 mm 157.7 x 74.8 x 8.2 mm
重量 190 g 182 g
SoC Snapdragon 855+ Snapdragon 855
RAM 8 GB (LPDDR4X) 8 GB (LPDDR4X)
ストレージ 128GB (UFS 3.0)
256 GB (UFS 3.0)
256 GB (UFS 3.0)
microSD 非対応 非対応
前面カメラ 画素数: 16 MP
センサー: IMX471
画素ピッチ: 1.0µm
F値: 2.0
電子手ブレ補正
画素数: 16 MP
センサー: IMX471
画素ピッチ: 1.0µm
F値: 2.0
電子手ブレ補正
背面カメラ メインカメラ
画素数: 48 MP
センサー: IMX586
画素ピッチ: 0.8 µm (48MP)
F値: 1.6
光学+電子手ブレ補正

望遠カメラ
画素数: 12MP
センサー: S5K3M5

超広角カメラ
画素数: 16MP
センサー: IMX481

メインカメラ
画素数: 48 MP
センサー: IMX586
画素ピッチ: 0.8 µm (48MP)
F値: 1.7
光学+電子手ブレ補正

補助カメラ
画素数: 5MP

バッテリー 3800 mAh 3700 mAh
急速充電 Warp Charge 30T
(5V/6A)
Dash Charge
(5V/4A)
W-CDMA 1/2/4/5/8/9/19 1/2/4/5/8/9/19
LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/
18/19/20/26/28/29/
34/38/39/40/41
1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/
18/19/20/26/28/29/32/
34/38/39/40/41
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0 5.0
イヤホンジャック なし なし
ソース OnePlus OnePlus

90Hzディスプレイ

やっぱりなんと言ってもOnePlus 7T 1番の注目ポイントは90Hzディスプレイです。OnePlus 7は60Hzなので、OnePlus 7Tの方が1.5倍も画面が更新される回数が多い = アニメーションが滑らかということになります。

で、90Hzディスプレイを体験した感想ですが……スクロールが滑らかで使っていて気持ちがいいです。なかなか使ったことのある人以外に上手く伝えにくい特徴ですが、この滑らかさは単純に60Hzディスプレイでスムーズなのとは別物なので、1度使ったら戻れなくなる魅力があります。

ただ、みんながみんな、この高リフレッシュレートを求めるかというと、それには疑問があります。60Hzと90Hzを横に並べれば恐らくほぼ全ての人が違いに気づくでしょうし、90Hzディスプレイの滑らかさは確かに素晴らしいものですが、2020年1月時点では「別に60Hzでいいや」という人も一定数存在する気がします。

電池持ち

ディスプレイが60Hzから90Hzに変わったことによる心配な点と言えば、電池持ちです。リフレッシュレートが上がるとディスプレイ自体の消費電力も増えますし、画面の更新回数が多い分CPU・GPUもパワーを使う = 電池を消費します。

OnePlus 7Tの購入に際して、私も電池持ちが1番の懸念点でしたが、実際のところ電池持ちは悪くありませんでした。むしろ長持ちする部類で、OnePlus 7と同等です。私の使い方では画面点灯時間 (Screen On Time) は約7時間で、充電が2日に1回なことも多いです。

充電速度

バッテリー関係でもう1つ重要なのが充電速度で、OnePlus 7Tは「Warp Charge 30T」という新しい急速充電に対応しています。

Warp Charge 30Tの何がすごいのかという話ですが、30分で70%、60分で満タンまで充電できることが謳われています。

「ホンマか?」と思ったので、実際に試してみました。

Warp Charge 30T
0 min 1 %
10 min 26 %
20 min 52 %
30 min 70 %
40 min 84 %
50 min 95 %
56 min 100 %

めっちゃ早いです。本当に。

トリプルカメラ

OnePlus 7Tは通常・望遠・超広角のトリプルカメラが搭載されています。

まず通常カメラですが、これに関してはOnePlus 7に搭載されているカメラとほぼ同等です。「実物より派手に写る」という、スマートフォンのカメラにありがちな点については好みが分かれるところですが、それを含めてもディテール・色・ダイナミックレンジ等、全体として及第点は超えているという印象です。

通常カメラ

超広角カメラ

問題は超広角カメラです。正直、OnePlus 7Tの超広角カメラはあまり良くないです。何が良くないのかというと、「撮った写真がシャープさに欠ける (ボヤっとした写り)」「通常カメラで撮った写真と色味が違う (特に暗い室内など)」などです。もちろん無いよりは有った方が良いですが、あくまでサブカメラだと思っておいた方がガッカリしないで済むと思います。

指紋が目立ちにくい

スペックに出てこないOnePlus 7Tの良いところとして「指紋が目立ちにくい」というものがあります。指紋が全く付かないわけではありませんが、背面がマットな仕上げになっているので目立ちにくいです。

OnePlus 7のテカテカな仕上げもガラスの素材感が出ていて良いと思いますが、やはり指紋は目立たないほうがありがたいですね。

OnePlus 7Tの悪いところ


スペックからも分かる通り、ディスプレイとカメラ以外はほぼ同じなので、7から7Tに乗り換えたところで不満が増えることはありません。せいぜい「イヤホンジャックとQi欲しいな〜」ぐらいです。

強いて挙げるとすれば、「OnePlus 7T、縦に長すぎ」です。OnePlus 7は2340x1080px (19.5:9) であるのに対して、OnePlus 7Tの2400x1080px (20:9) となっています。OnePlus 7はギリギリ片手でも画面上部まで指が届いたのですが、7Tはさらにちょっと縦に伸びたおかげで、いよいよ本格的に画面上部を操作するのが難しくなりました。 (私は片手では1番上まで指が届かない)

広告

まとめ

ということで結論です。

まず最初に言っておきたいのは、OnePlus 7T・OnePlus 7どちらも良い端末だということです。どちらの機種もオススメできますし、どちらを買っても後悔するような大きな欠点はありません。

その上でどちらをオススメするか、という話ですが、正直に言ってOnePlus 7の方をオススメします。

なぜ古いほうのOnePlus 7を勧めるのかというと、その理由の大部分は「値段」です。2020年1月現在、OnePlus 7は8GB/256GBモデルが400ドル程度で購入することが出来ます。それに対してOnePlus 7Tは、同じ8GB/256GBモデルが500ドル超となっています。7から比べると+100ドルの追加コストなわけですが、私としては7Tの90Hzディスプレイとトリプルカメラに100ドル分の魅力は感じませんでした。 (超広角カメラがもうちょっと良かったら7Tの方をオススメしたのですが……)

7Tも良い端末であることに間違いはなく、私個人はこれからも7Tを使い続けます (7Tを持っているのに敢えて7を使う理由はないので) 。ただ、「一般ユーザーに対してどちらをオススメするか」という視点で考えると、私はより値段と性能のバランスが良いOnePlus 7の方をオススメします

この記事について

この記事で使用しているOnePlus 7とOnePlus 7Tは、当サイトの管理人が自費で購入したものです。

この記事の内容は全て当サイトの管理人が書いたものであり、何者かがこの記事に対して報酬を支払ったり、事前にチェックを行ったりなどは一切していません。