iPad Pro 11のUSB-Cポートができること・できないこと

この記事をシェアする

iPad Pro 11を購入したので、USB Type-C (USB-C) ポートの仕様を調べてみました。

簡単にまとめると

できること

  • サードパーティ製品の利用 (MFiのような制限は無し)
  • USB PDを使った急速充電 (最大30W)
  • 周辺機器への7.5Wまでの電力供給
  • USB 3.1 Gen 2
  • 映像出力 (DisplayPort Alt Mode)
  • Lightningでもカメラアダプタを使えばできたこと (デジカメ/SDカードからの写真の取り込み、USBデジタルオーディオ、イーサネットアダプタ、など)

できないこと

  • Thunderbolt 3
  • アナログオーディオ信号の出力 (AAAM非対応)
  • Windows・Mac・Androidのようにストレージを自由に読み書きすること
  • Lightningでカメラアダプタを使ってもできなかったこと (プリンター、マウス、など)

サードパーティ製品の利用

Apple製ではない、サードパーティ製のアクセサリ (ケーブル等) を色々接続してみましたが、どれも問題なく動作しました。

Lightning時代のMFi (Made For iPhone/iPad/iPod) のような制限は無いようです。

広告

充電

付属の18W ACアダプタ

iPad Pro 11付属の18W ACアダプタで充電したところ、9V/2AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、約18Wで供給されていました。

Anker A2014112

USB PD 30Wに対応しているAnker A2014112で充電したところ、15V/2Aでネゴシエーションが行われ、約30Wが供給されていました。

Xiaomi CDQ02ZM

USB PD 45Wに対応しているXiaomi CDQ02ZMで充電したところ、15V/3Aでネゴシエーションが行われ、約30Wが供給されていました。

Xiaomi CDQ07ZM

USB PD 65Wに対応しているXiaomi CDQ07ZMで充電したところ、15V/3Aでネゴシエーションが行われ、約30Wが供給されていました。

充電まとめ

ネゴシエーションそのものは最大45Wで行われますが、実際に流れるのは最大でも約30Wであるため、30WのACアダプタでほぼ最高速度での充電が可能です。

広告

周辺機器への電力供給

Source_Capabilitiesメッセージ

iPad Pro 11が送信するSource_Capabilitesメッセージによると、iPad Pro 11は接続されているデバイスに7.5W (5V/1.5A) まで給電できるようです。

iPhone/iPadを充電

iPad Pro 11とiPad Pro 10.5をApple純正のUSB-C – Ligntningケーブルで接続すると、5V/1.5AでUSB PDのネゴシエーションが行われ、約7.5WでiPad Pro 10.5が充電されていました。

広告

データ転送

USB 3.1 Gen 2

iPad Pro 2018の製品スペック詳細 (11/12.9) には「USB-C」としか記載されていませんが、プレスリリースにしれっと「USB 3.1 Gen 2」と記載されているため、USB 3.1 Gen 2対応のようです。

Thunderbolt

サポートページによると「LG UltraFine 5KディスプレイなどのThunderbolt 3ディスプレイには対応していません」とのことなので、Thunderbolt接続には非対応のようです。(繋ぐと「対応していません」的なポップアップが出るらしい)

広告

映像出力

ホーム画面 (ミラーリング)

YouTubeアプリ (セカンドスクリーン非対応)

iPad Pro 11のUSB Type-CポートはDisplayPort Alternate Mode (DisplayPort over USB-C) に対応しており、対応アクセサリを使えば、外部へ映像を出力することが可能です。

写真の通り、基本的にはミラーリングとなります。アプリが「セカンドスクリーン」に対応している場合にのみ、iPadと外部モニターで別々の映像が表示されるようになります。

フルHDのモニターしか持っていないので未確認ですが、サポートページによると、5Kもしくは4K/60Hzを出力できるらしいです。 (5Kに関してはどこにも60Hzと書かれていないので、最大30Hz?)

音声出力

デジタル出力

iPad Pro 11はUSB Type-Cポートからのデジタルオーディオ信号の出力に対応しています。試しに手持ちのUSBスピーカーに繋いでみましたが、問題なく音楽が再生されました。

Appleの「USB-C – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」がDAC内蔵型の変換アダプタなので、サードパーティ製品であっても、USB Audio Device Classに準拠していれば動作します。

アナログ出力 (Audio Adapter Accessory Mode)

エレコム AD-C35BKを接続してみましたが、イヤホンではなく本体スピーカーから音が鳴りました。iPad Pro 11はUSB Type-Cポートからのアナログオーディオ信号出力 (Audio Adapter Accessory Mode) に対応していない模様です。

イヤホンジャック変換アダプタはDAC内蔵型でないと動作しないため、注意してください。

USBホスト機能

USBメモリ

音楽データや画像データなどが入っているUSBメモリを挿してみましたが、何もすることはできませんでした。 (「写真」アプリが起動するだけで画像を取り込んだりはできなかった)

デジカメ

iPad Pro 11にデジカメ (Canon PowerShot G9 X) を繋いだところ、保存されている画像を参照することができました。

iPad Pro 10.5

iPad Pro 11にiPad Pro 10.5を繋いだところ、iPad Pro 10.5内に保存されている画像を参照することができました。

Androidスマホ

iPad Pro 11にAndroidスマホを接続し、Androidスマホの接続モードをPicture Transfer Protocolに変更すると、Androidスマホ内に保存されている画像を参照することが出来ました。 (PTPはAOSPでサポートされているため、ほぼ全てのAndroid端末が対応しているはず)

USBホスト機能まとめ

LightningなiPhone・iPadでもカメラアダプタを使うことによってUSBホストとして動作させることができましたが、USB Type-CなiPadでも出来ることに変わりはありません。Windows・Mac・Androidのようにストレージを自由に読み書きすることはできず、せいぜいデジカメの画像を取り込んだり、オーディオインターフェースを接続することぐらいしかできません。

これはiOS側の制約なので、アップデートで改善することを期待したいです。

USB Type-Cハブ

USB Type-Cのハブを使ったところ、iPad Pro 11をUSB PDで急速充電しながら、iPad Pro 10.5内の画像を参照しつつ、映像を外部出力することができました。

所感

「USB Type-Cな次期iPhoneにはC-AUTHが採用されるので認証品以外使えない!」といったウワサが流れていましたが、結局ガセだったようです。手持ちのサードパーティ製アクセサリはどれも問題なく動作しました。

外部ストレージを自由に読み書きすることすらできないなど不満はありますが、また一歩、充電をUSB Type-Cに統一しやすくなったので良しとします。

テストに使用した機器

  • メディアロジック USB Power Delivery アナライザ DTW2U3 「PDワットみるC」 (公式HP)
  • iPad Pro 11 A1934 MU0M2J/A (iOS 12.1)
  • Apple 18W USB Type-C ACアダプタ A1720 (iPad Pro 11の付属品)
  • Apple USB Type-C to Type-Cケーブル 1m (iPad Pro 11の付属品)
  • Apple USB-C – Ligntningケーブル A1656 MK0XAM/A
  • Google USB 2.0 Type-C to Type-Cケーブル (eMarkerなし)
  • Anker A2014112 (USB PD 30W対応 / レビュー)
  • Xiaomi CDQ02ZM (USB PD 45W対応 / レビュー)
  • Xiaomi CDQ07ZM (USB PD 65W対応 / レビュー)
  • Xiaomi ZJQ01TM (USB PD・DisplayPort Alt Mode対応ハブ / 公式HP)

この記事について

この記事で使用しているiPad Pro 11は、当サイトの管理人が自費で購入した64GBのWi-Fi+Cellularモデルです。

この記事の内容は全て当サイトの管理人が書いたものであり、何者かがこの記事に対して報酬を支払ったり、事前にチェックを行ったりなどは一切していません。

この記事がお役に立ちましたら、hanpenblog[a]gmail.com宛に100円ぐらいAmazonギフト券を送っていただきますと、今後の接続テスト用USB Type-C機器の購入費に繋がります。