仕様違反のUSB Type-C変換アダプタが売られている話

USB Type-CをUSB Standard-Aに変換するアダプタはUSB Type-Cの仕様的にアウトです。

広告

はじめに

USB Type-Cの変換アダプタを1つぐらい持っている方も多いのではないでしょうか。かくいう私もMicro-BをType-Cに変換するアダプタを緊急用としてカバンに忍ばせてたりします。

そんな感じで変換アダプタを持っている方も多いと思いますが、その一方で、仕様的にアウトなUSB Type-Cの変換アダプタが販売されているのはご存知でしょうか。

例えば、以下のような製品です。

上記のような「Type-Cレセプタクル to Standard-Aプラグ」という変換アダプタは仕様で禁止されています。

しかしながら、そのことを知らない人が少なからずいるようなので、ちょっと掘り下げてみます。

用語の説明

早速説明していきたいところですが、いきなり「Standard-A」とか「レセプタクル」と言われても何のことか分からないと思うので、まず最初に用語を説明したいと思います。

「Standard-A」というのは、いわゆる「普通のUSB」の正式名称です。「USB-A」とか「Type-A」と呼ばれたりもします。

「Micro-B」というのはAndroidスマホやワイヤレスイヤホンなどに採用されている「Micro-USB」の正式名称です。

「レセプタクル (Receptacle) 」というのは「差し込まれる側の端子」のことを指します。凸凹の凹です。

レセプタクルの逆が「プラグ (Plug) 」で、「差し込む側の端子」です。凸凹の凸。

用語の説明はこれぐらいにして、本題に入っていきたいと思います。

USB Type-Cの仕様では

Section 3.1.4

USB Type-Cの仕様では、変換アダプタは以下の2種類が定義されています。

USB Type-C Cable and Connector Specification Revision 2.0 Section 3.1.4

1つ目が「Micro-Bレセプタクル to Type-Cプラグ」の変換アダプタで、2つ目が「Standard-Aレセプタクル to Type-Cプラグ」の変換アダプタです。

文字で説明されても分かりづらいと思うので具体例を出すと、以下のような製品です。

USB Type-Cの仕様で定義されている変換アダプタは、この2種類のみです。この2つ以外は定義されていません。

Section 2.2

上記に加えて、Section 2.2ではこのような記述が存在しています。

USB Type-C Cable and Connector Specification Revision 2.0 Section 2.2

日本語訳:USB Type-Cレセプタクル to USBレガシーのアダプタは明確に定義も許可もされていません。そのようなアダプタによって、無効かつ潜在的に安全ではない多数のケーブル接続をユーザーが構築できるようになります。

最初の1文で、USB Type-Cレセプタクルを搭載したアダプタは明確に禁止されているということが分かります。

まとめ

  • USB Type-Cの仕様で定義されている変換アダプタは「Micro-Bレセプタクル to Type-Cプラグ」と「Standard-Aレセプタクル to Type-Cプラグ」の2つのみ
  • 特に、Type-Cレセプタクルを搭載している変換アダプタは明確に禁止されている

分からなかったら、とりあえず「USB Type-Cを何かに変換するやつはNG」と覚えてください。

 
広告

有名メーカーも仕様違反品を製品化している

USBは昔から怪しい製品が製造・販売されていますが、Type-Cに関しても有名メーカーが仕様違反品を単体で販売していたり付属品として同梱していたりします。

サンワサプライ

AD-USB29CFA【USB3.1A-USB Type Cメス変換アダプタ】USB Type-Cコネクタ オスをUSB Aコネクタ オスに変換するアダプタ。USB3.2 Gen2対応。
AD-USB29CFA【USB3.1A-USB Type Cメス変換アダプタ】USB Type-Cコネクタ オスをUSB Aコネクタ オスに変換するアダプタ。USB3.2 Gen2対応。

バッファロー

ちなみに、先に発売されたSSD-PHU3-Aシリーズには普通にC to CケーブルとA to Cケーブルが付属する模様です。

SanDisk

SanDisk Extreme Portable SSD (SDSSDE60シリーズ)

旧モデルであるSDSSDE60シリーズは変換アダプタが付属している模様です。新モデルのSDSSDE80シリーズは変換アダプタではなくA to Cケーブルが付属します

ONKYO

SteelSeries

SteelSeries Arctis 1 Wireless (ヘッドセット左横の変換ケーブル)

トランスミッター (電波送出機) がUSB Type-Cで、その変換用に仕様違反な変換アダプタが付属してくる模様です。

Master & Dynamic

Master & Dynamic MW07

AUKEY

仕様違反なアダプタを付属・販売しているメーカーの印象は最悪

Type-C以前のLegacyコネクタの時代であれば、供給される電力も少なく、上手く動作しなくてもせいぜいデータ転送ができない程度で済んだため、仕様外のアダプタもそう大きな問題ではありませんでした。

それに対してType-Cは、「データ転送」だけではなく「電力供給」という部分にもフォーカスされており、USB PDのあるなしに関わらず最大3Aが流れます。となると仕様としても安全側に倒さざるを得ず、その結果Type-Cレセプタクルを備えたアダプタが明確に禁止されたわけです。

にも関わらず、有名なメーカーでさえも製品に付属させたり単体販売するところが後を絶たず、頭が頭痛で痛いという感じです。(最近は減ってきましたが)

ちょっと前に海外で、スマホを充電しながら風呂に入って感電死した、というニュースが相次ぎました。このように世の中には想像もつかないことをする人が必ずいます。そういったところまで考慮して仕様で禁止されているにも関わらず、「うちの製品で使う限りは問題ないからヨシ! (現場猫) 」という考えでType-Cレセプタクルなアダプタを付属させたり売ったりしているメーカーは、自分たちが何をやっているのかもう1度考え直したほうが良いのではないでしょうか。企業イメージが非常に悪いです。

おわりに

USB Type-Cレセプタクルな変換アダプタの需要があることは理解できますが、どう頑張ってもリスクを排除できないからこそ仕様で明確に禁止されています。

ちゃんと仕様で規定されているA to CとC to Cのケーブル2種類を用意するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました