PowerIQ 3.0 (Gen2) ってぶっちゃけどうなの?

PowerIQ 3.0 (Gen2) なるものが爆誕しましたが、初代PowerIQ 3.0がUSB PDの仕様に違反していたこともあり、警戒している人も多いのではないのでしょうか。

この記事ではそんなPowerIQ 3.0 (Gen2) についてオタクが語ります。

※ Quick ChargeなどのUSB系以外の急速充電に対応している件は、言及するまでもないというか言わずもがなだと思っているのでスルーします

広告

初代PowerIQ 3.0について

PowerIQ 3.0はUSB PDの仕様に違反している
AnkerのPowerIQ 3.0がUSB Type-C・USB PDの仕様に違反している件について解説します。

初代PowerIQ 3.0はSource_Capabilitiesメッセージの5V Fixed PDOのMaximum currentが2.4A (2400mA) となっており、これはSourceパワールール違反です。この違反により、充電が遅かったり、充電ができないというデメリットが発生します。

……というのが上記の記事の内容です。ただ、これはあくまで1番良くない部分を説明しているだけで、他にも気になる部分があります。そのため、まずはそれを説明します。

※ 「PowerPort Atom III (Two Ports) [A2322121] 」と「PowerPort Atom III 60W [A2613121] 」の両方で同じ挙動をすることを確認しています。

Dual Role Dataのフラグが立っている

この画像は、USB PDアナライザー DTW2U3でキャプチャした初代PowerIQ 3.0のSource_Capabilitiesメッセージの5V PDOです。Maximum Currentが2400mAになっています。

Maximum Currentが2400mAになっているのは論外ですが、今回言及したいのはDual Role Dataのビットが1となっている部分です。このビットは、そのUSB Type-CポートがDual Role Data、つまりDFPとUFP (データ通信における主従関係の主と従) の両方になることができるかどうかを示しています。このビットが1になっている = フラグが立っていると、DRDである = DFPとUFPの両方になることができる = Data Role Swapできることを示します。

問題は「ACアダプターがDual Role Dataである必要性があるのか」という点です。私が知らないだけでData Role Swapする必要がある場面があるのかもしれませんが、私はないと思っています。そのため、Dual Role Dataのフラグが立っているのは適切ではないという認識です。

Alternate Mode Adapter ?

PowerIQ 3.0気になりポイントの2つ目は、Discover Identify (ACK) コマンドで自分のことを「Alternate Mode Adapter」と通知することです。

上記の画像は、PowerIQ 3.0なACアダプターとiPad Pro 11 (2018) を接続した際のUSB PDのパケットです。まず電力のネゴシエーションが行われ、その後にSink (充電される側の機器、今回はiPad Pro 11) がDiscover Identify (Request) コマンドで「どこの組のもんじゃいワレェ!」と聞いています。

それに対してSource (ACアダプター) は、「Cypress組の者で、UFPの時はAlternate Mode Adapter、DFPの時はPower Brickじゃいオッラーン!!」と返答しています。 (04B4はCypressのUSB Vendor IDです。Cypress製のUSB PDコントローラーICを使っているみたいですね)

Power Brickなのは間違いないので良いとして、問題はACアダプターがAlternate Mode Adapterなのかどうかという点です。Alternate Mode Adapterは読んで字の如く、「1つまたはそれ以上のAlternate Modeをサポートしているデバイス」とUSB PDの仕様で定義されています。つまり、普通は「DisplayPort Alternate Mode対応しているUSB Type-Cハブ・変換アダプター」のようなデバイスを想定していると考えられます。

しかしながらこれはACアダプターであるため、当然DisplayPort Alternate Modeなどには対応していません。そのため、「Alternate Mode Adapter」ではなく「Peripheral」や「Undefined」が適切な気がします。 (まぁそもそもACアダプターがData Role SwapしてUFPにならなければこんなことを考える必要はないわけですが)

実害があるかないかで言ったらまず無いでしょうが、USB PDのパケットを見ていて気になりました。HDMI出力のあるUSB Type-Cハブの設定でも使いまわしたんでしょうか。

初代PowerIQ 3.0で気になった部分まとめ

  • 5V PDOのMaximum Currentが2400mA
  • Dual Role Data = 1
  • Alternate Mode Adapter

PowerIQ 3.0 (Gen2) ではどうなっているのか

ということで初代PowerIQ 3.0で気になった箇所について全部説明したので、PowerIQ 3.0 (Gen2) に移ります。

PowerIQ 3.0 (Gen2) 搭載ACアダプターのサンプルとして使ったのは「PowerPort III 65W Pod [A2712121] 」です。

Anker PowerPort III 65W Pod レビュー : USB PD充電器に迷ったらこれを買うべし (2020)
PowerIQ 3.0 (Gen2) を搭載しているAnkerのUSB PD 65W充電器「PowerPort III 65W Pod」を購入したのでレビューします。

5V PDO & Dual Role Data

PowerIQ 3.0 (Gen2) では5V PDOのMaximum Currentが3000mA (3.0A) となっています。これはUSB PDの仕様で定められてるSourceパワールールに準拠しています。

また、初代PowerIQ 3.0では1となっていたDual Role DataのビットもPowerIQ 3.0 (Gen2) では0となっています。

Alternate Mode Adapter

初代PowerIQ 3.0と異なり、PowerIQ 3.0 (Gen2) はDiscover Identifyコマンドに対してNot_Supportedを返答します。ACアダプターとして正しい挙動だと思います。

PowerIQ 3.0 (Gen2) まとめ

  • 初代PowerIQ 3.0で気になった部分は全て修正されていた

所感

5V 2.4Aが修正されているだけで他の部分は放置されていると思っていましたが、フタを開けてみれば思っていた以上にマトモになっていました。

Qualcomm Quick Charge 2.0/3.0やApple 2.4Aに対応しているので厳密にはUSB Type-C仕様違反ですが、それさえ気にならないのであればPowerIQ 3.0 (Gen2) は普通に良いんじゃないでしょうか。

関連記事

Anker PowerPort III 65W Pod レビュー : USB PD充電器に迷ったらこれを買うべし (2020)
PowerIQ 3.0 (Gen2) を搭載しているAnkerのUSB PD 65W充電器「PowerPort III 65W Pod」を購入したのでレビューします。
AnkerのPowerIQとは - PowerIQ 2.0・PowerIQ 3.0との違いも詳しく解説
Ankerの充電器やモバイルバッテリーでよく目にする「PowerIQ」。製品の説明を読むと「Ankerの独自技術」だとか「接続された機器を自動で判別してフルスピード充電」などと書いてあって何やらすごそうな雰囲気だけは感じるものの、結局よく
タイトルとURLをコピーしました