【規格不適合・危険】AUKEY USB Type-C ACアダプタ PA-Y2 レビュー

AUKEYのUSB Type-C ACアダプタ (型番:PA-Y2) を購入したので、レビューを行います。

対象の製品

クイックレビュー

USB Type-Cの規格に完全に違反しており、正しく使用した場合でも接続した機器を破損させる恐れがあります。

まだ購入していない方は他社製品の購入を、既に購入してしまった方は返品または廃棄することを推奨します。

テスト項目

  • VBUS Hot: Yes
  • Bridged CCs: Yes
  • Quick Charge: Yes (3.0)

テストに使用した機器

  • メディアロジック USB Power Delivery アナライザ DTW2U3 (製品ページ)
  • 横河メータ&インスツルメンツ ディジタルマルチメータ 732-03 (製品ページ)
  • Apple USB-C充電ケーブル (型番:MLL82AM/A)
  • USB Type-C to Type-C ケーブル (USB 2.0 / eMarkerなし)
  • その他、電子負荷やQCトリガーボード、Type-Cブレークアウトボードなど

開封・製品画像

  • Model: PA-Y2
  • Input: 100-240V 50/60Hz 1.2A Max
  • Output1: 5V=2.4A
  • Output2: 3.6V-6.5V=3A / 6.5V-9V=2A / 9V-12V=1.5A (Max)
  • PSEマーク: あり (ひし形 / テュフ ラインランド / SQグローバル株式会社)

VBUS Hot

USB Type-Cの規格では、Type-Cレセプタクルを搭載するSource機器は、CC1・CC2のいずれかでSinkの接続を検出してからVBUSに電圧を印加するよう定めています。

しかしながら、PA-Y2はSinkの接続を検出していない状態でもVBUSに電圧を印加しており、これはUSB Type-Cの規格に違反する挙動です。

Bridged CCs

PA-Y2はCC1・CC2の両方が1つのRpでプルアップされているBridged CCsです。

USB Type-Cの規格ではCC1・CC2をそれぞれ別個にプルアップすることが規定されており、PA-Y2のこの設計はUSB Type-Cの規格から外れるものです。

Quick Charge over Type-C

PA-Y2のType-CポートはQualcommのQuick Charge 3.0に対応していますが、USB Type-CはUSBが定める方法以外でVBUSの電圧を既定値以外に変動させることを禁止しているため、この設計はUSB Type-Cの規格に違反しています。

USB Type-C Cable and Connector Specification Revision 1.2, Section 4.8.2

電子負荷や、Quick Charge 2.0/3.0をエミュレーションできる装置を使用してQuick Charge時のPA-Y2のCC1・CC2の電圧を調べたところ、約12Vが印加されていました。

電子負荷に表示されているのがVBUSで、テスターに表示されているのがCCの電圧です。

このようなACアダプタでQuick Chrage対応スマートフォンを充電した場合、ケーブルのVconnには約12Vが印加されることとなります。

しかしながら、Vconnの電圧はUSB Type-Cの規格で最大5.5Vと定められているため、この状態は明確にUSB Type-Cの規格に違反しています。

USB Type-C Cable and Connector Specification Revision 1.2, Section 4.4.3

PA-Y2のようなACアダプタとE-Markedケーブルを組み合わせてQuick Chargeに使用した場合、eMarkerに設計以上の電圧が掛かり、eMarkerが破損する恐れがあります。

所感

Quick Charge 3.0が実装されたStandard-AをただType-Cに付け替えただけという、非常にお粗末な設計です。(一応CC1・CC2が規格に適合しない形でプルアップされてはいますが……)

人から金取って売るレベルの製品じゃないですね。