ThinkPadなどのノートPCが一部のUSB PD ACアダプターで充電できない話

※CIOに「充電できない」という内容の問い合わせをすると本ページを確認しろという返事がくるらしいですが、当サイトはCIOとは一切関係のない、ただの個人サイトです。

ThinkPadやXPS 13、レッツノートなどの一部のノートPCで、USB PD PPS対応ACアダプターで充電できない場合があるっぽいので調べてみました。

なお、本記事で説明している内容はMacBookシリーズでは恐らく発生しません。

広告

色々なACアダプターで充電してみた

充電できない現象が発生するThinkPad Yoga 370とThinkPad L380を所有している (所有していた) ので、この2台を実験台にして、色々なUSB PD PPS対応ACアダプターで充電してみました。

なお、ACアダプターのPDOの表示に使っているのはAVHzY CT-3で、ノートPC – ACアダプター間のUSB PDパケットの確認に使っているのはメディアロジックのUSB PDアナライザー DTW2U3です。

AVHzY CT-3 (Shizuku) レビュー
対応している急速充電規格を検出したり、USB PD PDOの表示を行うことのできるAVHzY CT-3 (Shizuku) を購入したので、機能や使い勝手などを簡単にレビューします。
USB Power Delivery Analyzer of MediaLogic
開発支援機器 開発を支援する機器、装置です。

Samsung EP-TA845 + Yoga 370

ThinkPad Yoga 370をSamsung EP-TA845で充電しようとすると、無限にリセットが発生し、正常に充電できません。Sink側がSoft Resetを実行しているので、何らかの原因でThinkPad Yoga 370がおかしくなっているようです。

↑の画像はVBUSの電圧を測定したグラフです。Hard Resetが繰り返し発生しているため、電圧が0Vと5Vを行ったり来たりする状態が延々と繰り返されます。

Samsung EP-TA845 + L380

※eMarkerなしの3Aケーブルを使用

Samsung EP-TA845でThinkPad L380を充電した場合も同様で、無限にリセットが実行されて正常に充電できません。

ThinkPad Yoga 370の場合と違ってHard Resetが実行されていないため電圧は5Vのまま一定となっていますが、本来であれば20Vが供給されるはずなので、正常に充電できているとは言えません。

CIO CIO-G65W2C1A + Yoga 370

※eMarkerなしの3Aケーブルを使用

USB-C1ポートのみを使用している状態のCIO-G65W2C1AでThinkPad Yoga 370を充電した場合、20V⎓3.0AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、正常に充電できました。


※eMarkerなしの3Aケーブルを使用

USB-C2ポートを同時使用して45W出力になっているCIO-G65W2C1AのUSB-C1ポートでThinkPad Yoga 370を充電した場合、正常に充電できました。 (1回Hard Resetが実行されているのは、複数ポート使用時は挿抜の度に必ずリセットされるCIO-G65W2C1Aの仕様によるものなので正常です)

本来であれば上記の写真のようにPPSの出力も通知されるはずですが、Yoga 370に採用されているTPS65982はUSB PD 2.0のICであり、1度目のRequest時にUSB PD 2.0のメッセージを送信しているため、CIO-G65W2C1A側が「このSinkはPD 2.0だ」と認識して、Hard Reset後のSource_CapabilitiesメッセージではPPSの出力を通知していません。

CIO-G65W2C1A側が気を利かせてPPSを通知しないため正常に充電できていますが、この動作がなければ、後述のL380のようにリセットが繰り返し実行されて正常に充電できないと思われます。

CIO CIO-G65W2C1A + L380

※eMarkerなしの3Aケーブルを使用

USB-C1ポートのみを使用している状態のCIO-G65W2C1AでThinkPad L380を充電した場合、20V⎓3.0AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、正常に充電できました。


※eMarkerなしの3Aケーブルを使用

USB-C2ポートを同時使用して45W出力になっているCIO-G65W2C1AのUSB-C1ポートではThinkPad L380を正常に充電できません。

上で書いたように、Yoga 370を充電した場合はYoga 370がUSB PD 2.0のためHard Reset後のSource_CapabilitiesメッセージではPPSの出力が通知されなくなりましたが、L380に採用されているTPS65988はUSB PD 3.0のICであるため、Hard Reset後のSource_CapabilitiesメッセージでもPPSが通知されています。

