仕様違反のUSB Type-C変換アダプターが売られている話

USB Type-CをUSB Standard-Aに変換するアダプターはUSB Type-Cの仕様的にアウトです。

広告

はじめに

USB Type-Cの変換アダプターを1つぐらい持っている方も多いのではないでしょうか。かくいう私もMicro-BをType-Cに変換するアダプターを緊急用としてカバンに忍ばせてたりします。

このように変換アダプターを持っている方も多いと思いますが、その一方で、仕様的にアウトなUSB Type-Cの変換アダプターが販売されているのはご存知でしょうか。

例えば、以下のような製品です。

上記のような「Type-Cレセプタクル to Standard-Aプラグ」という変換アダプターは仕様で禁止されています。

しかしながら、そのことを知らない人が少なからずいるようなので、ちょっと掘り下げてみます。

用語の説明

早速説明していきたいところですが、いきなり「Standard-A」とか「レセプタクル」と言われても何のことか分からないと思うので、まず最初に用語の説明をしたいと思います。

「Standard-A」というのは、いわゆる「普通のUSB」の正式名称です。「USB-A」とか「Type-A」と呼ばれたりもします。

「Micro-B」というのはAndroidスマホやワイヤレスイヤホンなどに採用されている「Micro-USB」の正式名称です。

「レセプタクル (Receptacle) 」というのは「差し込まれる側のコネクタ」のことを指します。凸凹の凹です。

レセプタクルの逆が「プラグ (Plug) 」で、「差し込む側のコネクタ」です。凸凹の凸。

用語の説明はこれぐらいにして、本題に入っていきたいと思います。

USB Type-Cの仕様では

Section 3.1.4

USB Type-Cの仕様では、変換アダプターは以下の2種類が定義されています。

USB Type-C Cable and Connector Specification Revision 2.0 Section 3.1.4

1つ目が「Micro-Bレセプタクル to Type-Cプラグ」の変換アダプターで、2つ目が「Standard-Aレセプタクル to Type-Cプラグ」の変換アダプターです。

文字で説明されても分かりづらいと思うので具体例を出すと、以下のような製品です。

USB Type-Cの仕様で定義されている変換アダプターは、この2種類のみです。この2つ以外は定義されていません。

Section 2.2

上記に加えて、Section 2.2ではこのような記述が存在しています。

USB Type-C Cable and Connector Specification Revision 2.0 Section 2.2

日本語訳: USB Type-Cレセプタクル to USBレガシーのアダプターは明確に定義も許可もされていません。そのようなアダプターによって、無効かつ潜在的に安全ではない多数のケーブル接続をユーザーが構築できるようになってしまいます。

最初の1文で、USB Type-Cレセプタクルを搭載したアダプターは明確に禁止されているということが分かります。

USB Type-Cレセプタクル to USBレガシーが全て禁止されているため、Micro-BやLightningに変換するアダプターなどは全てNGです。そのため、以下のようなC to Cケーブルと各種アダプターのセットは、アダプター類が全てUSB Type-C仕様違反となります。

おわりに

iPhone 12シリーズに付属するケーブルがUSB Type-C to Lightningになったため変換アダプタを買おうという人もいるかと思いますが、USB Type-Cレセプタクルの変換アダプターは仕様で明確に禁止されています。Apple純正の変換アダプターが用意されていないのにはちゃんと理由があります。

この手の変換アダプターの需要があることは理解できますが、一部の変換アダプターでユーザーの安全性を確保できないため、仕様で明確に禁止されています。

変換アダプターでどうにかするのではなく、仕様で規定されているケーブルを使うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました