1,000円以下のUSB 3.1対応Type-C to Type-Cケーブルには要注意

この記事をシェアする

Amazonでは1,000円以下のUSB 3.1対応Type-C to Type-Cケーブルが売られていますが、ロクなものではない可能性が高いので注意しましょう。

USB 3.1対応のType-C to Type-Cケーブルは高価

Type-C to Type-Cケーブルは「USB 2.0対応品」と「USB 3.1対応品」の2つに大きく分けられます。

この2種の価格を比べてみると基本的にUSB 3.1対応品のほうが高価であり、メーカーによっては2倍以上の価格差がついていることも珍しくありません。

例として、AmazonベーシックのType-C to Type-Cケーブルを比較してみます。

2017年11月4日時点では、USB 2.0対応品が333円、USB 3.1対応品が1,475円となっています。2倍どころか4倍以上の価格差ですね。

このように明らかな価格差があるType-C to Type-Cケーブルですが、なぜこんなにも価格差があるのでしょうか。

USB 3.1対応品が高い理由

USB 3.1対応品が高価な理由ですが、先に答えを言ってしまうと「全てのUSB 3.1対応Type-C to Type-CケーブルにはeMarkerが内蔵されているから」です。

eMarkerとは

「eMarker」という単語を知らない方も少なくないと思いますが、eMarkerとは「Type-C to Type-Cケーブルに内蔵されているICチップ」です。

Type-C to Type-CケーブルはUSBのデータ転送だけでなく、USB PDでの大電力の供給や、Alternate ModeによるUSB以外のデータ転送にも使われます。そのため、ケーブル自身が接続している機器に対して「XXボルトYYアンペアまで対応しています」「データ転送速度は最大ZZ Gbpsです」といった情報を通知する必要があります。

そういった「ケーブルの電気的特性」を通知するために内蔵されているICチップがeMarkerです。

eMarker搭載はコスト増

こういった役割を担うeMarkerですので、当然、別の製品用のeMarkerを使い回すというわけにはいきません。製品ごとに対応している電圧・電流は異なりますし、データ転送速度も同じとは限りません。

ついでに言うと、eMarkerにはUSB-IFの認証を取ってあるケーブルのためにProduct IDやTest ID、XIDなんかを入力する領域も用意されています。そういった意味でも、異なる製品でeMarkerの使い回しというのはできません。

そんな事情がありますので、eMarkerを内蔵しているケーブルは、内蔵していないケーブルと比べてコストの掛かる製品となっています。

USB 3.1対応のType-C to Type-CケーブルはeMarker必須

コスト増の原因となるeMarkerですが、USB 3.1対応のType-C to Type-Cケーブルには必ず搭載することがUSB Type-Cの規格で定められています。

USB Type-C Cable and Connector Specification, Revision 1.2, Section 2.2

このように規格で必ず内蔵することが定められているため、USB 3.1対応品はどうしても高価になりがちです。

広告

1,000円以下のUSB 3.1対応品

高価になりがちなUSB 3.1対応のType-C to Type-Cケーブルですが、Amazonを見てみると1,000円以下のものがチラホラあったりします。

例えば以下のAUKEYのCB-CD7というケーブルは、2017年11月4日時点で499円という破格で販売されています。

いったいどうやってこの価格を実現しているのでしょうか。「USB Type-Cで困ったらこの人!」ということで、規格違反のUSB Type-C製品をぶった切りまくっているBenson Leung氏のレビューを見てみます。

Aukey CB-CD7 violates the USB spec; Fails in Alternate Modes because of missing wires, and missing required e-marker.

(略)

2. Missing required e-marker electronic identifier chip
USB Type-C Specification Section 4.9 “Electronically Marked Cables” states, “All USB Full-Featured Type-C cables shall be electronically marked.”

In my testing with a Twinkie PD Analyzer and the Total Phase Advanced Cable Tester, this cable lacks the required e-marker entirely, and will not work with sources and sinks that depend on checking the capabilities of the cable using the identifier chip.

(略)

(Amazon.com)

ということで、AUKEYのCB-CD7は「USB Type-Cの規格を無視してeMarkerを内蔵しない」という画期的な方法でコストを削減し、499円という驚きの価格を実現しているようです。

加えて、規格で定められているピンのうち配線されていないものが6本あるらしく、Alt Mode等で正常に動作しないことも併せて指摘されています。

AUKEYの他のケーブル

Benson氏によるとAUKEYの他の自称USB 3.1ケーブルも規格違反らしいので、Amazon.co.jpへのリンクとともに紹介しておきます。どちらのケーブルも、上記のCB-CD7と同様に「eMarkerなし」「ピンの配線不足」という欠陥品のようです。

広告

所感

さすがAUKEY!
他社が考えもしない方法でコストを削減!
そこにシビれる!あこがれるゥ!