USB-C1ポートのみを使用している状態では正常に充電できていたのに対して、USB-C2ポートも同時に使用した途端に充電できなくなっていることを考えると、充電できない現象はACアダプターとノートPCに採用されているICベンダー同士の相性問題のようなものではなく、特定のPPSの出力が通知されるとノートPC側がおかしくなるということを示唆しています。

CIO CIO-G65W1C + Yoga 370

CIO CIO-G65W1CはThinkPad Yoga 370を正常に充電できません。

Anker PowerPort III 45W Pod + Yoga 370

Anker PowerPort III 45W Pod (A2711121) でThinkPad Yoga 370を充電した場合は20.0V⎓2.25Aで問題なくUSB PDのネゴシエーションが行われ、正常に充電できました。

Anker PowerPort III 45W Pod + L380

Anker PowerPort III 45W Pod (A2711121) でThinkPad L380を充電した場合は20.0V⎓2.25Aで問題なくUSB PDのネゴシエーションが行われ、正常に充電できました。

Anker PowerPort III 65W Pod + Yoga 370

Anker PowerPort III 65W Pod (A2712121) でThinkPad Yoga 370を充電した場合は20.0V⎓3.25Aで問題なくUSB PDのネゴシエーションが行われ、正常に充電できました。

Anker PowerPort III 65W Pod + L380

※eMarkerなしの3Aケーブルを使用

Anker PowerPort III 65W Pod (A2712121) でThinkPad L380を充電した場合は20V⎓3.0Aで問題なくUSB PDのネゴシエーションが行われ、正常に充電できました。

Anker Nano II 30W + Yoga 370

Anker Nano II 30W (A2655N11) はThinkPad Yoga 370を正常に充電することができません。

nubia NB-A930A-USBA-1 + Yoga 370

nubia NB-A930A-USBA-1はThinkPad Yoga 370を正常に充電することができません。

ThinkPad Yoga 370 / L380の充電結果まとめ

ThinkPad Yoga 370 / L380の充電結果をまとめたものが以下の表です。

ACアダプター
(USB PDコントローラー)
ACアダプターの仕様充電結果ノートPC
Samsung EP-TA845

(MM101)
5.0V
9.0V
15.0V
20.0V
3.3-11.0V
3.3-16.0V
3.3-21.0V
不可Yoga 370
L380
CIO CIO-G65W2C1Aの
USB-C1 (単独使用)

(コントローラー不明)
5.0V
9.0V
12.0V
15.0V
20.0V
3.3-11.0V
Yoga 370
L380
CIO CIO-G65W2C1Aの
USB-C1 (USB-C2同時使用)

(コントローラー不明)
5.0V
9.0V
12.0V
15.0V
20.0V
3.3-11.0V
3.3-21.0V
不可L380
CIO CIO-G65W1C

(コントローラー不明)
5.0V
9.0V
12.0V
15.0V
20.0V
3.3-11.0V
3.3-20.0V
不可Yoga 370
Anker 45W Pod

(コントローラー不明)
5.0V
9.0V
15.0V
20.0V
3.3-16.0V
3.3-21.0V
Yoga 370
L380
Anker 65W Pod

(コントローラー不明)
5.0V
9.0V
15.0V
20.0V
3.3-21.0V
Yoga 370
L380
Anker Nano II 30W

(WT6636F)
5.0V
9.0V
15.0V
20.0V
3.3-11.0V
3.3-16.0V
不可Yoga 370
nubia NB-A930A-USBA-1

(LD6610)
5.0V
9.0V
12.0V
15.0V
3.3-11.0V
3.3-16.0V
不可Yoga 370

※L380を試したACアダプターが微妙に少ないのは、単純に未確認 (今はもうL380が手元にない) ためであり、都合の悪い結果だったから載せてないとかではないです。

まず注目してほしいのが、ACアダプターに使用されているUSB PDコントローラーです。表の通り、使用されているUSB PDコントローラーはバラバラなので、充電できない現象はACアダプターのメーカー・ブランドやUSB PDコントローラーのベンダーに依存して発生するものではなく、それ以外の何らかの条件があると推測できます。

これを踏まえて、充電できるACアダプターと充電できないACアダプターの共通点・相違点を探っていくと、以下の条件が絞り込まれます。

  • PPSに対応している
  • 複数のPPSの出力を通知する
  • 1番低いPPSが3.3-11.0V

例えば、以下のようなACアダプターです。

パッと見では3.3-11.0Vだけが条件のように思えますが、CIO-G65W2C1AのUSB-C1単独使用では正常に充電できているため、恐らく3.3-11.0Vだけであれば正常に充電できると思われます。3.3-11.0Vに加えて、3.3-11.0Vよりも高い電圧のPPS PDOも一緒に通知されると、ノートPC側がおかしくなって正常に充電できない模様です。

