USB-C - イヤホンジャックの変換アダプタは2種類あるので要注意

USB Type-Cを3.5mmステレオミニジャックに変換するアダプタは2種類あるので、購入する際には注意しましょう。

簡単にまとめると

この記事の要点をまとめると、以下の通りです。

  • USB-C – 3.5mmステレオミニジャックの変換アダプタは「アナログ型」と「DAC内蔵型」の2種類がある
  • アナログ型の変換アダプタは対応していない機器が結構ある
  • DAC内蔵型はほぼ全ての機器が対応している
  • なので、DAC内蔵型の方がオススメ
  • 値段や入手性的にAppleの変換アダプタが良さそう

2種類の変換アダプタ

USB Type-Cを3.5mmステレオミニジャック(以下イヤホンジャック)に変換するアダプタは、「アナログ型」と「DAC内蔵型」の2種類があります。

ELECOM AD-C35BK

アナログ型の変換アダプタは、USB Type-Cポートからアナログオーディオ信号を取り出し、それをイヤホンジャックに変換します。そのため、USB Type-Cポートからアナログオーディオ信号を出力できる機器でしか使うことができません。

しかしながら、USB Type-Cポートからのアナログオーディオ出力はあくまでオプションであり、必須とは定められていません。つまり、イヤホンジャックのないスマートフォン・タブレットであっても、アナログ出力に対応していない機種もあるということです。

実際、Pixel 3やiPad Pro 2018などはアナログ出力に対応していないため、アナログ型の変換アダプタを使うことができません。

Apple A2049 (MU7E2FE/A)

それに対してDAC内蔵型の変換アダプタは、USB Type-Cポートからデジタルでオーディオ信号を取り出し、それを変換アダプタ内のDACでアナログ信号に変換し、イヤホンジャックへと出力します。

USB Type-Cを搭載しているようなイマドキのスマホ・タブレット・PCであればほぼ間違いなくデジタル出力に対応しているので、DAC内蔵型は基本的に全ての機器で使うことができると考えてOKです。

オススメはDAC内蔵型、ただし見た目で区別が付かない

アナログ型とDAC内蔵型、個人的にはDAC内蔵型の方をオススメします。

ここまで読んだ方ならお分かりだと思いますが、アナログ型は使用できる機器に制限があるのに対して、DAC内蔵型は全ての機器で使うことができる (はず) だからです。

そのため「使えないかもしれないアナログ型」よりも、「ほぼ間違いなく使えるDAC内蔵型」の方をオススメします。

ELECOM AD-C35BK
アナログ型

Apple A2049 (MU7E2FE/A)
DAC内蔵型

ただし、アナログ型とDAC内蔵型は見た目で区別が付きません。色が黒とか白とかは関係ないです。

パッケージや製品ページ、レビューなどをよく確認して、頑張って自分で判別しましょう。 (無理難題)

Appleの変換アダプタが良さそう

Apple A2049 (MU7E2FE/A)

見た目で区別が付かない変換アダプタですが、現時点 (2018年11月) では、Appleの変換アダプタが

  • DAC内蔵型
  • 安い (税込 1,080円)
  • 割とどこでも買える (通販 or 実店舗)

ということで、有力な選択肢です。

Amazonで購入できるため、非常に入手性が高いです。

実店舗では、ヨドバシカメラビックカメラの「在庫あり」となっている店舗に行って、店員さんにスマホの画面を見せながら「これください」って言えば買えると思います。

筆者もこのAppleの変換アダプタを買いましたが、iPad Pro 2018はもちろんのこと、手持ちのAndroid端末でも問題なく動作しました。 (普通の3極プラグのイヤホンで動作することを確認)

USB Type-Cイヤホンという選択肢も

「変換アダプタは見た目的にちょっと……」という人には、USB Type-Cイヤホンという選択肢もあります。

USB Type-C Cable and Connector Specification Release 1.4

USB Type-Cの仕様書には “The analog audio headset shall not use a USB Type-C plug to replace the 3.5 mm plug” という記述があり、アナログ接続のUSB Type-Cイヤホンが禁止されています。裏を返せば、規格に沿って設計されているUSB Type-Cイヤホンは必ずDACを内蔵しているということになります。

DACが内蔵されているということで多くの機器で使えるはずですし、見た目的にもスマートなので、1つ持っておくと何かと便利だと思います。ただし、現状バリエーションが絶望的に少ないのと、値段が高いのが欠点です。

製品リスト

USB Type-Cイヤホン

変換アダプタ (DAC内蔵型)

変換アダプタ (アナログ型)

変換アダプタ (2又タイプ)

その他

アナログ出力対応のスマホ・タブレット

  • Xperia 1
  • Xperia XZ3
  • Xperia XZ2 Premium
  • Xperia XZ2 Compact
  • Xperia XZ2
  • HUAWEI P20 Pro
  • HUAWEI P20
  • HUAWEI Mate 10 Pro
  • HUAWEI MediaPad M5 Pro
  • HUAWEI MediaPad M5 (参考)
  • OnePlus 7
  • Mi MIX 2S
  • Black Shark
  • Moto Z

アナログ出力非対応のスマホ・タブレット

  • iPad Pro 12.9 (2018)
  • iPad Pro 11 (2018)
  • Pixel 3 XL
  • Pixel 3
  • Pixel 2 XL
  • Pixel 2 (参考)
  • AQUOS ZERO
  • HTC U12+
  • HTC U11
  • HTC U11 life / Android One X2 (参考)
  • Razer Phone (参考)
  • Essential PH-1

所感

恐らく「全ての信号をUSB Type-Cで!」的な思想でUSB Type-Cポートからアナログオーディオ信号を出力できるようにしたのだと思われますが、完全に混乱の原因にしかなっていないです。

わざわざ変換アダプタのDACでD/A変換するなんてバカみたいですが、アナログ出力はこのまま徐々にフェードアウトしていきそうな気がするので、DAC内蔵型の変換アダプタを買うのが最善の選択だと思います。