cheero USB PD対応18W ACアダプタ レビュー

cheeroブランドのUSB PD対応18W ACアダプタ (型番: CHE-324) を購入したので、レビューを行います。

対象の製品

クイックレビュー

厳密にはUSB Type-Cの規格に適合していないものの、問題なく使用できるACアダプタです。商品説明等に一切記載されていないQuick Charge 3.0にも対応しています。

18W出力なのでノートPC等には出力不足ですが、スマートフォンなどの充電には良いと思います。

開封・製品写真

  • Model No. (品番): CHE-324 Black
  • Input (入力): 100-240V~50/60Hz 0.5A
  • Output (出力): 5V==3A or 9V==2A or 12V==1.5A (USB-C PD 18W)
  • PSEマーク: あり (ひし形 / テュフ ラインランド / ティ・アール・エイ株式会社)
  • Made in China

USB PD

cheero CHE-324はUSB PDに対応しており、機器が接続されると「5V/3A」「9V/2A」「12V/1.5A」という3つのFixed Supply PDOを含むSource_Capabilitiesメッセージを送信します。

このSource_Capabilitiesメッセージの内容は、外装の表記と一致しており、何も問題はありません。

iPad Pro 11を接続

cheero CHE-324にiPad Pro 11を接続すると、12V/1.5Aでネゴシエーションが行われ、約18WがiPad Pro 11へ供給されていました。

iPad Pro 11は最大約30Wで充電が可能であるため、18W出力であるcheero CHE-324での充電は最高速度ではありませんが、iPad Pro 11付属のACアダプタと同じ程度の速度で充電をすることができます。

iPad Pro 10.5を接続

cheero CHE-324にiPad Pro 10.5を接続すると、12V/1.5Aでネゴシエーションが行われ、約19Wが供給されていました。

iPad Pro 10.5は最大約30Wで充電が可能であるため、18W出力であるcheero CHE-324での充電は最高速度ではありませんが、12W出力であるiPad Pro 10.5付属のACアダプタよりは高速に充電をすることが可能です。

Quick Charge 3.0

商品説明には何も記載がありませんが、cheero CHE-324はQuick Charge 3.0に対応しています。

USB Type-Cは、USB PD以外の方法でVBUSの電圧を変動させることを規格で禁止しているため、この点についてcheero CHE-324はUSB Type-Cの規格に違反しています。

また、Quick Charge 3.0に対応しているUSB Type-C ACアダプタの中には、規格で定められている範囲以上の電圧を掛ける粗悪な製品が存在しています。

このような可能性があるため、cheero CHE-324についても同様のテストを行いましたが、cheero CHE-324に関しては、規格以上の電圧を印加するような挙動は確認されませんでした。

CC1・CC2に印加されている電圧はUSB Type-Cの規格で定められている範囲内であったため、デバイス・ケーブル等の故障を招く恐れは低いと考えられます。

しかしながら、個人的に気になったのが、「cheero側がQuick Chargeに対応していることを把握していない可能性がある」という点です。

cheeroの製品ページや実際の製品パッケージでは、Quick Chargeについて一言も言及されていません。また、cheeroに問い合わせたところ、「Quick Chargeには対応しておりません」との回答を受けました。

cheeroは自分たちの名前を付けて売っているだけで、実際の設計・製造はどこかの中華ODMが手がけているものと思われますが、メーカーが自分たちの製品の仕様を把握していないというのはいかがなものかと思います。

USB BC 1.2 DCP / Apple 2.4A

USB BC 1.2 DCP

cheero CHE-324はUSB BC 1.2 DCPをサポートしているため、各種急速充電規格に対応していない旧世代の機器も問題なく充電できます。

Apple 2.4A

cheero CHE-324はApple独自の2.4A給電 (12W給電) をサポートしているため、高速充電 (USB PD) に対応していないiPhone・iPadも問題なく充電できます。

その他

VBUS

cheero CHE-324はUSB Type-Cの規格通り、Sinkの接続を検知するまでVBUSに電圧を印加しません。

Configuration Channel

cheero CHE-324はUSB Type-Cの規格通り、CC1・CC2がそれぞれ別個のRpでプルアップされています。

所感

USB Type-CにおけるQuick Charge 3.0への対応は人によって賛否が分かれるところですが、個人的には「安全な形で実装されてるなら別にいいんじゃないの」と考えています。もちろん、規格以上の電圧をかけるような製品は論外ですが、そういったお粗末なものでなければ「他社製品との差別化のためにはアリだよね」ということです。

また、USB PDコントローラの中には「機能」としてQCだったりSamsung AFCだったりHUAWEI FCPに対応しているものも少なくないため、そういったコントローラを採用した時点で勝手に対応してしまうという場合もあるものと思われます。

確かに厳密なことを言えばQC3.0はUSB Type-Cの規格に適合していません。しかしながら、そんなことを言い始めたら際限なくあれもダメこれもダメということになってしまい、最終的に選択肢がなくなってしまうので、「安全に問題なく使用できるっぽい」というところで妥協しつつ製品を選んでいく、というのが現実的な路線ではないでしょうか。

この記事について

この記事で使用しているAnker A2056511は、Amazon.co.jpのマーケットプレイス販売者「cheero mart」から当サイトの管理人が購入したものです。

この記事の内容は全て当サイトの管理人が書いたものであり、何者かがこの記事に対して報酬を支払ったり、事前にチェックを行ったりなどは一切していません。

テストに使用した機器

  • メディアロジック USB Power Delivery アナライザ DTW2U3 (製品ページ)
  • 横河計測 ディジタルマルチメータ 732-03 (製品ページ)
  • Apple USB-C – Lightningケーブル (1m) MK0X2AM/A A1656
  • Apple USB-C充電ケーブル (2m) MLL82AM/A A1739
  • USB Type-C to USB Type-C ケーブル (eMarkerなし)
  • その他、電子負荷やType-Cブレークアウトボードなど