Yoga 370とL380のUSB PDコントローラー

ACアダプター側の条件は大体絞り込めたので、今度はPC側の条件を探ってみました。

実機を分解してみたところ、ThinkPad Yoga 370にはTexas InstrumentsのTPS65982 (TPS65982DA) が、ThinkPad L380にはTPS65988 (TPS65988CE) がUSB PDコントローラーとして採用されていました。

TPS65982はシングルポート用のUSB PDコントローラーで、USB PD 2.0対応です。

TPS65988はデュアルポート用のUSB PDコントローラーで、USB PD 3.0対応です。

細かい機種名は後述しますが、一部のUSB PD PPS対応ACアダプター充電できない現象は、TPS65982またはTPS65988を採用しているノートPCに集中して発生しているようです。USB PDコントローラーはTIだけでなくCypressやRealtekなども製品化していますが、TI以外のコントローラーを採用しているモデルでは、この充電できない現象は発生していない模様です。

そのため、「USB PDコントローラーにTPS65982またはTPS65988を採用していること」がノートPC側の条件である可能性が高いと考えられます。

ThinkPad Yoga 370 / L380以外ではどうなのか

ThinkPad Yoga 370 / L380だけでは証拠として弱いので、他の機種で使用されているUSB PDコントローラーの情報や、そのモデルの充電可否について調べました。

充電できないという人に詳しい話を教えてもらったり、本記事に投稿していただいたコメントのおかげでだいぶ情報が集まりました。みなさんありがとうございます!

Lenovo (ThinkPadシリーズ)

ノートPCコントローラーACアダプター充電結果備考・ソース
ThinkPad X1 Carbon (5th)TPS65982DA ZQZREP-TA845
CIO-G65W1C
不可ソース1
ソース2
ThinkPad X270TPS65982DA ZQZREP-TA845
CIO-G65W1C
AUKEY Focus Pro 63W
不可ソース1
ソース2
ThinkPad Yoga 370TPS65982DAEP-TA845
CIO-G65W1C
Anker Nano II 30W
不可詳細は上記
ThinkPad Yoga 370TPS65982DAAnker 45W Pod
Anker 65W Pod
CIO-G65W2C1A
詳細は上記
ThinkPad T470TPS65982DA ZQZR
ThinkPad T470sTPS65982DA ZQZR
ThinkPad 13 (2nd)TPS65982DEP-TA845不可ソース
ThinkPad X1 Carbon (6th)TPS65988CE RJTREP-TA845
Anker Nano II 30W
不可ソース1
ソース2
ThinkPad X280TPS65988CECIO-G65W1C
CIO-G65W3C1A *
不可ソース1
ソース2
ThinkPad T480TPS65988CE RJTREP-TA845不可ソース
ThinkPad T480sTPS65988CE RJTREP-TA845不可ソース
ThinkPad T580TPS65988CE RJTR
ThinkPad L380/L380 YogaTPS65988CEEP-TA845
CIO-G65W2C1A *
不可詳細は上記
ThinkPad L380/L380 YogaTPS65988CEAnker 45W Pod
Anker 65W Pod
CIO-G65W2C1A
詳細は上記
ThinkPad L480/L580TPS65988
ThinkPad E480/E580RTS5455
ThinkPad E485/E585RTS5457
ThinkPad X390 YogaTPS65988CE RJTR
ThinkPad T490s/X390
※メインボード共通
TPS65988CE RJTRCIO-G65W1C
Anker Nano II 30W
ソース1
ソース2
ThinkPad T490/T590TPS65988CE RJTR
ThinkPad L390?EP-TA845不可ソース
ThinkPad L490/L590TPS65988EP-TA845
CIO-G65W1C
AUKEY Focus Pro 63W
Anker Nano II 30W
Sony XQZ-UC1
不可ソース1
ソース2
ソース3
ThinkPad E490/E590RTS5455
ThinkPad E495/E595RTS5457CIO-G65W1Cソース
ThinkPad X1 Carbon (8th)?CIO-G65W1C不可ソース
ThinkPad X13 Gen 1 (Intel)?CIO-G65W1C不可ソース
ThinkPad T14 Gen 1?CIO-G65W1C不可ソース
ThinkPad Extreme Gen 1TPS65988
ThinkPad Extreme Gen 2TPS65988CE RJTR
* 他のポートも同時に使用しており、出力が制限されている状態のUSB-C1ポートで充電した場合

