Mi Pad 4のUSB Type-Cポートの仕様を調べてみた

この記事をシェアする

USB PDやQuick Chargeなど、Mi Pad 4のUSB Type-Cポートの仕様について調べてみました。

充電

cheero CHE-324

USB PD 18WやQuick Charge 3.0に対応しているcheero CHE-324で充電したところ、約5V/2Aで給電されていました。

cheero CHE-324が送り続けるSource_Capabilitiesメッセージに対してMi Pad 4は一切応答していませんでした。

充電時の挙動に関する結論

充電は5V/2AがMaxで、Quick ChargeやUSB PDには対応していません。

給電

Source_Capabilitiesメッセージ

Mi Pad 4はUSB Type-Cポートに何らかの機器が接続されると、5V/1.5AのFixed Supply PDOを含むSRCCAPメッセージを送信します。

Xiaomi ZJQ01TM

USB PD対応ハブ(ZJQ01TM)を接続したところ、5V/1.5AでUSB PDのネゴシエーションが完了したものの、なぜか1秒程度でMi Pad 4からの給電がストップし、正常に動作しませんでした。

原因は不明です。(バグ or 出力不足 or 相性問題?)

電子負荷

「Mi Pad 4のUSB Type-Cポートがどれぐらいの電力を出力できるのか」ということを調べるために電子負荷を接続したところ、接続後の一瞬だけ電力が出力されたものの、すぐに出力がストップしました。

1W程度しか出力していないのにも関わらず出力がストップしているため、Mi Pad 4の出力不足が原因ではなく、何らかのバグである可能性が高そうです。

Nextbit Robin

Nextbit Robinを接続したところ、約5V/0.5Aで正常にRobinが充電されました。

給電時の挙動に関する結論

Nextbit Robinを接続した結果から、Mi Pad 4は少なくとも2.5Wは出力できることが分かります。しかしながら、USB PDハブや電子負荷を接続した場合では、2.5W未満しか消費していないにも関わらずなぜか出力がストップします。

完全に挙動が意味不明なので、「USBメモリを接続する」程度の使い方しかしないほうが良さそうです。

広告

所感

※この「所感」は私の想像です。正確さは保証しません。

Mi Pad 4はsdm660を採用しており、そのsdm660はQuick Charge 4+に対応しています。QC4+はUSB PDを利用した急速充電規格であるため、sdm660のパッケージにはUSB PDコントローラが含まれていると考えられます。

その一方で、Mi Pad 4は非常に安価な製品です。USB PDは実装が大変(=コストがかかる)な割にユーザー的にはそこまでメリットのない機能であるため、Mi Pad 4はUSB PDに対応しない方向で設計されているように見受けられます。

つまり、Mi Pad 4は「USB PDに対応しているsdm660」を搭載しているにも関わらず、「USB PDに対応させない方向」で設計されているということです。その結果、USB PD周りの機能を完全に殺しきれず、意味不明な挙動をする実装になってしまっている……ような気がします。

USB Type-Cは複雑で、ちゃんと実装するのが本当に難しいので、開発費が少ない(=コスト的に余裕が無くて雑な設計になっている可能性の高い)であろう激安製品は避けた方が無難かもしれません。

広告

使用機器

  • Mi Pad 4 M1806D9W (Android 8.1.0 / MIUI China Stable V9.6.26.0.ODJCNFD)
  • メディアロジック USB Power Delivery アナライザ DTW2U3 「PDワットみるC」 (公式HP)
  • cheero CHE-324 (USB PD 18W対応 / QC 3.0対応 / レビュー記事)
  • Xiaomi ZJQ01TM (公式HP)
  • USB Type-C to USB Type-C ケーブル (USB 2.0 / eMarkerなし)