この表の通り、ThinkPadは基本的に全滅っぽいです。条件を満たしているUSB PD PPS ACアダプターで充電できないという報告が多数見つかりました。

唯一の例外がEシリーズで、EシリーズだけはTIではなくRealtekのコントローラーを採用しているため、正常に充電できる模様です。

Intel 第11世代 (Tiger Lake) 以降のCPUを採用しているモデルでは充電できるかできないか不明ですが、Thunderbolt 4に対応させるためにはTPS65994AD等の新しいコントローラーを使わなければならない = コントローラーが今までと変わっているはずなので、正常に充電できる可能性は高いと思います。

Lenovo (ThinkPad以外)

ノートPCコントローラーACアダプター充電結果備考・ソース
Yoga C740 15.6?EP-TA845不可ソース
ThinkBook 13s-IMLRTS5457T-GR

Dell

ノートPCコントローラーACアダプター充電結果備考・ソース
XPS 13 (9350)TPS65982
XPS 15 (9550)TPS65982?不可ソース
XPS 13 (9360)TPS65982CIO-G65W1C不可ソース
XPS 13 2-in-1 (9365)左側(TBT3): TPS65982
右側(DP): CYPD4125
Anker Nano II 30W左側は不可
右側は可
ソース
XPS 13 (9370)TPS65982D
XPS 15 2-in-1 (9575)Cypress CCG5
XPS 15 (9570)TPS65982DC
XPS 13 (9380)TPS65982DD
XPS 13 (7390)TPS65982DD
XPS 13 2-in-1 (7390)TPS65987DH
XPS 13 (9300)TPS65987DDJ
Inspiron 13 (7300)?CIO-G65W1Cソース

注目すべきなのがXPS 13 2-in-1 (9365) です。XPS 13 2-in-1 (9365) の左側面のThunderbolt 3ポートにはTPS65982、右側面のUSB 3.1 + DP Alt ModeポートにはCypress CYPD4125が使用されていますが、左側では充電できず、右側では充電できるという報告があります。このことから、一部のUSB PD PPS対応ACアダプターで充電できない現象は、TIのコントローラーが原因である可能性が極めて高いと推測できます。

HP

ノートPCコントローラーACアダプター充電結果備考・ソース
Elite x2 1012 G1TPS65982?不可ソース
EliteBook Folio G1TPS65982CIO-G65W1C不可ソース
Spectre X360 13 (Kaby Lake-U)TPS65982
Spectre X360 15 (Kaby Lake-U)TPS65982D
ENVY x360 13-ar0000?EP-TA845不可ソース

ASUS / 東芝 / Panasonic / NEC / Microsoft / LG

ノートPCコントローラーACアダプター充電結果備考・ソース
ZenBook 3 UX390UATPS65982EP-TA845不可ソース
dynabook VZ72?EP-TA845不可ソース
dynabook VZ/HR?EP-TA845ソース
レッツノート SV7TPS65982 ?この記事の写真に写っているICの刻印がTPS65982っぽく見える
(この記事でTIであることは明言されている)
レッツノート SV8?CIO-G65W3C1A *不可ソース
レッツノート SV9?CIO-G65W2C1A *
CIO-G100W3C1A *
ソース
レッツノート QV (QV8?)?EP-TA845不可ソース
VersaPro UltraLite VH-5?Anker Nano II 30W不可ソース
Surface Pro 7TPS65987D DJ
Surface Laptop 3
(15-inch, AMD)
TPS65987D DJ
LG gram 17Z90N?CIO-G65W1Cソース
* 他のポートも同時に使用しており、出力が制限されている状態のUSB-C1ポートで充電した場合

まとめ

それでは、これまでの内容をまとめます。

ノートPCとACアダプターの両方にそれぞれ条件がありますが、ノートPCとACアダプターの両方が条件を満たしている場合にのみ、充電できない現象が発生します。どちらか片方でも条件に該当しない場合は正常に充電することができます

ACアダプター

ACアダプターの条件は以下の通りです。

  • USB PD PPSに対応している
  • 複数のPPSの出力に対応している
  • 1番低いPPSの出力が3.3-11.0V

例えば、以下のようなACアダプターです。

ノートPC

ノートPCの条件は以下の通りです。

  • Texas InstrumentsのUSB PDコントローラー「TPS65982」または「TPS65988」を採用している

特にThunderbolt 3対応のノートPCではこれらのUSB PDコントローラーが採用されているケースが非常に多いため、Thunderbolt 3対応ノートPCをお使いの方は注意してACアダプターを選ぶ必要があります。

 
広告

充電できない / できない可能性のあるACアダプターのリスト

「注意してACアダプターを選べって言われても、どれを避ければいいのか分からんわ!」という人のために、実際に充電できない報告がある or 仕様的に充電できないと思われるACアダプターをリストアップしておきます。

充電できないという報告があるACアダプター

以下のACアダプターでは、TPS65982またはTPS65988を採用しているノートPCを充電できないという報告が実際にあります。

* 他のポートも同時に使用しており、出力が制限されている状態のUSB-C1ポート

仕様的に充電できないと思われるACアダプター

以下のACアダプターは今のところ充電できないという報告はないものの、仕様的にTPS65982またはTPS65988を採用しているノートPCを充電できないと思われます。

* 他のポートも同時に使用しており、出力が制限されている状態のUSB-C1ポート

情報募集中!

上記のリストに載っているACアダプターで充電できるかできないか試してみた方からのコメントを募集しています。

「テスターとか持ってないから正常に充電できてるかできてないか分からん」という方もいるかと思いますが、やたら充電が遅いとか、Lenovo Vantageで “2W USB-C電源” とか “15W USB-C電源” と認識されている、ぐらいのエビデンスで十分です。

なお、一部のノートPCで表示される “低速のUSB充電ケーブルが接続されています” というアラートは純正ACアダプターより低いワット数で充電してることを示しているだけの場合がほとんどなので、低速充電ケーブル = 正常に充電できていない、というわけではないです。

コメント

  1. くものすなみのり より:

    こちらの記事のレッツノートQVシリーズも該当しますか?
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/config/1217/555/index.html

  2. かっぱ より:

    Lenovo T14 Gen1とCIO CIO-G65W1C
    の組み合わせで充電出ますが異常に時間がかかります。
    (電圧が4.6Vのようで13W程度の充電でした。)

  3. てん より:

    今さらですが…
    CIO CIO-G65W1CとDell XPS 13 9360だと充電自体が不可(接続リセットが繰り返されているみたいです)
    CIO CIO-G65W1CとLenovo ThinkPad X390だとPDが有効にならず、5V以下でしか給電されませんでした。
    開腹はしていないのでPDコントローラー不明ですみません。

    • はんぺんはんぺん より:

      調べたところ、Dell XPS 13 9360にはThinkPad Yoga 370と同じTPS65982が採用されているようなので、恐らく同じ原因で無限リセットが発生していると思われます。
      またThinkPad X390についても、X390 YogaというモデルにTPS65988が採用されているという情報が見つかったためX390もTPS65988を採用している可能性が高く、それが原因で正常に充電できていない可能性が考えられます。

      XPS 13 9360、ThinkPad X390、いずれもTIのUSB PDコントローラーが原因のようなので、記事に反映させていただきました。情報ありがとうございました。

  4. THz より:

    コトが随分と込み入っているようなので、TIのエンジニアフォーラムを探ってみました。
    2019年11月に姉妹チップのTPS65987で、「Samsung EP-TA845とネゴシエーションができずリセットがかかる。」というほぼそのままの問題が投稿されており、
    その投稿により開発が動きファームウエア(というか内部パラメータの生成ソフトというか)のアップデートがかかったようです。
    開発側の認識としては「PPSが2個以上通知されると正常に動作しないのを修正した。(旧版で動作するのはPPSが1個だけ通知された場合のみ。)」ということのようで、少しばかり食い違いがありますが。

    なので、2019年11月以前のここら辺のチップを採用した製品は等しくこの問題を抱えている可能性があります。
    アップデートもできるのですが、機器内部であらかじめアップデートのルートを回路的に持っていなければならないのと、失敗すると電源系が直接的に壊れるためやっているところは少ないかと思います。
    また、これ以降の製品についても純正のACアダプタの仕様が縛ってあれば社外品を使わない限り問題が発生しない上に、発生したとしてもソフト/ハードリセット程度、ユーザーには単に「給電できないか遅い。」ぐらいにしか見えないため、修正が反映されていると期待するのもあまりしない方がよさそうです。

    ちなみに、TPS65982についても似たような投稿がありましたが、「PD2.0製品なのでPD3.0はサポートしてないです。」で突き放されていました。

    参考になれば幸いです。

  5. 電子脳民 より:

    リストに載っているACアダプターではありませんが・・・。
    ThinkPad E490とAUKEYのPA-B6SのポートNo.1で充電ができない事象があります。

    ACアダプターは条件に合致、ThinkPad E490はコントローラーを特定できませんでしたが、おそらく問題の根は同じなのではないかと思います。

    • はんぺんはんぺん より:

      報告ありがとうございます。

      ttps://chibimegane.com/aukey/omnia-mix3/
      このサイトによるとAUKEY PA-B6SはUSB-C1もUSB-C2も同じ仕様らしいので、USB-C1だけThinkPad E490を充電できないというのは変ですね。PPSが原因で充電できないのであればUSB-C2でも充電できないはずです。

      現に充電できていないのでAUKEY PA-B6SとThinkPad E490の間で何らかの不具合があるのは間違いないですが、この記事で言及している事象とは異なる原因のような気がします。

  6. こんにゃく より:

    Thinkpad E14 Gen2(第11世代i7)を、Anker Nano II 65Wで充電しようとしたところ、バッテリーが休止状態であるという旨の表示が出て充電できませんでした。

    • はんぺんはんぺん より:

      ThinkPad E14 Gen 2 (Intel) はThunderbolt 4対応のため、USB Type-CポートコントローラーにはTPS65993AC等の新しい世代のものが使用されていると推測されます。
      また、Anker Nano II 65WのUSB PDの出力は5V, 9V, 15V, 20V, PPS 5-21Vであり、充電できないACアダプターの条件には該当していません。
      この2点から、本記事で説明している内容がこんにゃくさんのThinkPadが充電できない原因になっている可能性は低いと考えています。

      「バッテリーが休止状態であるという旨の表示が出て充電できませんでした」というのがググってもよく分からなかったのですが、いったいどのような状況でしょうか。Lenovo Vantage上で確認できるACアダプターの出力が、65W以外の異常な値が表示されていたりしたのでしょうか?

  7. kei_mobile より:

    手持ちのThinkpad x280の保護シート剥がしてみましたがコントローラはTPS65988CEでした。
    該当のACアダプタ持ち合わせてないので試せてません。

  8. XR より:

    他サイト様からの引用で恐縮ですが

    https://androplus.org/Entry/12889/
    >実際のPDO:5V/3A、9V/3A、
    >12V/2.5A、15V/2A、20V/1.5A、
    >PPS 3.3-11V/3A、PPS 3.3V-16V/2A

    どうやらBaseus 65Wも条件に該当しそうですかね…?

    • XR より:

      申し訳ありません。
      書き込んだ後に気づいたのですが、C2ポートだけでした。
      当面は充電器買う際に都度気にしないといけないのは厄介ですね。

  9. Hisamitsu より:

    記事に書かれていることが自分の知識で把握できないことも多いので、関係ない話なのかもしれませんが
    LG UltraFine 4K Display と ASUS ZenBook UX325EA を Thunderboltケーブルでつなぐと、(以前は問題なくディスプレイ側からPCに充電できてたのですが最近PCのPD Firmwareの更新をしたのがきっかけじゃないかと思うのですが)Thunderboltケーブルを繋ぐとPCで[電源ケーブル]←→[バッテリー]の表示が延々と繰り返されてPCが落ちます。PC付属のType-CのACアダプターをつないでそっちから充電してる状態でディスプレイとThunderboltケーブルでつなげばディスプレイとの間は映像信号だけになるみたいで異常は起きないのですが、せっかくケーブル1本で映像も充電もできていたのに、いまはディスプレイ用と充電用で2本のUSBケーブルをPCに繋いでいてなにげに面倒くさい。
    この現象もLGディスプレイのThunderbolt制御のICとASUSパソコンのThunderbolt制御のICとの相性の問題なんでしょうか?
    LG UltraFine 4K Displayを2台所有していて、古いモデル(Thunderbolt端子が1つしかないモデル)とは、今も問題なくケーブル1本で映像と充電ができるというのも不思議です。

タイトルとURLをコピーしました